ファンキー加藤、新曲の“不倫プロモーション”疑惑!? ネットでは「ゲス川谷と同じ手口」と非難轟々

お笑いコンビ『アンタッチャブル』の柴田英嗣さん(40)の元妻と歌手のファンキー加藤さん(37)の“W不倫”が世間を騒がせていますね。

加藤さんは2016年6月7日に報道陣の前で不倫を認めて謝罪。ファンからは「潔い!」「誠意がある」などと賞賛の声が上がりましたが、一方では「新曲のプロモーションなのでは?」という疑惑も出てきているようです。

2016年6月8日に新曲『ブラザー』を発売した加藤さんですが、その前日に『週刊女性』が不倫をスクープ。

同7日にはオリックス対中日戦で始球式を行い、8日には奈良県で主演映画『サブイボマスク』のPRイベントを行うなど、不倫発覚後の露出が集中していることから、計画的な不倫報道だったのではないかと憶測が飛び交っています。

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳さん(42)もTwitterで『奇跡的にブラザー』と書き込んだり、MBSラジオ『アッパレやってまーす!』内で「不倫プロモーション」を疑う発言をするなど、芸能界でも疑問視する人が少なくないようです。

【画像出典】ファンキー加藤オフィシャルブログ

【画像出典】ファンキー加藤オフィシャルブログ

ファンキー加藤に“不倫プロモ”疑惑! ネットでは「ゲスと同じ手口」「クズすぎる」と非難殺到

『新曲「ブラザー」ってwゲスの両成敗と同じ手口かよw』

『音楽業界はゲスの件で炎上商法に味しめたな』

『良くも悪くも話題になるしなぁ』

『新曲の名前が意味深すぎる件』

『ゲスのときも発売日近かったし、今回も炎上プロモーションでしょ』

『ファンキー加藤と柴田はたしかに“ブラザー”と言えなくもない』

『ブラザーって上手い具合にタイトルつけたな』

『プロモがマジならこいつはクズすぎる』

『こういう綺麗事を歌ってるような奴は絶対なにか裏があると思ってた』

『こいつの新曲は絶対買わないし聞かない』

などなど、ネット上では批判の声が殺到しています。

不倫報道と新曲の発売日が近いこと、曲やアルバムのタイトルが不倫を示唆するものであることなどから、『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音さん(27)のときと類似しているとの声も数多くあります。

川谷さんはアルバム『両成敗』が見事オリコン1位に輝きましたが、『ブラザー』も同様にオリコン1位を飾るのでしょうか。

【画像出典元】
・ファンキー加藤オフィシャルブログPowered by Ameba/http://ameblo.jp/funkykato-blog/entry-12154007292.html

(文/パピマミ編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする