宝くじの当選金は離婚時の財産分与の対象になるか?

【女性からのご相談】
現在、前向きに離婚の話しを旦那と進めています。そんな中、買っていた宝くじが当選しました! 人生前向きに進むと、いいことがあるもんだと思っていたのですが、この宝くじの当選金って、全部私のものですよね? 離婚する際に半分もっていかれる可能性とかありますか?


離婚に向けた前向きな話合い、いいですね。離婚というと、とかくマイナスなイメージも多いですが、人生の新たなスタートに向けて話し合うという形は素敵ですね。

しかも、今回は宝くじが当たったということで、おめでとうございます! 小さな金額であれば、そもそも旦那さんにばれないでしょうし、財産分与云々の話にはならないので、きっとびっくりするぐらい高額当選したんでしょうね! うらやましいです(笑)。

131224shimada

では、宝くじの当選金をすべて一人占めできるかというと……残念ながら、そうはいかないんです。

財産分与の大きな性質として、結婚してから共同生活をしていく上で作り上げてきた財産を、清算して分け合いましょう、という考え方があります。

結婚してから同居をしている期間に得た財産で、夫婦のどちらの財産か明らかでないものは、夫婦の共有と推定され(民法762条2項)、財産分与の対象となります。

今回の宝くじが相談者さんのお小遣いで買ったものであっても、お小遣い自体は生活費の一部と見ることもできるので、相談者さんと旦那さんが同居しているときに買ったものであれば、財産分与の対象となるでしょうね。

ただ、必ずしも2分の1ずつ分けるというわけではなく、その財産を作り上げるのにお互いどのくらい貢献したかなどで、財産分与の割合は判断されます。

宝くじのように、思いがけず偶然に利益を得られる臨時収入の場合、相談者さんの運の要素が大きいので、相談者さんの取り分の方が大きくなると考えられます。

では、別居後に得た財産なら絶対に財産分与の対象とならないかというと……そういうわけでもないんです。財産分与には、離婚によって経済的に不利になる側の生活を援助しましょう、という考え方があるので、この点で財産分与の対象とされる可能性もあります。

たとえば、あまり給料が高くない旦那さんが子どもを引き取って育てていくのに、相談者さんはこれまで専業主婦で収入がなかったので、養育費の額はとても低いという場合、宝くじで高額な財産を持っているのにその点が全く財産分与に反映されないのは、不公平ですよね。

せっかく前向きに歩もうとしているのに、お金で揉めるのもどうかな……というところ。運のお裾分けということで、半分とはいわずとも、少しぐらい旦那さんに分けてあげて、清々しいスタートをきるというのもアリではないでしょうか。

●ライター/島田さくら(アディーレ法律事務所:東京弁護士会所属)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (12)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする