河川が一番キケン!? 子どもの水難事故を防ぐ場所別の注意ポイント

こんにちは。子育て研究所代表の佐藤理香です。

7月に入ると、夏休みもいよいよ間近! 子どもたちは夏休みを今から楽しみにしているのではないでしょうか。

夏といえば、海、川と水辺で遊ぶことが多いものです。不慮の事故もありますが、安全対策を怠ると楽しいはずの水遊びが一転! 残念ながら毎年、子どもだけでも水難による死亡事故が数十件発生しています。

そこで今回は、子どもの水難事故にどのような傾向があるのか、事故を防止するために親として何をすべきなのかを確認したいと思います。

160707satourika

水難事故全体の件数と傾向

水難事故とは、シンプルには水の事故ですが、どこで、何のときに起きているのでしょうか? まずは全体の件数をみてみましょう。

警視庁の調査によると、2014年に全国で水難にあった人の数は1,491人でした。これは大人も含まれる件数です。このうちの約半分である740人が死亡または行方不明となっています。

事故にあった人の半分が生死にかかわる重大な事態になっているのは、水難事故の怖い特徴だと思います。

死者や行方不明者の割合を場所別でみると、1位が「海」で47.4%、2位が「河川」で33.6%、3位が「用水路」で10.1%となっています。

子どもの水難事故の傾向

中学生以下の子どもの水難事故をみてみると、死者・行方不明者を場所別にみたときに、1位が「河川」で全体の52.7%、2位が「海」で25.5%、3位が「湖沼池」で10.9%となっています。

全体の平均と比べると、「河川」の水難事故の割合が20%近く高いことがわかります。

また、行為別の割合をみると、圧倒的な原因1位が「水遊び」(58.2%)。2位の「水泳中」(7.3%)とは約8倍もの差があるのです。

川と海、水難事故防止ポイント

少し目を離したすきに、ちょっとした油断で、子どものふざけあいが致命的な水難事故になる可能性があります。

先にお伝えしたように、川や海での事故は、生死の問題に直結することが多いのです。ぜひ、以下を参考に安全に楽しく水遊びをさせてくださいね!

川と海、共通の注意ポイント

■子どもだけで遊ばせない、子どもの一人遊びはさせない!

水深が浅い場所でも、転倒して頭を打ったり、溺れたりします。自然はコントロールできませんので、不意の波や水の流れにさらわれることも。乳幼児はもちろん、児童でも大人が付き添って遊ぶことをおススメします。

■悪天候、天気が悪くなる予想のときは水に入らない

天候の変化に注意し、海や川が荒れているときや荒れることが予想されるときは、水に入ることを中止します。悪天候のときは、視界が悪くなるほか、波が高くなったり、増水したりするので大変危険です。

■ライフジャケットを身に着けさせる

ボートに乗る、小舟に乗るなどの計画がある場合はライフジャケットを身に着けるようにします。体に合ったものを正しく着用することで、万一、水の中に投げ出されても生存の可能性が高まります。

川での注意ポイント

■遊ぶ前に川の状況をチェック

川は、川幅、岩の突出など地形によって水の流れが違います。一見すると浅瀬にみえても、あるスポットだけ川底に深みがあったりして急に流されたり、深みにはまったりする危険があります。

また、川の大きな特徴として、上流で豪雨やダムの放水があると急に増水します。急な増水により、河原や中州は水没する可能性がありますので特に注意が必要です。

■危険を示す掲示板に注意

上流にダムがある場合は放水による水量増加の危険があります。また、川の流れが速いという掲示、深みがあるなどの注意を促す掲示板を見かけたら、絶対に近づかないようにしましょう。

■直近の天気、天気の変化に注意

川の天気には要注意です。前日に雨が降った場合はいつもよりも増水している可能性が高いですし、遊んでいる場所が晴れていても上流で雨であれば突然増水する危険があります

特に、以下の状況が見られたら増水の危険大ですので、川遊びはストップしたほうがいいかもしれません。

・上流の空に黒い雲が見える
・雷が聞こえ始めた
・雨が降り始めた
・落ち葉や流木、ごみが流れてきた

海での注意ポイント

■先に危険な場所を確認、近づかない

海水浴に行くと、「危険」「遊泳禁止」などと表示がある場所があります。深さにより水温の変化が大きい場所や、流れの激しい場所、藻が茂っていて絡みやすい場所などがあります。こういう場所には近づかないようにしましょう。

■健康状態がよくないときは入らない

健康状態が悪い場合は海に行かないことも重要な判断です。夏になると浜辺には海の家がたちます。

ガンガン照り付ける太陽下で、冷たい飲み物をたくさん摂ったり、たくさん食べたりと、つい無理をしがちです。体調が悪くなった場合は海に入らないようにしましょう。

●ライター/佐藤理香((株)子育て研究所代表)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする