死亡するケースも!? 熱中症の予防に欠かせない基本の対策5つ

こんにちは。子育て研究所代表の佐藤理香です。

2016年は猛暑になりそうだと言われていますが、確かに暑い日が続いています。

消防庁によると、7月上旬の1週間、熱中症で搬送された人は5,000人弱もいることがわかりました。

今年の熱中症患者の中でも、入院が3週間以上必要な人は100人を超え、亡くなった人が8名います。

地球温暖化やヒートアイランド現象により、熱中症は数年前から注意喚起が頻繁になされるようになったので、多くの人が対策をとっていると思います。

本格的な夏を目の前にして、今一度基本事項をおさらいしてみましょう。

160721satourika

熱中症とは?

熱中症は、気温に体が適応することができずに起こります。体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節がうまくできなくなるのです。

体は、血管を広げて体内の熱を外に放射したり、汗をかいて蒸発させたりして体温の調整をしています。

しかし、気温が高いと体内の熱は放出しきれず、また湿度が高いと汗が蒸発しません。

日中の気温が30度を超えると熱中症による死亡が増え始めると言われています。さらに気温が高くなるにつれて死亡率が急上昇します。

熱中症は、湿度が高い場合や風が吹かない(弱い)などの環境でも発生しやすくなります。毎年、梅雨が明ける7月、8月は蒸し暑くなりますので、特に小さい子どもは熱中症に注意が必要です。

熱中症は予防第一!

つい先日、私自身、庭仕事をしてふらっとしました。朝9時過ぎだったので、それほど気温も高くないと思い油断していました。気がつくと、大量の汗をかいており、フラフラしていたのです。

熱中症は何よりも予防が大事です。以下の内容を参考に、子どもの予防にも気をつけましょう。

(1)日差しを避ける

外では日傘をさしたり帽子をかぶったりするとよいです。日陰を選んで歩くだけでもかなり効果的です。

子どもは身長が低いですし、ベビーカーも地面から近いところに座面があるので地表面からの熱の影響を受けやすくなります。気温が高い日に散歩する場合は気をつけましょう。

(2)暑さを避ける

近年、屋内での熱中症が多発しています。特に高齢者や小さな子どもがいる家庭で冷房を我慢してしまうケースです。

エアコンや扇風機を利用し、できれば室温28度以下、湿度60%以下に保つと効果的です。

すだれやカーテンで直射日光を防ぐなどして、暑さを避けることも大切です。

(3)こまめな水分補給

暑い日だけでなく、湿度の高い日も知らずに大量の汗をかいています。こまめに水分を補給することが大事です。

最近では、幼稚園や保育園、小学校などで水分補給を細やかに指示してくれるので比較的安心です。

逆に、放課後の部活動や課外活動中の熱中症が増えています。学童以上の子どもには、我慢せずに水分補給することを教えたいものですね。

スポーツドリンクや塩あめなどで水分と同時に塩分を補給するのもよいと思います。

(4)服装を工夫する

汗を吸ってくれる素材の下着や服を着用すると効果的です。太陽の下では、黒色の服は熱を吸収して暑くなります。白っぽいほうが体感的に涼しく感じるようです。

また、えり元はゆるくしておくことで、熱や汗が出ていきやすくなります。

(5)体力や体調を考慮する

小さい子どもは体力が十分ではありません。風邪や下痢などの病気、病み上がりなどにも体力は低下しています。

また、寝不足や朝食を取っていないなど、その日の体調が影響して熱中症を発することもあります。そのようなときは、無理をしないことが一番です。

日頃から規則正しい生活を心がけるほか、軽い運動で汗をかく習慣をつけておくと、夏の暑さにも対抗しやすくなります。

熱中症かな!? と思ったら……

日本救急医学会では、熱中症を重症度によって(I)~(III)まで3区分することを推奨しているようです。日本救急医学会によると、熱中症の症状は以下のとおりです。

(I)軽症:現場での応急処置が可能
めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直(こむら返り)、大量の発汗。

(II)中等症:病院への搬送が必要
頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐、力が入らない、体がぐったりする。

(III)重症:入院・集中治療が必要
意識がなくなる、けいれん、歩けない、反応がおかしい、高体温(熱射病)。

(I)の状況まではその場での応急処置で対応可能ですが、(II)以上の症状が見られた場合は迷わず病院へ行くように手配してください。

現場でできる応急処置は次のことを意識します。

・すぐに涼しい場所へ移す(風通しのいい場所、日陰、クーラーが効いている室内など)

・体から熱を出させて冷やす(衣服をゆるめる、体に水をかける、ぬれタオルをあてて扇ぐなど)

・水分と塩分を補給する(冷たい水を与える、たくさん汗をかいた場合はスポーツドリンクや塩あめなども与える)

熱中症の症状は急に進行するので、早い段階で異常に気づき、応急処置をすることが重要ですね。この夏も元気に健やかに乗り切りましょう。

【参考リンク】
救急救助 熱中症情報 | 総務省消防庁
熱中症は予防が大事!「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用し、十分な対策をとりましょう | 政府広報オンライン

●ライター/佐藤理香((株)子育て研究所代表)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする