ベッキー“藍色のスカート”で復帰会見…「川谷へのアピール?」「まだ未練ありそう」と批判噴出

『ゲスの極み乙女。』川谷絵音さん(27)との不倫騒動から芸能活動を休業していたタレントのベッキーさん(32)が、2016年6月10日、BSスカパー!の音楽番組『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』の収録前、報道陣の取材に応じました。

ベッキーさんは不倫騒動について改めて謝罪し、『今日からお仕事のスタートをさせていただきます。ゼロから頑張っていきたい』と頭を下げ、芸能活動の再開を宣言。

報道陣から不倫は事実なのかと問われた際には、「事実です」と認めて謝罪し、現在、川谷さんとは連絡を取っていないこと、川谷さんへの思いは吹っ切れたことを明言していました。

なお、川谷さんがボーカルを務めるバンド『indigo la End』の楽曲『藍色好きさ』の歌詞の内容が、ベッキーさんに贈る歌とも言われるほど意味深だと話題になりましたが、この取材対応時のベッキーさんのファッションは、奇しくも白いブラウスに紺のスカートと紺のパンプス。

清楚で上品なスタイルでしたが、このファッションについてネット上では、川谷さんの『藍色好きさ』を意識しているのではないかと指摘する声があがっています。

出典:Becky ベッキー(@becky_dayo)(Instagram)

出典:Becky ベッキー(@becky_dayo)(Instagram)

ベッキーのスカートに「川谷へのアピール」「あざとい」と思わぬ批判が噴出

『藍色のスカートをはいてるってことは、川谷へのアピールか』

『これは別れてないな』

『まだ未練ありそう』

『スカート藍色とか…』

『さすがベッキー、あざとい』

『これは陰で復縁するに違いない』

『まだ諦めてないアピールか?』

『「藍色になった君が好き」って歌詞を意識してるに違いない』

『スカートも靴も藍色。これは確信犯』

『これがありのままの自分ってことじゃない?』

『川谷の藍色好きさの藍色って私なんですよってアピール?』

など、ベッキーさんのスカートとパンプスが紺ではなく藍色ととらえ、川谷さんへのアピールだと考える人も少なくなかったようです。

偶然だとは思いますが、もしベッキーさんが意図的にやっていたことだとしたら、それは相当あざといということになりますね。

やることなすことがすべて裏目に出てしまうベッキーさん。今後はもっと慎重な対応をしていかないと、元のポジションに戻ることは難しいのではないでしょうか。

【画像出典元】
・Becky ベッキー(@becky_dayo)(Instagram)/https://www.instagram.com/p/9TWOcmNem2/?taken-by=becky_dayo&hl=ja

(文/パピマミ編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする