結局幸せになれた? 女性が結婚相手に妥協したコト4選

モテないわけじゃないけれど、結婚できない。そんな婚活中の女性は少なくないようです。

では、なぜ結婚できないのか。理由は人それぞれ、さまざまあるでしょうが、理由の1つに挙げられるのが、「理想が高いから」というもの。

「この先の人生を共に歩むからには、一切の妥協も許せない」そんなふうに考えてしまい、男性を“条件”優先で選んでいるうちに30代も半ば……そんな女性も多いようです。

しかし、実際に結婚している女性たちに話を聞くと、妥協することはけしてマイナスなことではない、ということもわかります。

そこで今回は、既婚女性たちが結婚するときに妥協したことについてお話を聞いてきましたので、ご紹介したいと思います。

160622kekkonaitenidakyou

(1)外見

『私は昔からイケメン好きでしたが、夫は地味でとてもカッコイイとは言えない顔。彼と結婚したのは、すごく気が合って一緒にいて居心地が良かったから。顔は妥協しましたが、毎日一緒にいる人だからこそ、中身で選んで良かったと思ってます。顔なんて、“生理的にムリ”とかじゃなければ、結構どうでもよくなっちゃうもんですよ(笑)』(30代女性/パート)

『旦那の外見には妥協しました。まあ、自分のレベルに合ってるといったらそれまでですが……。背が高くてカッコイイ人が好きだったけど、旦那の誠実さや私への愛情の深さに心を打たれましたね。それまで、自分が追いかける恋ばかりしていたので、相手からちゃんと愛されることで、こんなにも満たされるんだって感動して結婚しちゃいました。もちろん正解でしたよ』(20代女性/派遣)

(2)収入

『介護職に就いている彼はすごく優しくていい人だったんですが、お給料が私より低かったのがネックでした。でも、じゃあ彼と別れて収入の高い人と結婚できるかって言ったら、考えられないなって気付いて。二人で働けば大丈夫って思って結婚を決意しました。今は子どももいて大変ですが、夫と家事・育児を半々で分担しながらやっているので、なんとかなっています』(30代女性/営業)

『当時、夫は非正規雇用で収入はすごく低かったです。子どもができたらって考えると結婚は不安でしたが、収入のことには目を瞑って結婚しました。二人で働けば案外、安定した生活が送れるものなんですね。想像よりゆとりのある生活が送れました。それに、夫は去年転職して正社員として働いているので、収入も随分上がりました。そろそろ子どもを……と考えています』(20代女性/事務)

(3)服のセンス

『初デートで彼の私服を見たときはドン引きでした。バラの刺繍が入った白シャツに、サテンっぽいパンツで、失敗しすぎたビジュアル系みたいな。普段はスーツなので、まさかそんなにダサいと思ってなかったんです。でも、服のセンスなんて結婚してからいくらでも直せると思って妥協しました。今じゃ、私が選んだ服しか着ません』(30代女性/販売)

(4)趣味の違い

『私はあるロックバンドが大好きで、追っかけもしていたくらい。でも、夫はクラシックしか聴かない人なんです。それに、私はアウトドア派で体を動かすのが大好きなんですが、夫はインドア派。家で読書がお決まりです。結婚は不安でしたが、案外大丈夫です。むしろ、お互いにそれぞれの趣味を楽しむ時間がストレス解消になっているというか……。趣味が同じならもっと楽しいだろうけど、夫婦だからってすべてが一緒じゃなくてもいいんですよね』(40代女性/編集)


妥協はしても、結婚生活は幸せだという方が多かったです。

ただ、何でもかんでも妥協していいわけではありません。浮気性やギャンブル依存症、DVやモラハラなど、妥協すると不幸になるものもありますので、妥協点は慎重に検討する必要がありそうです。

妥協して幸せになれるかどうかは自分次第のところもある、というのもポイントになりそうですね。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする