視線を独り占め! プチプラでできる親子リンクコーデの楽しみ方

親子でおそろいの服装を楽しむ“親子リンクコーデ”が流行しているのをご存知でしょうか。

特に最近では、プチプラでもオシャレなアイテムが増えていることから、手軽に取り入れられるものとして注目を集めています。

親子でおそろいの服装をするだけで、いつもの着こなしがぐっとオシャレに見えること間違いなし! 子どもとコミュニケーションをとるきっかけにもなるはずです。

今回は、そんな親子リンクコーデの楽しみ方について紹介したいと思います。

160530toyoda01

親子リンクコーデの取り入れ方

(1)色や柄をそろえる

『おそろいと言っても、全く同じアイテムを着る必要はないんです。ブルーのシャツ、ホワイトのスニーカーといったワンポイントのリンクコーデでも十分に楽しめますよ』(30代ママ)

新たにアイテムを買い足すことなく、手持ちの洋服で楽しめるのが色や柄のリンクコーデ。

1色テーマを決めて、コーディネートの中に同じ色を取り入れるだけでも楽しむことができます。

また、ボーダーのアイテムをそろえたりチェックシャツをそろえたりと、柄で統一感を持たせるのもおすすめ。

「全く同じアイテムは少し恥ずかしい」と感じる人でも取り入れやすいのではないでしょうか。

(2)小物をそろえる

『最近のマイブームは同じ色のニット帽をかぶったコーデ! 全身そろえようとするとハードルが高いけど、1つのアイテムだけなら簡単に取り入れられます』(20代ママ)

帽子やリュック、マフラーといった小物で楽しむのもアリ!

普段の服装にプラスするだけでリンクコーデになるので、オシャレに自信がないという人でも手軽に挑戦できるはずです。

「家族全員で楽しみたい!」というときでも、小物であれば出費も大きくならずに済みます

(3)季節に合った素材でそろえる

『着ているものはバラバラでも、素材感を合わせるとまとまりが出ます。暑い季節にはリネン素材でリンクコーデを楽しむことが多いですね』(20代ママ)

ザクザクと編まれたニット素材のものや涼しげなリネン素材など、季節を感じさせる素材で統一感を出すのも楽しみ方のひとつ。

親子のコーディネートをそろえすぎてしまうと“こなれ感”が失われてしまうので、パッと見ではどこが同じなのか分からないというコーディネートもおすすめです。


親子リンクコーデが楽しめるのも、子どもが小さい今のうちだけ。

Instagramなど写真を投稿できるSNSが普及してきたことで、親子リンクコーデをさまざまな人に見てもらえる機会も増えてきました。

いつもと同じお出かけも、親子リンクコーデをすることで違った景色に見えてくるのではないでしょうか。

●文章/パピマミ編集部
●モデル/KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする