言動がヤバすぎ! 小学校の先生が語る驚愕の“モンペ”エピソード5選

こんにちは。ママライターのamuです。

新学期になって早2か月、遠足や運動会も終わり、学校での様子がよくわかるようになるころかと思います。

小学校教諭をしている友人によると、6月は保護者から相談や連絡を受けることが多い時期だとか。

誰もがわが子を心配し、楽しい生活を望んでいることと思いますが、行き過ぎの言動も見られるそう。

そこで、小学校教諭をしている友人に聞いた、「この人モンペ(モンスターペアレント)?」と思ってしまったというエピソードをまとめてみました。

160617amu

(1)自分の子どもは絶対に悪くないと言い張る

『喧嘩両成敗が通用しない。掃除中に雑巾を投げ合うふざけあいが高じて喧嘩になり、二人とも転んでしまったとき、絶対に子どもに謝らせず、「きちんと見ていてください」と言われた』(30代女性)

相手側の怪我のほうがひどかったので、非難こそしなかったそうですが、もしその子の怪我のほうがひどかったら大騒ぎしたのではないかと言っていました。

また、悪気ないアクシデントで怪我をさせてしまったとき、菓子折を持っていったら受け取りを拒否した人や、小さなトラブルで相手の家に乗り込んだ人もいたそうです。

『一見おとなしそうな人が、目を見開いて感情に任せて大きな声でものを言うから怖くなった』(30代女性)

モンペは夫婦そろって学校に来る。奥さんを止めるだろうところで止めず、旦那さんも抗議の手紙を書いたりする』(30代女性)

ふと思い出したのですが、私が小学生のころにも「モンペ」と言える親御さんがいました。

その人たちは、少しきつい言い方をしただけで「娘がいじめられている!」と多くの家に押しかけて玄関先で怒鳴り散らしたので、みんながその子を敬遠していました。

そういうことになるとわからないところが不思議だし、子どもも嫌がらないのかなと幼心に思ったものでした。

(2)わが子推し

『学芸会のとき、「うちの子は幼少期から劇団に入っているので、劇のクオリティをあげるために主役をさせて」と言われた』(30代男性)

「個別にオーディションをしてほしい」「あの子より上手なのにどうして主役がうちの子じゃないのか」などと言う人もいるそうです。

「昔は一人だった主役が数人体制に変わってつまらない」という声もよく聞きますが、こんなことを言われたら学校側も主役を増やすしかありませんよね……。

子どもには得意不得意があり、その時々で才能がある子がスポットライトを浴びるのは、とても素敵なことだと思うのですが……。

「言えば通る」と思っている、それがモンペの特徴なのかもしれません。

(3)正論風に非常識なことを言う

『「私用で休ませるので、その日の勉強内容を書いたプリントか、誰かお友達のノートをコピーしたものをください。勉強が遅れると皆さんに迷惑がかかりますし」と言われて、目が点になった。ただでさえ忙しいのに、さすがにそこまではできない』(30代女性)

しかも、私用と言いつつ、テーマパークへ遊びに行っていたそうです。

『「日焼けするから窓側の席にするな」「肌がほこりに弱いから掃除はさせるな」と言う親御さんがいて驚いた』(30代女性)

これでは、何が普通で何が正しいか、子どもがわからなくなってしまうのでは? と思います。

(4)無関心・無責任

『行事に一切来ない、提出物を出さない、電話に出ないのも困りもの』(30代男性)

『給食費や教材費を払わない。電話するたび、「明日持っていく」の繰り返し。特に生活に困っている様子はないのに払わない。校長先生から電話してもらったらやっと払ってくれた』(30代女性)

他にも、『「緊急連絡先に書かれているご実家の方に連絡してもよろしいでしょうか」と言ったら、不愉快そうに払ってくれた』という声も。

義務教育で勉強をさせてもらっているという感謝の気持ちで、最低限の費用くらいは気持ちよく期限内に払いたいものですよね。

また、トラブルがあったときに、「子どものしたことですから」と言うだけで、話を聞こうとしない人も多いとのこと。これは確かに困ってしまうのも頷けます。

(5)悪口を子どもに言う

『私のことを家庭で悪く言っていたようで、その子の態度がどんどん悪くなっていった。質問しても、「ワッツ(What)?』と言われて鼻で笑われたり、「もっとベテランの学年主任の先生がよかった」と言われたり』(30代女性)

これは悲しい……。先生は敬うもの、たとえ不満があっても、それは子どもの前では禁句です。せめてママ友達との愚痴り合いで留めるべきところだと思います。


以上、縮み上がるようなエピソードの数々でした。

ママ友達とモンペについて話したとき、あるママがこう言っていたのが印象的でした。

「学校には多くを求めるが、PTA活動には非協力的だよね」……たしかに!

すぐ意見する人に限って、クラスの役員決めのとき、だんまりを決め込む姿を私も何度も目にしてきました。親としてするべきことを間違えないようにしたいと、改めて感じます。

●ライター/amu(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする