わが子を守りたい! ストーカー被害者に聞いた“粘着男”の特徴6つ

こんにちは。ママライターのamuです。

衝撃的で残酷な事件が後を絶たず、ストーカー規制法は厳しくなっているものの、警察の力が及ばずに悲劇が繰り返されているのが変わらぬ現状だと感じます。

何の非もない女性が被害を受ける事実には憤りを感じるし、同時に私も娘を持つ身なので、恐怖や不安も感じます。

と言っても、みんなから愛される子になってほしいし、幸せな恋愛や結婚もしてほしい……。

ストーカー被害に合わないためにどうしたらいいか、友達と話したところ、「SNSを誰にでも見られるようにしない」「女性ばかりの職場で働く」などの意見が出ましたが、一番多かったのが、「粘着男と付き合わないこと」という意見でした。

では、粘着男の特徴とは、一体どのようなものなのでしょうか。

160715amu

(1)束縛男

『細かいところまで1日の行動を聞いてくる。出かけるときは、どういう関係の誰とどこへ行くかまで聞かれる』(20代独身女性)

『元カレの話を聞かれたり、男友達を全部切れと言われたりする』(20代独身女性)

『パート先(飲食店)のお客さんが、「何曜日出てるの?」とか、「どこに住んでるの?」「昨日は何してたの?」とか、他のお客さんとしゃべると仲がいいのか聞いてきて、独占欲みたいのを感じた。最終的には家の付近で遭遇することもあって怖かった』(30代専業主婦)

『はじめはマメで、すごく構ってくれて嬉しかったけど、次第に怖いくらい独占しようとしてきて、友達なくした。なかなか別れられなかった』(30代独身女性)

やきもちや束縛を全くされないのも寂しいけれど、「出かけるね」「楽しんできてね」であっさり送り出してくれる人のほうが絶対安心です。

『自分のなかで辻褄が合うまで聞いてきた元カレ。はじめは「誰と?」くらいだったけど、だんだんエスカレートしてきて、いつからの友達でどんな人かまで聞いてきた。言ったからと言って不機嫌になるし』(20代独身女性)

要求が通ると満足するのではなく、エスカレートしていくのが特徴との声が多数でした。

(2)ナルシスト男

『10代のころの元カレは、自信満々のナルシスト。いつも髪型を直しているみたいな。細かいことに気がつくし、口うるさくて、いつもガミガミ言われていた。そんなに不満ならと別れようと言ったら、プライドが傷ついたとか、理不尽にキレられてしばらく付きまとわれた』(30代ママ)

『私のことより自分が好きな男だった。普段から理責めで言いくるめてきていたし、意見は尊重してくれなかったけど、別れ話も同じで聞く耳を持ってくれなかった』(20代独身女性)

自分に起きた現実を受け止められない、「まさか自分がフラれるはずがない」という思いなのなのでしょうか。

(3)妄想男

『少し電話に出られなかっただけで、鬼電。そして、電話をとるなり怒ってる。思い込みが激しいから、男といるんだろと決めつけて怒鳴られて、部屋に男がいると勘違いしてタクシーで確認しに来た』(20代独身女性)

『自信がなくて、被害妄想が激しい。いつも、なんで俺なんかと一緒にいてくれるの? とか、お前はそのうち好きなやつできるとか、ネガティブな妄想に取り付かれて、聞いていて疲れた』(20代独身女性)

『劣等感なのか、好きな芸能人に似ている人とすれ違っただけで、あーいう人と付き合いたいって思ったでしょとか言われて困った』(20代独身女性)

写真を送ったり、友達に電話を代わってもらったりするまで信じてもらえないそうです。

楽しい時間をぶち壊し、相手の幸せを願えないなんて、自己中心的だと感じます。

(4)暇男

『やっぱり忙しい人、夢があったり、バリバリ働いている人は、ストーカーになりづらいと思う』(20代独身女性)

友達が全くいなくて、暇そうだった。私が友達と遊びにいくと嫌味チクチク。友達がいない理由が次第にわかったし、友達に好かれている人がいいと感じた』(30代独身女性)

数は少なくてもよく会う友達がいる人は逆に、とても誠実な人だと思いますが、全然いないとなると……。

ネットでの意見はマイナスイメージを植えつけるものも多く、偏りがちになるし、普段から何でも話せる友達がいる人のほうがバランスのいい価値観になると思います。

(5)幻想男

『ロリコン、マザコンの度が超えた人は危ない。「○○するべき」みたいなダメ出しして、幻想を押しつけてくる人はストーカー化しやすい』(30代独身女性)

女性に神聖さ、清純さを過剰に求めるタイプ。だらしない面、ずるい面、いろいろなダメなところも許してくれる広い心がある人との付き合いは、安心できますよね。

(6)攻撃的男

すぐ店員と喧嘩したり、親御さんにきつい言い方したり。案の定、DVでストーカー気質だった』(20代独身女性)

物に当たる人も、いずれは人に当たる可能性があります。怒りを自制できるかどうかは、とても重要なファクターです。


「もしあなたのパートナーが浮気をしたら、ムカつくのは浮気をしたパートナーですか? それとも浮気相手ですか?」という質問に、「浮気相手」だと答えた人は、ストーカーの素質があるそうです。

友達はストーカーされたトラウマから家などを知られたり、深い関係になったりする前に、一度別れを切り出して、ちゃんと納得して引き下がってくれる人としか付き合えなくなったそうです。

そして、みんな口を揃えて言っていたことですが、そういう男性ほど追いかけると引いたり、浮気性だったり、執着さえ消えて熱が冷めると驚くほど簡単にきっぱりさっぱりといなくなるそうです。

逃げると追いかけてくるから、嫌われるようにして自ら離れてもらうのが一番とのこと。

もしわが子がストーカーに狙われたとき、どうしたらいいか、どうしたら守れるか……。

正解は一つではないし、とても難しいけれど、危険に近づかせないように何でも話し合える関係でいられるようにしていきたいと思います。

●ライター/amu(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする