きゃりーも愛用! イヤーカフ&イヤークリップの特徴とメリット4つ

ピアスがついているだけで顔周りがパッと華やかに見えるため、ピアスを愛用しているという女性は多いでしょう。

しかし、ピアスは耳に穴を開けるため、細菌感染や金属アレルギー、ケロイドなどのトラブルが起きることも少なくありません。

また、乳幼児のいるママの場合、ピアスを子どもに引っ張られてピアスホールが裂けた、裂けるまでいかずとも痛い目にあった、といったトラブルも起こっているようです。

そこで、トラブルを起こさずに耳のおしゃれを楽しみたい方のために、ピアスに代わる耳元のおしゃれアクセサリーをご紹介します。

それは、イヤーカフとイヤークリップ。

ミランダ・カーやエマ・ワトソン、リリー・コリンズなどの海外セレブも愛用しているようです。日本でも、きゃりーぱみゅぱみゅさんや篠田麻里子さんなどがつけているようですよ。

出典:KPPさん(@kyarykyary0129)(Instagram)

出典:KPPさん(@kyarykyary0129)(Instagram)

イヤーカフの特徴

イヤーカフは耳たぶではなく、耳のトップ部分や耳の中間部分につけるアクセサリー。

耳たぶにはさんでから、つけたい位置まで移動させて使うものの他に、耳にかけて使うものもあります。

イヤークリップの特徴

クリップ状になっており、耳たぶ全体をはさみこむようにして使います。

イヤーカフ&イヤークリップのメリット

(1)痛くない

ピアスのように耳に穴をあけることも、イヤリングのように耳たぶをギュッと押すこともないため、痛くないのが特徴であり、メリットでもあります。

『大きいものでも耳たぶをひっぱることがないから痛くないのがいいです』(30代女性/専業主婦)

『ピアスだと子どもに引っ張られて痛いので、小さなイヤーカフを耳の上部につけています。痛い思いも怖い思いもしないので安心です』(20代女性/パート)

『ピアスやイヤリングだと、大ぶりのものは耳たぶが伸びそう&痛そうなので怖くてつけられませんでしたが、イヤーカフやイヤークリップなら問題なく大ぶりのものもつけられます!』(30代女性/パート)

(2)デザインが豊富

イヤーカフ、イヤークリップともにデザインが豊富なのも大きなメリット。

『耳にかけるタイプのイヤーカフだと、お花やレースが連なったものとか超ゴージャスなものとか、素材もデザインもいろんなものがあって楽しいです。服がシンプルでもイヤーカフで華やかさが出せるのもイイ』(20代女性/販売)

『オフィスでは控えめな小ぶりのイヤーカフをつけて、プライベートでは華やかなものをつけています。オンとオフでガラッと印象を変えられるのも嬉しいですね』(30代女性/事務)

(3)化膿などの心配ナシ

ピアスの場合、穴をあけるため、耳たぶが炎症を起こしたり化膿したりするケースが多いですが、イヤーカフもイヤークリップもそういった心配はありません。

(4)いろいろな位置につけられる

イヤーカフは耳の上部や中間など、つける位置をいろいろ変えることも可能。小さなものをいくつか重ねづけすることもでき、個性を生かせます。


いかがでしたか?

ピアスに抵抗がある方やトラブルを起こしたことがある方にも、イヤーカフやイヤークリップなら安心してつけられるのではないでしょうか。

さまざまなタイプのものが出ているので、お気に入りのものがきっと見つかるはずですよ。

【画像出典元リンク】
・KPPさん(@kyarykyary0129)(Instagram)/https://www.instagram.com/p/_ycdWxhoxg/?taken-by=kyarykyary0129

●文/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする