身体への影響は? 知っておきたい「電子タバコ」の今ドキ事情

こんにちは、フリーライターのyossyです。

大阪府立成人病センターの調査によれば、15〜69歳のうち、6.6%の人が「使用経験がある」と回答しているという“電子タバコ”。「目にしたことがある」「聞いたことがある」という人も増えているでしょう。

電子タバコは、出回ってから10年程度しか経っていませんが、世界で急速に市場を拡大しています。しかし、禁煙目的で使用する人が多いなか、通常のタバコによる健康被害とは異なる悪影響があるのでは、と懸念する声も……。

実際のところはどうなのでしょうか? 今どきの電子タバコ事情についてご紹介します。

160527yossy02

電子タバコには、植物のタバコは入っていない!

そもそも、私たちが見慣れている“紙巻タバコ”と電子タバコは何が違うのでしょうか?

紙巻タバコとは……

植物の「タバコ」の葉が原料となっており、葉タバコを乾燥・処理して刻み、紙で巻いたもの。日本で広く普及している形態のタバコです。「タバコ」と言われると、真っ先に紙巻タバコを思い出す人が多いでしょう。キセルなどの道具を使わずに吸うことができるため、利便性が高いです。

電子タバコとは……

紙巻タバコと形状が似ているものも多いですが、植物のタバコは入っていません(※)。内部にバッテリーとカートリッジ、噴霧器があり、カートリッジ内には液体が入っています。その液体を加熱して霧化し、吸い口に蒸気が出てくる仕組みになっているのです。

※葉タバコが含まれる電気加熱式のタバコが国内で販売されていますが、こちらは狭義の電子タバコとは異なります。

電子タバコのニコチンは規制されている

ご存じの通り、紙巻タバコを長期的に吸うことによって、健康が損なわれることが多くの研究によってわかっています。

タバコには、依存性があるニコチンをはじめとして、タール、一酸化炭素、その他多数の有害物質・発がん物質が含まれます。

吸う本人だけではなく、タバコを吸う人のそばでその煙を吸うこと(受動喫煙)によっても健康が損なわれるのです。

がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病等になるリスクが高まり、長期的に吸うと寿命が縮まると言われています。

一方、電子タバコはどうでしょうか?

電子タバコは薬事法によってカートリッジ内の液体にニコチンを含んではいけないよう規制されていますので、「健康への害が少ない」「禁煙に向いている」という声も多いです。

平成22年の調査では、国内で販売されている電子タバコ(25銘柄中11銘柄)にニコチンが含まれていたことが判明し、問題となりました。現在では規制が強まったため、その点に関しては当時より安全性が高まったといえるでしょう。

しかし、その他の化学物質に関して疑問視する声や議論もいまだ多く、研究も十分とは言えません。“絶対に安心”とは言えないというのが現状です。

実際のところ、まだ電子タバコの元となる製品が中国で登場してから10年程度しか経過していません。長年にわたって使用することで、健康にどのような影響を与えるのかは、未知数の部分があるのです。

海外製の電子タバコは粗悪品に注意

「ニコチン入りの電子タバコが欲しい」という要望を持つ人のなかには、海外の電子タバコを個人輸入する人もいるようです。

海外で販売している電子タバコは、日本国内で販売されているものとは異なり、ニコチンが含まれるものが数多くあります。

現状、少量を個人輸入して本人が楽しむ分には、法律による規制はありません。ただし、他人への譲渡・販売は禁じられています。その点はしっかり認識しておきましょう。

また、なかには粗悪品がある可能性も否定はできず、使用する際は自己責任となります。ニコチンが健康に害を及ぼすことも考慮し、慎重な判断をしてください。


紙巻タバコに比べて健康への害が少ないという声も多い電子タバコ。しかし、登場して間もないため、世界中で議論・調査が進んでいる最中です。銘柄による成分の差も大きいため、購入を検討する際はよくチェックしましょう。

●ライター/yossy(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする