またついてる……! 三男が確定したママの泣き笑いエピソード7選

【ママからのご相談】
3人目を妊娠中ですが、このたびお腹の中の子が男の子であることがわかりました。三男です……泣きたいです。まだ受け入れきれないので、とりあえず同じ状況の方のお話を聞かせてください!

a まずはできるだけ多くの人と笑っちゃいましょう! 前向きになれますよ、きっと!

こんにちは。小学生と幼児と乳児の息子がいるライターのりょんぺいです。

まずは3人目のご妊娠おめでとうございます。そして、男三兄弟の世界へようこそ。

お気持ちが痛いほどよくわかります。男三兄弟の生活がどうかとか、何が大変かということよりも先に、三男が確定したことについてのモヤモヤ解消をご希望ですよね。

筆者も、男三兄弟の母になってからというもの、街中の男三兄弟ママさんとの遭遇率、知らない方に声を掛けられる率がグンとアップし、男三兄弟の母、私だけじゃない! と気づくことができました。

また、三男妊娠中のママからもお悩みをたくさん聞くようになりました。安心してください! 男三兄弟、いっぱいいますよ!

そんな男三兄弟ママ同盟の方々に、三男確定時のエピソードをお聞きしましたので、一緒に泣き笑いしましょう!

160729ryonpei

三男確定時のエピソード

(1)妊娠時、上2人と違う兆候に娘だと期待したら違った……

『上2人のときは経験しなかった、食べられなくなる悪阻がありました。炊きたてご飯の香りでオエッというのも3人目で初めて経験し、これ娘きたわーと思った矢先に三男確定でした。期待させといて! と自分にツッコミました』(40代女性)

(2)家族全員が女児を期待していたのに、男児だとわかっても大喜びだった

『「娘が欲しい、妹が欲しい!」と家族で盛り上がる中、5か月の検診は家族総出で行きました。お腹を出して寝そべる私以外、身を乗り出して目をらんらんとさせてドクターの話を聞きながらエコーのモニターを見る男たち。

うまく足と足の間がうつり、全員同じタイミングでばっちりと自分たちと同じものをみつけ、「男だー! よっしゃー!」と、女の子じゃないとわかっても盛り上がる男たちの姿を間近で見ました。その光景がおかしくて、また男が増えるのかと大笑いしました』(40代女性)

(3)産まれた瞬間に主人が「男だ〜!」と叫び、大笑い

『3人目は産まれるまで性別は聞かないと決めて、検診のたびにそのことを先生に伝えていました。過去2回男の子確定の瞬間を見て、自分でも先生に言われなくてもわかる自信があったので、エコーのモニターは見ないように徹底しました。

産まれた瞬間、立会い出産をしていた主人が、「男だ〜!」と一番に叫び、助産師さん含めてみんなで大笑い。痛さと興奮の中、私も泣きながら大笑いしました』(30代女性)

(4)ドクターも三男だと知り、運命を感じた

『5か月くらいの検診でエコーのモニターを見ながらドクターから「性別聞きます?」と聞かれました。あぁ、この時期にわかるってことは、ついてるってことねと確信。

「三男ってことですね……」と答えたら、「お兄ちゃん2人いるのか〜。ちょっと待って、もう少しじっくり見ますね、うん、ついてるね。ちなみに私も三男です……」とドクター。運命のように感じて受け入れられました』(40代女性)

(5)旦那の祖母の「95年生きてきてこんなに嬉しいことはない」という言葉に号泣

『3人目が最後の出産と決めていて、お姑さんも孫娘を楽しみにしているようでしたが、早々に三男確定。赤ちゃんの元気が一番とわかっていても、残念ね〜という雰囲気が漂っていましたが、お姑さんのお姑さん(旦那の母方のおばあちゃん)に報告したらとてもとても喜んでくれました。

95年生きてきてこんなに嬉しいことはない」とまでおっしゃってくださり、号泣。とても心強い後ろ盾をもらい、三兄弟の母になるのが楽しみになりました』(30代女性)

(6)胎児のうちから周りを笑顔にする三男に感動

『三男確定をなかなか受け入れられずしょんぼりしていたところ、お腹も目立つようになり、会う人会う人に赤ちゃんの性別を聞かれました。「また男……」「三男……」「ついてた……」と答えるたびに皆さんが優しく笑ってくれました。

最初は笑いごとじゃないから! と思いましたが、回数を重ねるたびに胎児のうちから周りを笑顔にする三男ってすごい! と思えるようになりました』(30代女性)

(7)男三兄弟のママやご本人が三兄弟という方との出会いが増えて元気が出た

『三男だとわかってから男三兄弟のママやご本人が三兄弟という方との出会いが多くなりました。自分からも率先して街で見かけた男三兄弟ママさんに話しかけました。

男三兄弟のご本人たちは、「男兄弟いいよ!」と声をかけてくれたり、「ものすごく毎日うるさいけど幸せだよ」と先輩ママから教えてもらったりして、元気が出てきました』(30代女性)


いかがでしょうか。質問者様、ひとりじゃありませんよ。きっと周りにもいるはずです。

筆者も3人目が妊娠5か月のときに検診で三男とわかりました。折しも、「あかりをつけましょぼんぼりに♪」というメロディーが街中にあふれる桃の節句のころでした。

正直、「ケッ!」と思いましたし、なかなか受け入れられず泣いたこともありました。

そんなやさぐれた心を癒してくれたのは、同じく男三兄弟ママさんの「楽しいわよ〜、男の子は優しいから大丈夫」という声と皆さんの優しい大笑いでした。

3人の出産で3人全員男の子という奇跡を受け入れて、ひとまず笑っちゃいましょう。

出産までのあいだに、いわゆるマタニティブルーのひとつで、女の子が良かった……とまた落ち込むこともあるかもしれません。

そんなときは、周りの男三兄弟さんから話を聞いたり、SNSで「#三男」「#三兄弟」と検索してみたりして、男の子3人の生活をイメージしておくと楽しみが増えることでしょう。

何はともあれ、赤ちゃんの元気が一番! 現実を大笑いで受け止めましょう! 決してひとりじゃないので大丈夫です。

●ライター/りょんぺい(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする