放置じゃ絶対治らない!? “引きこもり”が男性に多いワケと抜け出す方法

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。

あるアンケート調査によると、わが国では約3割の人が「身近に引きこもりがいる」と答えています。

また、1970年代から始まったと考えられている引きこもりは、今やその数が50万人から100万人(ないしそれ以上)に及んでいるとされ、その8割が男性であると言われています。

引きこもり治療の専門家で『社会的ひきこもり―終わらない思春期』の著者でもある精神科医の斎藤環さんは、引きこもり治療においてもっとも成果を上げている方法は『ひきこもる人たちの緩い共同体を作ること』だと言います。

なぜそれが成果を上げるのか。その理由は「ひきこもり状態の若者同士でも出会い、理解し合い、親密になるというプロセスを経験することによって“欲望”を持ちやすくなるから」という主旨の説明をされています。

160705suzukikatsuyoshi

男性は自分の主体を立てないと欲望を持てない

斎藤環先生はその著書やマスコミから受けるインタビューの中で、『男性はまず自分の主体を立てないと欲望を抱けない』と述べています。

どういうことかと言いますと、男性の場合は「自分は男で、こういう社会的地位がある」といったように主体がハッキリしているほど欲望が持ちやすい

明確なイデオロギーを持っている政治家が欲望でギラギラしているさまを見ればよく分かりますよね。

これに対して引きこもっている男性は「以前ちょっと働いたこともあるけど非正規雇用で社会的地位はゼロ。自分にとっても自分の価値はゼロ。自分の欲望が分からないので社会に参加する意欲も起こってこない」という悪循環に陥っていると、斎藤先生は指摘しています。

一方で女性の場合は主体を立てなくても欲望を持てると斎藤医師は言います。

男性と比べて社会的地位にこだわらなくてもいいため、

・「ただ孤独でいたくないから女子会でおしゃべりして楽しければいい」
・「正社員で就職できなければ結婚して夫や子どもとの家族の絆を大事にしながら過ごせればいい」

といったような、シンプルな欲望を持てる傾向があります

だから女性は「ひきこもる必要がない」というのが斎藤先生の分析です。

コンビニやゲームセンターにいる男子たちは仲間と繫がることで生きる欲望を維持している

引きこもり治療の分野で実績が豊富な千葉県船橋市の『あしたの風クリニック』(旧『佐々木病院』)のホームページによれば、

『ひきこもりとは思春期・青年期に起きる問題で、6か月以上自宅にひきこもって社会参加をしない状態が続き、ほかの精神症状がその第一の原因とは考えにくいもの』

とのことで、対人恐怖、脅迫症状、家庭内暴力、不眠、抑うつ気分、摂食障害、心気症状などの多彩な症状が随伴するといいます。

斎藤環先生によれば、『まったく治療的な援助なしで自然に立ち直った事例は皆無に近いとのことで、その意味では“うつよりも深刻な精神神経科分野の問題”と言うことができるのかもしれません。

筆者の妻の親族にも10代後半からずっと引きこもりで今はもう50代に突入した男性がいます。

彼は引きこもる中で高齢の親を介護・支援するという“使命”と出会うことによって、定職に就かない人生ではあったけれど、純然たる引きこもりとは言い切れない社会参加の機会を得たと言えます。

これなどは、「息子を何とか引きこもり状態から脱出させたい」と願ってきた両親が年老いて行くなかで今度は自分が両親の力になりたいという彼なりの“欲望”が具現化した、“例外的な引きこもりの治癒例”だったのでしょうか。

そうかと思うと、コンビニやゲームセンターでたむろしている男子たちは“仲間と繫がっている”という楽しさで生きる欲望を維持している。

斎藤先生流に言うなら、「生産性や創造性は極めて乏しいけれど、みんなとLINEでつながったり、たまって話しているときだけは自分らしさの手ごたえを感じることができる」というわけです。

引きこもりから脱出する唯一のカギは“欲望”。男子は何でもいいから欲望を持って!

その“たむろ男子”たちにしても、ひとたび仲間の外に出ると自分が何者だか分からなくなり、主体が立てられないので欲望を持てなくなる。

斎藤環先生は、『かっこ悪くてもなんでもいいからとにかく欲望を持ってくれ!』と言います。そうでないと人が人の形を保てなくなると。

このように考えてくると、筆者自身も男性に生まれて56年という時間を引きこもることなく何とか生きてこれたのは、10代の半ば頃に芽生えた“異性からよく思われたい”という欲望があったせいではないかと思います。

欲望はある面で創意工夫を生み、努力を生みます。

妻の親族の男性にしても、引きこもりの男性には異性のパートナーが得られないという大きな問題があり、そこがまた引きこもりの人の葛藤を長引かせる原因にもなっています。

“ひきこもる人たちの緩い共同体を作る”ことが引きこもり治療の最も有効な方法であるという事実は、引きこもりの人たちに異性との関係が生まれる機会や恋愛経験の機会を提供することが引きこもり治療の一方法だということでもあります。

ただ同時に、引きこもりの人たちに持ってもらいたい欲望は恋愛に関する欲望だけではなく、興味の持てること何でもいいのだろうとも思うのです。

前述の『あしたの風クリニック』では引きこもりの若者同士が出会い、理解し合い、親密になるきっかけを提供するために“ひきこもりデイケア”の活動を続けています。

その活動の本当の目的は、デイケア後に彼ら同士が食事をしたり飲み会をやったりしたい“欲望”を抱くところにあるといいます。

そしてその段階までもってこれれば、引きこもり治療はかなりの程度まで功を奏したと言うことができるのではないでしょうか。

【参考文献】
・『社会的ひきこもり―終わらない思春期』斎藤環・著

●ライター/鈴木かつよし(エッセイスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする