子育て費用は足りる? 妊娠中から始める「家計の見直し」ポイント4つ

【ママからのご相談】
先日妊娠が分かりました。今の仕事は産休を取る予定なのですが、復帰まで旦那の収入だけで生活できるのか不安です。わたしが仕事に復帰しても、子どもを保育園に入れたり、何かとお金がかかると思います。しかし、実際どれくらいお金がかかるのかも見当がつきません。産後すぐから、うまく節約できるアドバイスがあれば教えてください。

a 1歳までにかかる費用は月平均4万6千円、1年間で約93万円です!

ご相談ありがとうございます。ママライターのなかやまあぽろです。

初めての出産前だと、多くの方が子育てにかかる費用は「おむつ代が毎月いくらくらいかかるのかな」、「ミルクはどれくらい飲むのだろう」などとぼんやりとしか分からないと思います。わたしもその一人でした。

少し古い内閣府の調査ですが、平成21年度の子育て費用の調査結果によると、貯金や保険なども含めて約93万円かかるというから驚きです。

今はベビーグッズなども改良されたり、海外の製品を好むママもたくさんいらっしゃったりするので、実際は100万円近くかかっているのかもしれませんね。

今回は妊娠中から家計を見直せ、計画を立てられるポイントをファイナンシャルプランナーの方のアドバイスをもとにまとめてみました。

160603nakayamaaporo

妊娠中~産後すぐからかかる支出と出費を抑えるポイント4つ

(1)ベビーグッズ代

妊娠中から徐々にそろえていくベビーグッズ。雑誌や口コミで評判の良いベビーカーや抱っこひもなど、パパと一緒に選ぶことが楽しくて、ついつい迷ってしまいますね。

でも、ベビーグッズは「赤ちゃんの成長と共に買い替えていくもの」ということを心得ましょう。

ベビーベッドもベビーカーも、赤ちゃんが大きくなれば必要なくなったり、タイプの違うものに買い替えたりしないといけません。

大型で短期間のみ使用するグッズは、両親などからのお祝いでお願いするか、レンタルやリサイクルショップをうまく利用しましょう。

(2)おむつなど赤ちゃんの生活用品代

おむつやミルク、ガーゼやおしりふきなど、産後は細かい消耗品への出費が重なります。

特におむつはサイズ展開が広く、安いからといってまとめて大量に購入すると、赤ちゃんが成長して余ってしまうことも。面倒かもしれませんが、こまめにお得な情報をキャッチして、赤ちゃんの成長に合わせたお買い物をするのが賢いでしょう。

また、余ったおむつやミルクなど持て余しているママ友が近くにいないか情報を共有し、いただいたり譲ったりするのもポイントです。

(3)健診や予防接種などの医療費

妊娠中のママの健診から、産後の赤ちゃんの健診や予防接種など、医療費はどうしても削ることができませんね。

妊娠中から、お住まいの市区町村で公的サービスとして無料で歯科健診を受けられたり、赤ちゃんの乳歯ケアが一般の歯科より安く受けられたりするので要チェックです。

また、任意の予防接種でも種類によっては市区町村で何割か負担してくれる自治体もあるので、ぜひ確認してみてください。

(4)お祝い事などの関連費

赤ちゃんが産まれてからはお祝い事が続きます。お宮参りや内祝い、お食い初めなど、生後1年間だけでも盛りだくさんです。

特にお宮参りはスタジオなどでの撮影を記念に撮っておきたいもの。

CMでよく聞いたり、有名なフォトスタジオを選んだりしてもいいですが、実はお得なプランを提案しているスタジオもいくつかあります。何社かじっくり比べてみて、納得のいく価格で決定するのがポイントです。

妊娠中から本格的な家計簿をつけてみて!

家庭のお金の管理や支出の程度を把握するには、家計簿をきちんとつけることから始まると言われています。

しかし実際に、わたし自身も周りのママさんたちも、産前までは共働きであったりして生活に余裕があったため、家計簿と言ったらメモ程度という方がほとんどで、産後からきちんとした“家計簿”と言えるようなものになったそう。

妊娠中から本格的な家計簿をつけることに慣れておくことが、産後のお金の出入りも管理しやすくなるポイントです。

また、家計簿と言ったら最初に頭に浮かぶのが、書店などに売っているノート型のものを思い浮かべる方が多いと思いますが、現在はスマートフォンの家計簿アプリが無料でダウンロードできる時代になりました。

種類も豊富なので、いちいちペンで書き込むのは面倒……という方も、ご自分にぴったりの家計簿が見つかると思います。


赤ちゃんのお世話に家計の管理と、産後のママはぐっと忙しくなりますが、妊娠中からあらかじめ見直しておくことで焦らずにすみそうですね。

ぜひ、パパも一緒になって取り組みましょう!

【参考文献】
・『妊娠生活2013-2014:初めての妊娠、出産、産後まで。この1冊があれば安心!』おはよう奥さん編集部・編

【参考リンク】
平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査 全体版(PDF) – 内閣府

●ライター/なかやまあぽろ(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする