かゆさで泣き続ける!? 赤ちゃんの“夏のあせも”を予防するポイント6つ

【ママからのご相談】
生後2か月の娘を持つ母です。ママ友から「夏になると子どもはあせもができやすいから気をつけて!」と聞きました。今のところは皮膚に異常は見られませんが、今後あせもができないか不安です。

どうにかしてあせもを予防することはできないのでしょうか。第一子なので知識がなく心配です。

a 家庭でできる“あせも”の予防法をご紹介します。

こんにちは。メンタル関連を中心に書いているメンタルケア心理士の桜井涼です。ご相談ありがとうございます。

赤ちゃんにとって、あせもができるのは大きな苦痛です。かゆくても泣くことでしか伝えられませんから、発見が遅れることもあります。

今回は、あせもの予防法について小児科医からお話を聞いてきました。

160629sakurairyo

あせもができる原因

あせもとは、汗の出口となる毛穴に汗や垢などがたまり、毛穴が塞がれて炎症を起こしている状態のことを指します。

見た目は赤いプツプツが基本ですが、赤ちゃんや幼児の場合は白いあせももできるそうです。

・赤いあせも……皮膚の深いところでできる→強いかゆみを伴う
・白いあせも……皮膚の浅いところでできる→かゆみはほとんどない

赤いあせもは、強いかゆみを伴います。ご友人が「夏になると子どもはあせもができやすいから気をつけて!」と念を押したのはそのためでしょう。

かゆみを伝えることができない赤ちゃんは、泣くことでしか表現できません。親は、あせもを作らせないためのケアを十分にしてあげることが大切です。

あせもは放っておいたり、掻いてしまったりすることで“とびひ”します。そうすれば二次的な感染を引き起こすこともあるので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎を心配してしまうこともあるでしょう(私もそうでした)。小児科医のお話によると、相談者様のお子さんの月齢ではアトピー性皮膚炎かどうか判断がまだ付けにくいこともあるそうです。

受診するときに、いつから出始めたのかという情報と一緒に、親族にアトピー性皮膚炎を患っている人がいるかどうかも知らせるようにしましょう。

ここに気をつけて! 汗をかきやすい体の部位6つ

皮膚が接触しやすいところや、毛の生えている部分は汗をかきやすいです。

・頭や額
・首まわり
・髪の生え際
・背中
・オムツをつけているところ(下腹部などはたまりやすい)
・関節(ひじやひざ、手の中や脇など)

こういった部分は汗をかくとたまってしまいます。

暑い日などは、ベビーカーやチャイルドシートの中が高温になりやすいため、大量の汗をかきます。「ちょっとお散歩」という程度でもかなり汗が出ます。

ベビーカーやチャイルドシートを利用する際は、とくに背中に大量の汗をかきますので注意しましょう。

あせもの予防ポイント6つ

あせもを予防するポイントはいくつかあります。これらを状況に応じて組み合わせて行ってみてください。

・遊んだ後やお昼寝後は、必ず汗をかいていないか触ってチェックする
・汗をかいていたら、こまめに優しく拭き取る
・シャワーや行水などをして汗を流す
・衣類(肌着は特に!)は汗をよく吸う素材のものにする
・汗を大量にかいている場合は、すぐに着替えをする
・水分をしっかり取る

汗をかいたまま放置しておくのは絶対NGです。汗をそのままにせず、しっかりと拭き取ったり流したりすることで、肌の清潔さを保つことができ、あせもの予防につながります。

「あせもかな?」と思ったら、皮膚科か小児科に診てもらいましょう。

早い段階で治すことができれば、赤ちゃんも強いかゆみで泣き止まないなんてことにならずにすみます。


私の子どもたちも乳幼児期は、あせもになってしまいました。それは私があせもに関しての知識がなかったせいでもあります。

小児科医にお話を聞いて、あせもの予防方法を知ったので、それからは早い対処ができるようになりました。

大切なのは、お子さんの様子を常にチェックしておくことです。お役に立てれば幸いです。ご相談ありがとうございました。

【参考文献】
・『「赤ちゃん」そのしあわせのために』財団法人母子衛生研究会・著

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする