ビールのお供に! 夏の“ちょい飲み”に合う手間なしヘルシーレシピ3選

こんにちは、佐原チハルです。

夏といえば、いつも以上にビールがおいしく感じられる季節ですよね。

満喫するためにも、カンタンなおつまみを添えていただきたいものですが、手間やカロリーのことを考えると、わざわざ作るのは億劫な気持ちが勝ってしまう……ということもあるかと思います。

そこで今回は、夏のちょい飲みにピッタリな、手間なしでヘルシーなレシピをご紹介してみます!

160722sahara

(1)“ヘルシーなのにボリューミー”を実現させるなら“冷奴”ベース!

ダイエット食品・ヘルシー食材といえば、やはり“豆腐”ではないでしょうか。夏に食べる冷奴は、ビールのおつまみとしても代表的です。

けれど、冷やした豆腐をただ食べるだけでは「物足りない」と感じられることもあるかと思います。

納豆・のり・ネギをかけて食べるだけで、かなりボリューミーになります。豆腐150gに対して納豆は1パック、どーんと乗せる。おかかもかけるとさらにおいしい。夫と「大豆スペシャル」って呼んでます』(30代・ワーキングマザー)

『山芋を切ったり砕いたりして乗せてます。ネバネバは体にもいいって聞くし、ヘルシー感が増す』(30代・専業主婦)

『豆腐にはキムチが合う。キムチ納豆が一番楽かな。そこに、トマトとチーズと、あとはキュウリとか適当に角切りにして加えてもおいしい』(30代・ワーキングマザー)

(2)レンジで簡単にやわらか調理した“ささみ”が優秀!

筆者のオススメは「ささみ」です。パサパサになりやすいささみは、お酒と一緒に加熱するのが、やわらかく食べられるコツ。

耐熱皿にささみと酒を大さじ1(ささみ4本以上の場合はもう少し多めがオススメです)+塩少々+ひたひたの水を入れ、ふわっとラップをかけてレンジにかけます。600Wで4分程度加熱できれば大丈夫。

加熱の際に油を使わないので、その分のカロリーもオフできます。

梅干しと合わせる、きゅうりの千切りと合わせて味噌やおかか醤油でいただく、たらこスパゲティのソースをかける、とろけるチーズを乗せトースターでさらに加熱して醤油をたらす……など、楽しみ方も幅広いですよ!

(3)餃子の皮はトースターで焼くのがオススメ!

周囲のママ友に人気があったのは、「トースターで餃子の皮を焼く」方法です。焼くときに油を使わないので、やはりヘルシーにいただけます。

『王道は、ケチャップを塗ってとろけるチーズやベーコンを乗せたピザ風』(20代・ワーキングマザー)

ベーコンとチーズだけ、醤油を薄く塗るだけ、焼いたあとに塩をまぶすだけ、とかのシンプルなやつの方が、おつまみには合う気がする』(20代・ワーキングマザー)

いつもの餃子として食べるよりもローカロリーですが、かなり満足感のある一品になります。


せっかくのビールがおいしい季節。手間なし・ヘルシーな一品をそえて、120%楽しみましょう!

●ライター/佐原チハル(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする