赤ちゃんが知的障害に? 妊婦こそ注意すべき「ジカ熱」の予防法6つ

こんにちは。子育て研究所代表の佐藤理香です。

日中の気温が上がり、だいぶ暑くなってきたなと感じます。蚊も飛んでいるようで、すでに6か所も刺されてしまいました。うちの子どもたちも外遊びをするたびに数か所刺されており、虫よけ対策とのいたちごっこになりそうです。

さて、この“蚊”ですが、媒介する感染症で去年はデング熱などが騒がれました。今年は、さらなる脅威と言われている“ジカ熱”がでてきています。

特に妊婦さんには注意していただきたい内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

160602satorika

ジカ熱とは

国立感染症研究所によると、ジカ熱はジカウイルスという“やぶ蚊”などによって介される感染症です。デング熱に似ているもので、それよりも軽いとされています。

中南米ではもともとあった感染症で、感染し発症すると小さな発疹が出ます。感染者の4分の1くらいしか発症しないようで気づきにくいという特徴があります。現時点でワクチンなど特定の予防策はありません

最初は軽い頭痛と発疹に始まり、それほど高くない発熱が出ます。およそ1週間で症状は消えてしまい、後遺症も残りません。このように症状としては風邪レベルなので、これまであまり警戒されてこなかったのです。

ジカ熱の危険性

ジカ熱が警告されたのにはワケがあります。

2015年10月に、ブラジル保健省はブラジル北東部で“小頭症”患者数が異常に増加していることを世界保健機構(WHO)に報告しました。

2001年から2014年の間には、年平均の小頭症患者数は163人と記録されています。ところが、2016年1月30日時点で、死亡者76人を含む小頭症および中枢神経(CNS)奇形4,783人を報告したのです。

これを受けて、WHOでは、ブラジルで報告された小頭症などの集団発生は国際的な懸念に対する公衆衛生上の緊急事態にあると発表しました。

この小頭症を分析したところ、多くの妊婦から“ジカウイルス”が検出されたのです。なんと胎児からも同じウイルスが検出されています。

このことから、WHOでは小頭症とジカ熱には強い関連性が疑われるとさらなる調査が進められています。現在、ジカ熱は44の国と地域に急速に広がっており、ブラジルでは感染者が50万~150万人推定されています。

小頭症は脳の発達不全が原因

小頭症は赤ちゃんに発症する病気です。脳が十分に成長しない病気です。そのため、脳の機能発達が遅れたり、機能停止したりします。

脳が十分に発育しないため、同じ月齢の赤ちゃんと比較して頭の大きさが著しく小さくなります。小頭症の赤ちゃんは知的障害を発症することが多く、慢性的にけいれん発作を起こす場合もあるようです。

赤ちゃんは生まれたときに約33cmの頭囲で生まれてくるのが一般的です。脳の重さは約300gですが、この状態が1歳になっても、2歳になってもさほど変わらない病気です。

ジカ熱から身を守る方法6つ

ジカ熱は、すでに日本でも「重要なお知らせ」として警告されています。厚生労働省では、妊婦および妊娠の可能性がある女性は、可能な限り流行地域への渡航を控えるように注意喚起がされています。

WHOでは、妊婦は流行地域への渡航をすべきでないと勧告しています。今年オリンピックが開催されるブラジルは流行真っ只中の地域。この異常事態を受けて、オリンピック延期の声も出ているほどです。

以下に、ジカ熱から身を守る方法を複数お伝えします。流行地域への渡航を含めて自己責任にはなりますが、さまざまな予防策を講じれば感染を防げる可能性も高まりますので、参考にしてくださいね。

【皮膚を出さない!】
洋服などで皮膚の露出を少なくしましょう。明るい色の服がおススメです。

【自宅への蚊の侵入を妨げる!】
窓を開けっぱなしにしない、網戸やカーテンを取り付けたり、ドアをすぐに閉めたりするなど、自宅の中に蚊が入らないように工夫しましょう

【防虫剤の使用で蚊を寄せ付けない!】
防虫剤は体に安心なものを選ぶのがおススメです。

【蚊が繁殖する環境をつくらない!】
蚊は少しの水で繁殖します。水をためることができるバケツ、植木鉢、植木皿などの貯水物は水をカラにしておきます。見落としがちなのが、庭やベランダにおいた子どものおもちゃや自転車。水がたまっていないかを確認しましょう。

【流行地域へ行かない!】
特に妊娠中、妊娠の可能性のある女性は注意です。自分がジカ熱になるリスク以上に、胎児に大きなリスクが伴います。

【夜の夫婦生活に注意!】
流行地域から帰国した女性の場合、最低4週間は妊娠を控えることが推奨されています。また、男性から女性パートナーへの感染伝播が疑われる事例が報告されています。

流行地域から帰国した男性は、症状の有無にかかわらず最低4週間、パートナーが妊婦の場合は妊娠期間中、夜の夫婦生活を控えることが推奨されています。

●ライター/佐藤理香((株)子育て研究所代表)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする