夏の楽しみはおあずけ? お盆にやってはいけないNG行動3選

じめじめとした日が続き、雨の降る日が多い梅雨の季節。食欲がなくなり、仕事に行くたくないと思う人もいるのではないでしょうか。

そんな中、楽しみなことのひとつが“お盆休み”。すでに長期休暇の予定を立てている人もいるかと思います。

この“お盆”ですが、先祖の霊を供養する日でもあり、そのことから“してはいけない”とされていることがいろいろとあるようです。

ここでは、お盆にやってはいけないNG行動について紹介いたします。

160628obon

お盆のNG行動

(1)水辺に行ってはいけない

『小さいころおばあちゃんに、「お盆に海に入ると霊に引きずり込まれるよ」と言われたことがあります』(30代女性/主婦)

お盆に集まってくるのは、必ずしも供養される霊だけではありません。

海に行かない方がいいとされているのは、誰からも供養されず寂しさを感じた霊が、人間を海へと引っ張り込んでしまうからと言われています。

また、「地獄の釜が開くから」という言い伝えもあり、お盆には鬼も休んでしまうことからいろいろな霊が行き来するとも言われているようです。

現実的な理由としては、お盆の時期を境に潮の流れが変わり、“土用波”とよばれる波が発生するため危険であることなどがあげられます。

(2)釣りをしてはいけない

『お盆に精進料理を食べるのは、殺生をしないためだと聞いたことがあります。特に釣りをしてはいけないと言われましたね』(30代女性/アパレル)

お盆期間中は殺生禁止、という話を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。

これは、ご先祖さまがトンボに乗って帰ってくるからだと言われています。生き物全般を殺めないようにするのです。

殺生をしないために、食事もお肉や魚を避けた精進料理を食べる期間でもあります。

お盆休みを使って海に釣りへ出かけようと思っている人は、少し踏みとどまった方がいいかもしれませんね。

(3)針仕事をしてはいけない

『理由はわかりませんが、お盆に針仕事をしてはいけないと教わりました。この時期は洋服の痛みが早くて裁縫したくなるんですけどね』(30代女性/デザイナー)

血は汚れたものとされ、針仕事で指を刺して血が出てしまうことのないようにとのこと。

お盆に飾る花として、トゲのあるものや真っ赤な色のものがふさわしくないとされるのも同じ理由からのようです。

なすやきゅうりに割り箸などを刺して作る精霊馬もありますが、あれとはまた別のことと考えましょう。


夏にやるのが楽しいと思われることが、意外とNG行動だったということもあるようです。

何をしようかと楽しみにしていた人も、お盆本来の意味を思い出し、ゆっくりと過ごす休日にしてもいいのではないでしょうか。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする