ヘリ1時間で60万円? 山で遭難したときの捜索費用と対処法

こんにちは。ママライターのamuです。

「山ガール」という言葉が聞かれるようになって久しい昨今、ボルダリング人気も相まって、登山する人は増え続けているそうです。

そして、比例して増えているのが山の事故。

山菜採りに行って遭難する高齢者は後を絶たず、2016年5月には、北海道で“しつけ”として山道に置き去りにされた子の大規模捜索もありました。

もしも、山で遭難してしまったら、救助・捜索にはどのくらいの費用がかかり、誰が負担するのでしょうか? 気になったので、調べてみました。

160704amu

ヘリコプター

【公的機関のヘリ】
→警察、防災、自衛隊のヘリは税金で賄われるが、数が少なく稼働できない場合もある。

【民間ヘリ】
→遭難者に請求される。日本山岳協会によると、平均費用は稼働1分あたり1万円

1時間60万円ほど……。そんなに高いなんて、びっくりです!

しかも、1時間で見つかるとは限らないため、分刻みで値段が高くなっていく……!

そして、それだけの費用が税金で賄われる場合、自治体が負担するということも忘れてはいけませんね。

遭難隊

【警察官・自衛隊などの公務員】
→税金で賄われる(ただし、地元の消防団は法的に根拠のある地方自治体の職員<公務員>ではないため、費用請求に関しては消防団の判断に委ねられる)。

【地元の山岳会などの民間人】
→1人1日3万円(夏)~1日5万円(冬)程度(全国で捜索費用はばらつきがあり)。保険料、交通費、装備、食料費、宿泊費などの諸経費、1人2~3万円。

交通費までかかるとは、知りませんでした。

民間の手を借りることになる例

(1)捜索エリアが広がり、捜索人数が足りず応援を頼む
(2)警察が捜索を打ち切る(大抵数日で打ち切られる)
(3)警察のヘリが他の用事で出動しており、民間のヘリを使わざるをえない
(4)ケガ人が一刻を争う状況のため、土地勘があり救助技術にも優れる民間の救助ヘリを頼む

どこのヘリが救助に向かうのかは、機体のスケジュールや事故現場の状況などを考慮して決められるそうです。

捜索を要請したら高額だったため要請を取り消したケース、捜索費用200万円ほどの支払いを拒否されたケースもあるそうです。

そうは言っても、大事なわが子がもし遭難してしまったら、いくらかかっても探してほしいと思うのが親心……。

そこで、知っておきたいのが、山岳保険です。

山岳保険に加入している登山者は全体の1%未満とのことですが、本格的な登山をする人向けだけではなく、軽登山者向けの保険もあります。

捜索・救助・治療の費用を負担してくれるので、入っていると安心ですよね。

もし遭難してしまったら

山の頂上を目指しましょう!

もし、体力があり、動けるなら、山の上へ! 捜索範囲が狭くなります。

経度緯度を調べる

ヘリは有視界飛行GPS(衛生位置測定器)によって運航されるため、携帯用GPSなどで居場所を伝えられれば見つけてもらいやすくなります。

また、天候、風力、風向、視界などの正確な情報を伝えるようにするといいそうです。

ヘリコプターに合図する

自分が遭難者であることを伝えるために、雨具やジャケットなどを片手に持ち、上空に向かって大きく円を描くようにして振りましょう。

ヘリの搭乗員が確認できる位置まで近づいてきたら、今度は体の横で大きく上下に振るのが、ヘリに救助を求めるサインです。

ヘリコプターが接近すると、風圧でテントなどの装備や木切れなどが飛散してローターに絡まったりするので、飛ばされそうなものはあらかじめ撤収・排除しておくことも大事だそうです。

待機するのは風上で、機体には側面や後方から近づかないようにしましょう。


山の天気は変わりやすく、思いがけない事故に巻き込まれることもあります。

体力や運動能力を過信せず、必要なものを過不足なく身につけ、無理のない登山を心がけたいものですよね。

蜂などの危険な虫もいるので、おしゃれよりも安全性に優れた服装で、万全な対策をして行きましょう!

●ライター/amu(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする