ベッキーの独壇場!? 2016年上半期の流行語ランキング

2016年も半分をすぎ、まもなく本格的な夏が始まろうとしています。

今年の芸能界は大物タレントの不倫を皮切りに、注目を集める出来事が数多く巻き起こりましたが、それに伴って“名言”も多く生まれました。

不倫、熱愛、政治など、あらゆる分野で生まれた言葉の中には、ジャンルを超えて広く浸透したものもあります。

そこで、パピマミ読者の皆さまに「2016年上半期の流行語といえば?」というアンケートを実施しましたので、その結果をアンケート形式で発表したいと思います!

160704ranking

2016年上半期の流行語といえば?

・1位:センテンススプリング(ベッキー)……28%(62人)
・2位:ゲス不倫……19%(43人)
・3位:アモーレ(長友佑都)……18%(40人)
・4位:保育園落ちた日本死ね……9%(20人)
・同率5位:卒論(ベッキー)……5%(11人)
・同率5位:KSK(結婚してください)(DAIGO)……5%(11人)
・7位:パーフェクトヒューマン(オリエンタルラジオ)……4%(9人)
・8位:違法性はないが一部不適切(舛添要一)……4%(8人)
・9位:文春砲……3%(6人)
・10位:SMAP解散……2%(5人)

※11位以下は省略
※有効回答者数:224人/集計期間:2016年6月27日〜2016年6月29日(パピマミ調べ)

第1位:センテンススプリング(ベッキー)

堂々の上半期1位を獲得したのは、ベッキーさんの『センテンススプリング』で、28%(62人)でした。

『日本中を盛り上げてくれましたよね。というかまだおさまっていないし……。あのベッキーがこんなこと言うの!? という衝撃は忘れられません』(30代女性/主婦)

『なんというか、恋で周りが見えなくなってる感じがこの言葉に表れてるよね。ベッキー結構好きでよくテレビで見てたんだけど、もうあんまり見られなくなっちゃうのかな』(40代男性/営業職)

ベッキーさんと川谷絵音さん(ゲスの極み乙女。)の不倫によって幕を開けたといっても過言ではない2016年。

不倫するイメージが一切ないベッキーさんのスキャンダルということに加え、LINEでのやり取り流出など新事実が次々と判明し、世間の関心を集め続けました。

不倫をスクープした文春をちゃかすように英語読みしたこの言葉は、ベッキーさんの浮かれた様子や裏の顔が垣間見えるようで、衝撃を受けた人も多かったでしょう。

年末に発表される流行語大賞までに本格的な復帰を果たし、受賞の場に立つベッキーさんの姿を期待したいものです。

第2位:ゲス不倫

2位にランクインしたのは『ゲス不倫』で、19%(43人)でした。

『好きになるのは仕方ないけど、それ以外の部分がダメダメだよね。自分のことだけしか考えていないようなやつが多すぎる! 本当にゲスかった!』(40代男性/製造業)

『これだけゲスい不倫が続々と出てくると、芸能界はやっぱり怖いところなのかなーと思ってしまいますね。明るい話題もあったはずなんですけど、不倫の話題がインパクトありすぎて……』(20代女性/主婦)

ベッキーさんとゲス川谷さんの不倫をはじめ、ファンキー加藤さん、宮崎謙介元議員、乙武洋匡さんなど、「ゲスい」と言いたくなるような不倫に溢れていた2016年上半期。

決して許されることではない不倫ですが、そこにいたるまでの背景や発覚後の対応などでさらに批判の声を大きくした人たちも少なくありません。

スクープを連発した文春が、下半期の不倫スクープについて「歌舞伎俳優の人の証拠をつかんでいる」と発言し話題を呼んでいますが、それもまた“ゲス不倫”となってしまうのでしょうか。

第3位:アモーレ(長友佑都)

3位にランクインしたのは長友佑都さんの『アモーレ』で、18%(40人)でした。

『イタリア仕込みのアモーレは強烈だった! 一夜にして日本中の人たちが使うようになったよね』(20代男性/大学生)

『私も好きな人にアモーレって言われてみたい(笑)』(20代女性/アパレル)

暗い話題が続いていた日本に、とびきり陽気な流行語を生み出してくれたのが、サッカー日本代表の長友佑都選手。

女優の平愛梨さんと、結婚を前提としたお付き合いをしていることを宣言した際に飛び出したもので、イタリア語で『愛する人』を意味する言葉です。

イタリアのミラノで磨きをかけたのは、サッカーの技術だけではなかったようですね。

なお、この発言が飛び出した後に発売されたLINEの『長友佑都スタンプ』には、ほほを赤く染めながら「アモーレ」という長友選手のスタンプもあるということです。


いかがでしたか?

トップ10のうち、ベッキーさん関連の言葉が4つもランクインするなどさすがの強さを見せましたが、下位に甘んじた言葉もすべて2016年を代表する言葉に違いありません。

4位の『保育園落ちた日本死ね』は、ある主婦が匿名でネット上に書き込んだ文章が日本中に広まり社会問題にまで発展するなど、言葉の出所も千差万別といった様子。

下半期でこれらの言葉をこえるようなものが出てくることはあるのでしょうか?

【参考リンク】
【アンケート結果(1位〜13位)】2016年上半期の流行語といえば?

●文/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする