ベッキー、番組復帰メド立たず! ネットでは「自業自得」「需要ナシ」と見放す声多数

2016年5月13日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』で復帰を果たし、不倫騒動は収束したかに思えるベッキーさん(32)。

謝罪を済ませたことで、再び番組への出演が増えていくものと思われていました。

しかし、5月30日に行われた日本テレビの定例記者会見では、ベッキーさんがレギュラーを務めていた番組への復帰は未定という見解が示されました。

日本テレビでは『世界の果てまでイッテQ!』をはじめとした3番組でレギュラーを務めていましたが、現場からの復帰に関する提案はないとしています。

また、『スポニチアネックス』によると、ベッキーさんは5月下旬に2本のレギュラー番組に出演し本格的に復帰する予定だったものの、これも立ち消えとなったということです。

今後、取材陣に対し何らかの対応をすることも検討しているということですが、状況は厳しいままのようです。

160531geinoubeki
出典:Becky ベッキー(@becky_dayo)(Instagram)

ベッキーの需要がないことが明るみに?

日本テレビがベッキーさんの復帰が未定であることを示したことで、ネット上では

『頼みの綱だったイッテQからも見放されたのか』

『これほど自業自得という言葉がぴったりな状況もないな』

『復帰を望んでいるのは事務所とベッキー以外に誰もいないってことがわかったじゃん』

『ベッキーが休んでも何事もなくやってる番組ばかり。もう不要だよ』

『以前と同じポジションで戻れるとでも思ってるのか?』

『俺たちはもうベッキーを見たくないだけなんだよ。テレビに出てきて誰が得するんだよ』

『マスコミを楽しませるだけの存在になったな』

『当然、CMなんかはもう無理だろうし、復帰しても収入は激減だろうから、自分から嫌になって引退するんじゃない?』

『24時間テレビで、中継なしで100km走らせれば少しは反省するかも』

『10年後の「あの人は今」に期待しよう』

など、もはやテレビ局にも視聴者にも求められていないとする声が多く見られました。

CM等の降板により、数億円の違約金を支払わなければならないという話もあるベッキーさん。

一刻も早く完全復帰することを望んでいるはずですが、このまま過去の人となってしまう可能性もゼロとは言えません。

【画像出典元リンク】
・Becky ベッキー(@becky_dayo)(Instagram)/https://www.instagram.com/p/w_kiZuNesb/?hl=ja

(文/パピマミ編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする