正直やってよかった? 経験者が語る“無痛分娩”のメリット&デメリット

こんにちは。ママライターのamuです。

喉元過ぎればなんとやらで、すっかり痛みを忘れてしまったけれど……。

内臓がひっくり返る・鼻からスイカ・ハンマーで腰を殴られる・骨盤が砕ける・呼吸困難になる・生理痛の1,000倍・生きているのが不思議、そんなふうにたとえられる陣痛!!

痛みをランクで示した“マクギル疼痛質問表”のスコアによると、骨折を20とすると、初産陣痛は40で、指の切断を少し下回るくらいの痛みに位置づけられるとのこと……。

そこで、気になる無痛分娩について、経験者のママ友数名に話を聞いてみることにしました。

160610amu02

無痛分娩のメリット4つ

(1)痛みの軽減

『生理痛くらいの痛みで麻酔を入れてもらえたし、麻酔が効いてからは痛みがゼロだった』(22歳で出産したママ)

『病院では、痛みは普通分娩が10だとしたら、2ぐらいの痛みになると説明された』(25歳で出産したママ)

『朝イチでバルーンを入れ、痛くなったら麻酔を入れる形だった。陣痛が思ったより早くきて1時間くらいは痛い思いをしたけど、麻酔を入れてからは痛くなくなってテレビを見ながら雑談できた。1時間の陣痛もつらかったから、それ以上痛くなると思うと麻酔してよかったと思う』(25歳で出産したママ)

『1人目を出産時、長時間の陣痛で疲労困憊! 2人目は絶対無痛分娩と決めていた。痛みやすいほうなのか、分娩中に徐々に痛みを感じ、最後はそれなりに痛かったのでやってよかった』(31歳で出産したママ)

『硬膜外麻酔をし、陣痛促進剤を入れた。痛くなったらすぐに麻酔を追加してくれたから本当に痛まなかった』(26歳で出産したママ)

『会陰切開は切られたときも産後の傷の痛みもたいしたことなかった』(29歳で出産したママ)

『痛いと言われた麻酔の注射も、丸まって脊髄のすき間を開けて針を刺してもらったのであまり痛まなかった』(28歳で出産したママ)

やっぱり痛みがやわらぐことが大きなメリットですよね!

痛みが出てから麻酔を開始することがほとんどなので、「この痛みが続いたり、さらに痛くなると思うとぞっとする」という声がありました。

(2)産む感覚はある

『いきむときの感覚はあったから産みやすかった』(25歳で出産したママ)

『陣痛の痛みはないけど、赤ちゃんが降りてきてるなとか、いきむときの感覚は残る。モニターで数値を見て陣痛の間隔もわかった」(32歳で出産したママ)

『意識はある状態だから、出産直後の赤ちゃんを抱っこすることもできるのが良いと思った』(28歳で出産したママ)

『足がジンジンして感覚がなくなったと思ったら、軽い生理痛ほどの痛みとお腹の張っている感覚があって陣痛がきているとわかった』(25歳で出産したママ)

普通分娩のように産めるので、感動も味わえますよね。

(3)不安の軽減

『パニック障害があったし、痛みに弱かったから無痛分娩にした。恐怖がなくなったから、気持ちが落ち着いていたのが一番良かったところ。心臓が悪い人、不正脈がある人、精神疾患がある人には本当におすすめ』(28歳で出産したママ)

『日を決めて行う計画分娩だったから心の準備もでき、とってもリラックスした良いお産ができたと思う』(29歳で出産したママ)

「いつ陣痛がくるんだろう」といつくるかわからない陣痛を待ってビクビクしていた私。予定日のころは不安で眠れなかったので、計画出産という点も良いなと思いました。

(4)産後の回復が早い

『産んだあと、スタスタ歩くことができた』(30歳で出産したママ)

出産はフルマラソンと同程度の体力を要すると言いますが、これは本当です。痛みで呼吸は荒くなるし、全身が強ばり、脂汗や涙も止まらず……。

痛みがないとリラックスできるので、無駄な体力を使わずにすみそう。

無痛分娩のデメリット7つ

0610Friamu01

(1)痛かった

『子宮口が開くまでは陣痛を経験するので、なかなか子宮口が開かず1人目ほどではなかったけど痛かった』(29歳で出産したママ)

『陣痛の痛みは取れても、腰からお尻に降りてくる痛みは取れなかった』(26歳で出産したママ)

『縫ったところが出産後痛かった』(29歳で出産したママ)

子宮口がなかなか開かないと、陣痛を経験する時間も長くなり痛みを感じるとのこと。

(2)費用がかかる

『通常の分娩費用に加えて5~10万円程度かかる。大学病院だと20万円くらいかかる場合もあるみたい』(26歳で出産したママ)

保険適用外なので、それなりにかかります! 陣痛中は「お金はいくらでも出す! だから痛みをとめて~」と思いますが、最低料金の5万円でも大金!

5万円あれば、赤ちゃんグッズがいろいろ揃えられるんですよね……。

(3)硬膜外麻酔が痛かった

『チクっとして薬が入り始めると、グーっと重たい感じがして、針が引かれる感覚のあと皮膚の表面に爪の先でつねられるような痛みを感じた』(27歳で出産したママ)

『麻酔カテーテルは退院まで背中に入れたまま。針が神経に触れていたそうで麻酔が切れてから激痛だった』(29歳で出産したママ)

『体がかたいから、お腹が出ている状態で丸まる体勢が痛かった』(32歳で出産したママ)

注射って怖い! それが背中だなんて……。「怖い!」というストレスで余計痛く感じたというママが多かったです。

(4)お産の進みが遅くなる

『フラフラしていきめず、助産師さんに馬乗りになられたけど出てこず、鉗子分娩になった。無痛分娩では吸引、鉗子分娩の確率が高くなるらしい』(29歳で出産したママ)

『陣痛が弱くなり、促進剤を入れた』(31歳で出産したママ)

鉗子で赤ちゃんの頭を傷つけてしまった例もあるそうです。

(5)水分、食事がとれない

『ただでさえ暑い分娩室でつらかった。氷を舐めて頑張った』(26歳で出産したママ)

吐き気が出ることがあるためだそうで、点滴で水分補給するから大丈夫だそうですが、水を飲めないのはつらいですね。

(6)計画分娩になる

『希望者は36週までに申し込みをしなければいけなかった』(31歳で出産したママ)

『バルーンを入れるために、前日入院しなければいけなかった』(29歳で出産したママ)

自然の摂理に反している気がして、気がとがめるママも多かったようです。

(7)麻酔が合わないことも

『歯医者の麻酔があまり効かないほうだったからか、麻酔が効かなかった……』(25歳で出産したママ)

『頭痛と立ちくらみでそのあと寝たきりになってしまった』(25歳で出産したママ)

『分娩直後ぐっと血圧が下がり、気を失いそうになった。寝たらいけないと言われて、しばらく経過観察された』(29歳で出産したママ)

これは、お産が軽い重いもそうですが、そのときになってみないとわからないものですよね。

でも、計画的なぶん、先生がすぐ対応してくれるから安心との声もありました。


以上、経験者の声でした。やっぱり、出産といえば陣痛なので、痛みが軽減されることがどれだけ重大なことかよくわかります。

「無痛分娩も多少痛かった」というママによると、「それでも普通分娩に比べたら全然痛くない」とのこと。

産んでしまえば、嘘のように引いていく痛みですが、陣痛は一瞬ではなく長く続く痛み。出産を考えている人は、無痛分娩貯金をしてみるのも良いかもしれません。

●ライター/amu(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする