文科省がアナウンス! 小学校未修了でも中学進学できる最新の救済措置

こんにちは。子育て研究所代表の佐藤理香です。

1学期の園生活、学校生活もいよいよ終盤になりました。夏休みに向けて、お子様はいまからワクワクしているのではないでしょうか。

今年入園、入学されたお子様にとっては初の集団生活、集団学習で、多くの学びを得たことと思います。

日本では、小学校、中学校は義務教育と位置付けられています。

義務教育とは、保護者がその子どもを小学校や中学校に就学させなければならないということです。

しかしながら、事情により義務教育を受けることができない子どもがたくさんいます。

そこで今回は、義務教育段階の中学校をクローズアップし、中学に進学することができない子どものための最新の救済措置をお伝えしたいと思います。

160630satorika

中学校に進学できない子どもの事情6例

義務教育は小学校と中学校です。国の大方針として、中学校に進学するためには小学校の課程を修了していることが必要です。

そのため、これまでは小学校を修了していなければ必然的に中学校に進学できませんでした。

では、そういった子ども自身が中学校への進学を希望していないのでしょうか?

中には進学を希望しないお子様もいます。ところが、子ども自身が中学校に進学したいと希望しても、特別な事情によって進学できないケースがあるのです。

文部科学省は、2016年6月17日に、特別な事情により小学校を卒業できなかった子どもについて、希望すれば中学校に進学できるようにと全国の教育委員会に初めての通知を出しました

そして、以下の6つの特別な事情の例をあげたのです。

(1)居所不明、未就学期間があるために未修了

虐待や無戸籍といった複雑な家庭の事情犯罪被害などにより通学できずに小学校を未修了だった子どもが、中学校相当年齢になって中学進学を希望するケース。

(2)不登校による未修了

不登校等で長い間欠席したり、学校との関係を絶っていたため小学校未修了となった子どもが、その後通学が可能になり中学校等への入学を希望するケース。

(3)病弱、発育不完全で就学義務の猶予・免除対象

病弱発育不完全などの理由で、小学校の間は就学義務を猶予または免除されていた子どもが、中学校相当年齢になってから就学できる状態になったので中学進学を希望するケース。

(4)重国籍、日本語能力の欠如で就学義務の猶予・免除対象

海外から帰国した子どもが、2つ以上の国籍をもっていたり、日本語能力が欠けているという理由で就学義務が猶予または免除され外国人学校に通っていたような場合で、その子どもが中学校へ進学を希望するケース。

(5)外国籍

日本の国籍がなく外国人学校に通っていた子どもが、経済的な事情や居住地変更などにより中学校段階から中学校への転学を希望するケース。

(6)夜間中学

戦後の混乱家庭の事情で、義務教育を未修了のまま学齢を超えてしまった場合、中学校夜間学級等に入学を希望するケース。

救済措置の内容

現状でも、子どもや保護者が希望すれば進学を認めている学校や教育委員会はあるようです。

その一方で、法律の規定から外れているということで画一的に判断されたり、各教育委員会の判断で進学を認めないケースなどもあるようです。

そこで、文部科学省は、希望すれば子どもは義務教育を受けることができるということを明示するため、先述のような特別な事情がある場合は、子どもが進学を希望すれば認めるべきだということを周知したのです。

ただし、特別な事情がある子どもは、小学校の学習課程を未修学だったり、学習が遅れていたりなどの課題があります。

このような場合は、中学校の教職員の指導だけではサポートしきれない心配もあります。

そのため、生徒の状況を踏まえて個別の支援計画を立てたり、個人用に教材を用意したり、地域の学校支援組織やNPOなどの民間団体と連携したりして組織的にサポートする体制をとるように通知したのです。

また、虐待、貧困、ネグレクトに関連する生活上の課題も抱えている場合は、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーといった専門職員に加え、児童相談所などの関係機関とも“緊密に”連携するようにとされています。

このような生徒の支援には補助などの財政的な担保もされており、人員配置の増加なども入ってきますので、総合的な支援が受けられるようになります。

進学を希望する特別な事情をもつ子どもが、一人でも多く充実した中学生生活を送ることができるよう願います。

●ライター/佐藤理香((株)子育て研究所代表)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする