若気の至りじゃすまない? タトゥーを入れたママの後悔エピソード4選

浜崎あゆみさんや宮沢りえさん、安室奈美恵さん、小森純さんなど、タトゥーを入れている芸能人は多いですよね。

一般人でも、ファッションやおしゃれという感覚で気軽にタトゥーを入れる若い女性も少なくないようです。

しかし、日本ではやはりタトゥーに対してあまり良いイメージを持たれません。

タトゥーが入っていることで偏見を持たれたり、公共施設が利用できなかったり……さまざまな問題もあるのです。それは、人の親になればなおさら。

そこで、タトゥーを入れて後悔しているというママに、どんなときに後悔したのかを聞いてみました。

160615tatoomamakoukai

タトゥーを入れて後悔したのはどんなとき?

(1)子どもと公共施設に行けない

『若いとき、友達とファッション感覚でタトゥーを入れました。まず、本気で好きな人ができたときに後悔しましたが、子どもが産まれてからの後悔は大きいですね。

子どもを連れてプールにも行けないし、銭湯や人気の温泉施設にも行けません。子どもと一緒に楽しめることが制限されてしまったり、子どもにガマンさせたりすることがつらいです』(30代女性/専業主婦)

『「刺青が入っている方はお断り」という施設って、多いんですよね。そういうとき入れなくて、子どもに申し訳ない気持ちでいっぱいになります。海なども人目が気になって水着にはなれませんし。

子どもがもっと大きくなったとき、イヤな思いをするかもということも考え、結局高いお金を払って痛い思いをして消しました。でも跡は消えません』(30代女性/飲食業)

(2)子どもにタトゥーのことを聞かれて困った

『子どもと一緒にお風呂に入っているとき、「なんでママの体には絵が描いてあるの?」と聞かれ、何と答えればいいかわかりませんでした。しかも、子どもがその話を学校の友達にしてしまって、ママ友たちから距離を置かれたのも悲しかったです。

幸い、子どもが私のタトゥーのせいでいじめられることはありませんでしたが……。若いとき、よく考えて彫ったつもりだったのに、後悔しています』(40代女性/パート)

(3)生命保険に入れなかった

『うちは夫婦でタトゥーを彫っているんですが、子どもが産まれたのを機に生命保険に入ろうとしたら、タトゥーを入れていることで加入を断られました。疾病リスクが高いからとか言われましたが、ショックでしたね。

結局、別の保険会社で加入できましたが、タトゥーが入っていることでいろいろな疾病リスクがあると知って、怖くなりました』(20代女性/パート)

(4)ママ友から偏見を持たれた

『子どもの幼稚園のママ友たちにタトゥーがバレて、引かれたのはショックでした。元ヤンとか、旦那が危ない人だとか噂する人もいたみたいでつらかったですし、子どもがそれを聞いてしまったらとか、子どもがいじめられたらとか思うと、苦しかったです。

私自身が何か言われるのは覚悟の上でしたが、私のせいで夫や子どもまで悪く言われたり見られたりするのは耐えられないです』(20代女性/事務)


自分一人のときなら良いけれど、子どもができるとそうも言っていられないことって、けっこう多いんですよね。

また、タトゥーを入れていると、B型肝炎やC型肝炎に感染するリスクが高くなるらしいです。これらは親子間でも感染することがあるそう。

タトゥーを入れることをとやかく言うつもりはありませんが、人の親になったときに起こりうるリスクまでしっかり考えることは大切だと思います。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする