ナゼそれを選んだ!? 友達からもらって困ったお土産4選

友達からもらう旅先のお土産って、嬉しいものですよね。逆に、自分が旅行に行ったとき、友達へのお土産を選ぶのも楽しいものです。

ただ、ときには「何をあげたら喜ばれるんだろう?」「こんなのもらっても嫌かな?」なんて悩むことも……。

これからやってくる夏。旅行へ行く機会も増えるでしょう。そんなとき、お土産選びで失敗して相手をガッカリさせたくないですよね。

そこで今回は、20代〜40代の女性に“もらって困ったお土産”についてインタビューしてみました。

160630morattekomattaomiyage

(1)食べ物編

お土産選びに迷ったら消えものにすれば間違いない、と思う方も多いでしょう。しかし、こんな意見も……

『中国土産でお菓子を1箱もらったけど、いろいろ食品偽装とかの問題がさわがれている時期で、ちょっとこわくて食べられなかった。結局、何でも食べる食いしん坊な弟にあげた』(20代女性/学生)

『アメリカ土産のあっまいお菓子! 甘すぎて食べきれず、捨ててしまいました』(30代女性/編集)

『どこの国か忘れたけど、謎のお菓子をもらいました。箱の裏面を見ても見慣れない言語だったので原材料もわからず。一口食べてみましたが、私の口には合わず、ゴミ箱行きとなりました』(30代女性/営業)

『某山のお土産として、岩の形をしたゴツい砂糖のかたまりをもらったとき、どうにもならず母にあげたら、砕いて料理に使ってくれました』(20代女性/派遣)

外国製のお菓子やキワモノ系お菓子などは避けた方が良さそうですね。特に、グルメな人や神経質な人には注意したいところです。

『外国土産のケーキみたいなのをもらって食べたら、くそまずかった! 絶対試食してないでしょって思った』(20代女性/学生)

という意見もあるように、どうしても外国製のお菓子をあげたいときには、誰もが知っている定番のものや、何人かが試食して「おいしい!」と思ったものにしましょう。

試食せず、見た目がカワイイから、おいしそうだからといって購入するのは避けたほうがよさそうです。

(2)キャラクターもの編

自分が好きだからといって、相手も喜ぶとは限らないのがキャラクターもの。

『ご当地○○キーホルダーみたいなお土産、あるじゃないですか。集めてる子もいるくらい人気のやつ。でもあれって、キャラものに興味がない人がもらっても困るだけなんですよね……』(30代女性/事務)

『人気のゆるキャラグッズをもらって困りました。私はキャラものって好きじゃないので。子どものいる友達にあげちゃいました』(20代女性/販売)

いくら人気のキャラクターだからといって、興味のない人からしたら「こんなのもらっても……」となりますよね。

(3)置物・飾り編

場所をとるし、趣味が合わないと使い道がないし、一番困るのはコレかもしれません。

『木彫りの人形をもらったけど、置く場所ないし、捨てるに捨てられないし、あれは困りました』(40代女性/専業主婦)

『先住民の手作りの民芸品。私がどうしたらそれを喜ぶと思ったのか……』(30代女性/事務)

昔はペナントとか、記念メダルとかがこの地位にいた気がします。

(4)ネーム・地名入り商品編

子どものころは、旅先で自分の名前が入ったグッズをよく探したという人も少なくないでしょう。

『胸にでっかく「I LOVE NY」って書かれたTシャツをもらいましたが、一度も着ていません。それを着ると思われた私って……』(30代女性/看護助手)

『38歳のとき、「あきこ」って書かれたキーホルダーとハンドタオルをもらったことがあります。そういうのは子どもだけしか喜ばない気がします』(40代女性/総務)

ギャグやシャレのつもりかもしれません。Tシャツなら部屋着にできるし、ハンドタオルも使えないことはないですしね。実用的なものをチョイスしてくれる分にはいいと思いますが、キーホルダーはいりませんね……。


いかがでしたか?

私ももらったことがある! あげたことがある! というものもあったかもしれません。また、人によっては喜ばれるものもあるでしょう。

ただ、ご紹介したものは万人ウケするものではないようです。

お土産選びの際は、相手の趣味や好みをよく考えることが失敗しないコツ。参考にしてみてくださいね。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする