おせち料理をキレイにお重に詰めるコツ

【女性からのご相談】
こんにちは。少し先の話ですが、お節料理をお重にきれいに詰めるコツを教えてほしいです。元旦に旦那の実家に持っていこうと思ってます。お願いします


こんにちは! 小澤あきです。

あっという間に年末が近づいていて、あっという間に来年の話題になり……この時期がいちばん、すべてにおいて焦る私です(笑)。

結婚5年目ともなると飾り切りにもすっかり慣れて、手のかかる黒豆は出来合いのものを買うなどというずる賢さも出てまいりまして、お節料理作りもストレスなく作れるようになったものです。

お節料理をお重に詰めて、ご主人のご実家へ行かれるのですね~。私も結婚して初めてのお正月は、ドキドキしながらお重を持っていきました。ご主人のご家族に喜んでいただけるようなお重が作れるといいですね!

私が作ったおせち料理の画像とともに、3段重への詰め方のコツをいくつかご紹介してみますね。参考になればうれしいです。お重への詰め方もいろいろなお作法がありますが、今回ご紹介するのは私なりのものですので、間違い等あるかもしれませんがご了承くださいね。

131225ozawa

一の重

市販のお重ですと、一の重には仕切りがついているものも多いのではないでしょうか。

それを活かして、

・田作り
・数の子
・栗きんとん
・黒豆

などの、器があるほうが詰めやすいものを入れると、いただくときもラクですね。本来は品数は奇数にするものといわれておりますので、昆布巻きなども、こちらに添えるといいかもしれません。

彩りとしては、栗きんとんの黄色のほかに、数の子の盛り付けに松の葉や、なければ万能ねぎの先を2本くらい交差させるように盛り付けてもいいと思います。黒豆には、真っ赤な“ちょうろぎ”がおすすめ。華やかになりますよ。

二の重

二の重は、酢の物や焼き物を詰めるのが一般的ということから、

・伊達巻や錦卵
・紅白なます

を中心に、鶏ハムやローストビーフ、豚の角煮や海老などなど、各ご家庭のお好きなものと一緒に盛り付けてはいかがですか?

私の場合は柚子を器に見立てて中心に飾ることにより、彩りもバランスもとりやすく、盛り付けしやすくしています。海老を入れれば赤の彩りも加わりますし、そうでなければ紅白のかまぼこを飾り切りしても美しく見えますね。

ある程度の数のあるものなら、まとめて1か所に盛り付けるよりも2か所ずつにわけたほうが、品数を多く見せる効果と美盛りに見せる効果が期待できますよ~。

三の重

三の重には煮物。ですので、私はいつも三の重にお煮しめを詰めていますよ。

お煮しめは、れんこんを花形に、にんじんを梅型に飾り切りするだけで、十分に美しいですが、ここに、さっと茹でた絹さやを斜め切りにするかV字に切り込みを入れて葉に見立て、梅型にんじんのそばに彩りを添えるとより華やかさが増します。


いかがでしたでしょうか?

気づけば2013年ももう残りわずか。気持ちよく新年を迎えられるように、ラストスパートがんばりたいですね!

今年春にパピマミがスタートして以来、いつも記事を見てくださっている皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。みなさまがよいお年を迎えられますように……。

●ライター/小澤あき(読者モデル、ライフオーガナイザー2級)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする