甘えが原因!? うつ病だと主張する人の7割が適応障害であるワケ

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。

村松太郎さんという刑事事件の精神鑑定なども行っている精神科医の先生が、『「うつ」は病気か甘えか』という本を出版されて話題になったことがあります。

もちろん村松先生自身は、「うつなんて甘えだ。甘えてないで出勤しろ!」と言うような根性論者でも何でもなく、「うつは病気である」と断言している、まっとうなお医者様です。

しかし、世の中には“うつは甘えだ”派の医師が存在することも事実で、筆者自身も以前、経営していた会社の業績不振に落ち込んで通院していたメンタルクリニックの先生から、「うつに甘えていないで仕事をしなさい!」と怒鳴られた経験を持っています。

そんな中、「うつは甘えも何も、日本人がうつだと思い込んでいる病気のほとんどは『適応障害』という病気であり、“うつは甘えか論争”自体がナンセンス」という見解を打ち出している医師がいます。

160726suzukikatuyosi

環境を変えることで改善する場合は、厳密に言うと『うつ病』ではない

千葉県の市川市で心療内科・内科・小児科・在宅ケアの『仁和医院』を開業されている医師の竹川敦先生は、医院のホームページの中で、わが国では「うつ」を主訴で来院する患者の70%以上が実は『うつ病』ではなく、『適応障害』といってその人の性格そのものに起因するものなので、抗うつ剤の服用では本質的な改善は期待できない、としています。

竹川先生によれば、本当の狭義でのうつ病というのはノルアドレナリンやセロトニンといった脳内の神経伝達物質の活性低下による病気であるため、抗うつ薬がある程度まで特効薬として奏功するもののようなのです。

また、本当のうつ病では環境を変えたからといって症状が改善するということはなく、うつの期間が3か月から長くても1年続いた後、必ず元の状態に戻るというもののようです。

それでは「うつは甘え」と言われてしまうことの一因になっているようにも思える、“うつと適応障害との見間違い”について、もう少し考えてみましょう。

うつ病ではないのに性格的な甘えが原因でうつ状態になっている適応障害患者が多い

「うつは甘え」という言い方は間違いで、正しくは「適応障害は性格的な甘えにも原因がある」ということ。

このことについて、前述の竹川敦医師は医院のホームページの中で次のように説明しています。

『最近「現代型うつ病」とか「新型うつ病」という日本独自の意味不明の診断名が流行っているが、これらはいわゆる「適応障害」のことを指しており、うつ病とは全く原因も違うし、治療法も違うものである。

症状が単に「うつ状態」というところだけが共通しているだけにも関わらず、あえて「うつ病」と診断名を付けることは診断を非常に曖昧にさせる。(中略)

「うつ病は甘えではない」という概念は間違っていないが、実際はうつ病ではないのに性格的な甘えが原因で、うつ状態になっている患者は沢山いる。

「うつ病は休ませなければならない」というのも確かにそうであるが、あくまで「うつ病」の患者さんに言えることで、性格的な甘えでうつ状態になっている患者に「うつ病」の診断をつけ、長期に休ませることは甘えを助長し、症状を悪化させているだけである』

性格的な甘えで働けないでいる患者を長期に休ませるだけの精神科医には責任が問われる

このように考えてくると、筆者が小企業経営者だったころ通っていた精神科の先生から言われた「うつに甘えていないで仕事をしなさい!」という言葉は、言葉足らずなうえ乱暴な表現であったことを別にすれば、

「あなたは資金繰りのストレスに常にさらされる小規模企業の経営者という職業に適応するには性格的に甘えが強いことが原因で“うつ状態”に苦しんでいるという“適応障害”であるから、休むことよりも甘えていないで仕事をすることで現状を打破した方がいい。

もしそれが無理なのであれば、資金繰りの苦しみから解放されるために会社を売却したり、廃業して自分に適した仕事に転業するとかしないと“うつ状態”は改善されない。抗うつ剤では治らない」

という主旨のアドバイスを筆者に与えてくれていたわけですから、いたって的確な診療であったと言うことができます。

逆に、「うつ病ですね。しばらく休んだ方がいい」と簡単におっしゃる先生を受診してしまったら、筆者はただでさえダメな経営者だったのに、もっともっとダメな経営者になっていたことでしょう。

ですから、安易に「要・長期休養」の診断書を出すだけの精神科医には、ある意味でその責任が問われてしかるべきなのかもしれません。

本当の『うつ病』の診断方法

それでは、患者の性格的な甘えに起因する『適応障害』ではなく、“本当のうつ病”であるかどうかを診断する方法を、竹川敦先生の医院のホームページからご紹介しておきましょう。

本当のうつ病であると確定診断を下すうえでは、下記の手順を踏む必要があるとのことです。

(1)全身倦怠感をきたすような身体疾患である可能性を除外すること。そのための身体的な診察と血液検査等を行うこと。

(2)今までの経過から推測する。本当のうつ病の場合は一般的にうつの期間が一定期間続いたあと必ず元の状態に戻るという特徴がある。

(3)性格因、環境因を除外すること。会社に行く前だけ調子が悪く休暇中は元気に遊びに行けるなどという場合はうつ病ではなく適応障害の可能性が高い。

(4)本当のうつ病に特徴的な症状から推測する。環境に左右されることなく、毎日のように症状を認めている場合はうつ病の可能性が高い。

(5)治療効果から推測する。休職や配置転換といった環境調整を行っても症状が改善せず寝てばかりいるような場合はうつ病の可能性が高い。


いかがでしょうか。繰り返しますが、本当のうつ病はけっして「甘え」ではありません。

その点についてはほとんどの精神科医のコンセンサスができているといっていいでしょう。

ただし、性格因や環境因によるところが大きい適応障害の場合は、甘えの要素があることは否定しきれないということなのでしょう。

人間は生活して行くためにはしょせん環境に適応しなければならないわけですから、それができないということは確かに「甘え」と言われても仕方のない面はあるのだろうと思います。

最後になりますが、竹川医師によると、社会人の適応障害の原因となる性格は、『共依存』『発達障害』『境界型人格障害』の3つのどれかでほぼ説明できるそうです。

おそらく経営者だったころの筆者は『共依存』だったのであろうと思いますが、共依存の対象であった人たちはもう誰一人として生存してはおりません。懐かしい思い出の中にいます。

【参考リンク】
仁和医院ホームページ
適応障害 | 厚生労働省

●ライター/鈴木かつよし(エッセイスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする