皮膚に障害が! 日焼けを繰り返すリスクと紫外線ダメージへの対処法4つ

【男性からのご相談】
毎年夏になると海やプールで真っ黒に日焼けします。色黒になって格好良いと思うのですが、将来日焼けのしすぎで何か体に悪い影響など出るのでしょうか?

a 繰り返し日焼けをしていると、慢性的な皮膚症状が現れる場合があります。

ご相談ありがとうございます。理学療法士のOHSAWAです。

夏は日差しが強く日焼けしやすい季節ですよね。男として多少色黒の方が格好良いということもわかります。

ただ、日焼けする場合、大量の紫外線を浴びていることになるため、皮膚に関する何らかの症状が出てきてもおかしくありません。

今回は日焼けのリスクや対処法などもお伝えしていきますね。

160624ohsawa

日焼けを繰り返すと“皮膚障害”になる!?

日焼けをする場合は、大抵太陽の日を浴びると思いますが、この太陽の光にはさまざまな波長の光が含まれています。

地表に達するものとして赤外線、可視光線、紫外線があります。

この3種類の光の割合としては赤外線が50%以上で、紫外線は約6%と意外と少量です。

しかし、この3種類の光の中で最も皮膚に影響を及ぼすのが紫外線です。

紫外線の影響は急性と慢性の症状に分かれています。急性の反応として、日光を浴びた数時間後~数日後に出現するもので、紅斑反応や日光皮膚炎と呼ばれるいわゆる“日焼け”の症状や色素沈着が挙げられます

慢性反応としては数か月~数十年後に出現するもので、皮膚の腫瘍の発生やしみ・しわなどの皮膚障害が挙げられます。

日焼けは大抵の場合すぐに元に戻りますよね。それは紫外線によって皮膚細胞の遺伝子が傷つけられてしまいますが、人体はそれを修復する機能を持っているためです。

しかし、日焼けを何度も繰り返し皮膚を傷つけていると、少しずつ修復能力が落ちていき、遺伝子の損傷が蓄積されて皮膚の慢性的な症状へとつながっていってしまうのです。

紫外線の予防法

日焼けは健康的に見えますが、上記している理由により、できればしない方が皮膚のためには良いのではないかと思われます。

そのため日常の生活では、物理的に紫外線を避けることが重要です。外出する際は帽子や日傘、女性はアームガードなどもあれば良いでしょう。

日焼け止めクリームなども併用するとより効果的です。また、紫外線は白内障の原因にもなるため、サングラスなどで目を守ることも忘れずに。

日焼け後の対処法4つ

とはいえ、気を付けていても日焼けはするものなので、その後の対処法をご紹介いたしますね。

(1)冷やす

日焼けした後の皮膚は一種のヤケド状態です。まずは冷たいタオルや氷嚢を当てたり、水風呂に入ったりするとクールダウンできます。

意外と冷やさない人が多いので、ぜひ試してみてください。

(2)保湿

日焼けした皮膚は水分が不足していて乾燥した状態です。そのため、日焼けした後は化粧水と乳液を使用して潤いを与えることが大切です。

(3)睡眠

皮膚を修復するためにはしっかり睡眠をとることも重要です。睡眠中には皮膚の修復や、新陳代謝に大きく影響する成長ホルモンが分泌されます

いつもより長く寝たり、寝る前にリラックスできる環境を作って睡眠の質を上げられたりするとより良いでしょう。

(4)ベータカロテンを摂取する

ベータカロテンは紫外線による皮膚のダメージを修復する効果があります

かぼちゃ、にんじん、ピーマン、ほうれん草などの緑黄色野菜や、オレンジやスイカなどの果物にも多く含まれているので、日焼け後はぜひ摂取してみてください。

●ライター/OHSAWA(理学療法士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする