ひと手間で差がつく! Tシャツをおしゃれに着こなすコツ4選

ラフに着ることができる流行アイテムのTシャツ。

暑い季節になると、1枚だけ着てお出かけするという人も多いのではないでしょうか。

しかし、手軽な反面、オシャレに着こなすのが難しいアイテムでもあります。ただ着るだけだと、ただの部屋着にしか見えないということにもなりかねません。

ここでは、ほんの少しの工夫でTシャツを見違えるような印象にする着こなし術を紹介いたします。

160624syatu

Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

(1)袖まくりで簡単アレンジ

『Tシャツで困ったらまずは袖まくり! 着やせ効果も期待できるし、肌が見える面積も増えて手軽に女性らしさをアップさせることができます』(20代女性/スタイリスト)

デザインの違いが出しづらく、似たような印象になりがちのTシャツですが、袖を少しまくるだけで雰囲気のある佇まいに。

やや大きめサイズのTシャツを選んで袖まくりをすれば、それだけでオシャレな着こなしができるでしょう。

今持っているTシャツが気に入っていないというときも、少しアレンジすることで印象を変えられるかもしれませんよ。

(2)小物をプラスする

『シンプルで人と同じになりがちなときは、大ぶりなアクセサリーを身につけるようにしています。洗練された印象が出せますよ』(30代女性/美容師)

Tシャツ1枚という着こなしだと、どこか物足りなくなってしまうことも多いはず。

そんなときは、ピアスやネックレス、ブレスレット、サングラスなど、小物をプラスしてみるのがオススメ!

シンプルな服装に印象的なアクセサリーという組み合わせは、万人に似合う着こなし術です。

(3)素材感を意識

『年を重ねると、Tシャツ1枚って難しいですよね。そんなときは、生地がつるんとした感じのものを選ぶと上品に着こなすことができると思います』(40代女性/主婦)

ひと口に“Tシャツ”といっても、その種類はさまざま。素材や質感の違いによって大きく表情が変わるのも特徴です。

ざっくりと編み込まれてでこぼこした質感のものは、カジュアルで元気な印象を与えます。

反対に、つるつるとして光沢のあるようなものだと、1枚でも上品でスマートな印象を与えられるため、大人っぽい雰囲気を出したいときにおすすめです。

(4)ウエストにインする

『最近はビッグシルエットのTシャツがはやってるけど、前をウエストに入れるだけでもグッとオシャレな印象になりますよ』(20代女性/アパレル)

Tシャツの裾を出しっぱなしにせず、ウエストにインすることできれいなシルエットを作ることができます。

やや大きめの楽なTシャツをチョイスしたときも、こうすることでだらしない印象を抑えることができ、一気に“こなれ感”をアップさせることができるはず。


ほんの少しの工夫で、Tシャツをオシャレに着こなすことができそうですね。

これに加え、ほどよく引き締まった体を作れば、より魅力的な着こなしができるのではないでしょうか。

夏を快適に、かわいく乗り切るためにぜひ参考にしてみてください。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする