いつもの私服じゃダメ? 休日出勤するときの服装マナー4選

休日出勤では、人であふれかえる普段の仕事場と違い、オフィスにいるのは数人だけということもあるはずです。

周りから見られていないからと、つい気を抜いた服装で出勤してしまいがちですが、休日出勤とはいえそこは仕事場。

就業時間外のためビジネススーツで出勤する必要はありませんが、最低限のマナーを意識した服装が求められます。

ここでは、休日出勤するときの服装マナーについて紹介いたします。

160525toyoda02

休日出勤の服装マナー

(1)基本は襟付きのシャツ

休日出勤でも、ビジネスの場にふさわしくないと思われる服装は控えた方がいいでしょう。

そうなれば、基本となるのはオフィスカジュアル

万が一、社外の人と会うことになっても失礼のないような服装が望ましく、襟付きのシャツを基本に、カジュアルな装いをする場合でもポロシャツ程度にとどめましょう。

(2)過度な露出をしない

Tシャツに短パンという、手足を出したラフな服装は好ましくありません。

女性も、ミニスカートや胸元の大きく開いたトップスなどは控えるようにしてください。

どうしても露出のある服装をする場合には、上からカーディガンをはおるなどの対応が必要です。

(3)足元も手抜き厳禁

暑い季節になってくると、思わずサンダルやスニーカーで出勤したくなる人もいるかもしれませんが、これらはオフィスに適したものとは言えません。

ビジネスシューズに限定する必要はありませんが、派手な色やルーズな印象を与えるものは避けるようにしましょう。

(4)ベルトが付けられるパンツをはく

休日のリラックスウェアとして人気を集めているスウェット。締め付け感がなく楽に過ごせるアイテムですが、休日出勤にはいていくのはやめた方がいいでしょう。

パンツはできるだけベルトループ付きのものにして、いざというときにベルトが付けられるものを選んでください。

ベルトをしない服装は一気にだらしなさが増してしまいます。


普段と違う状況だからといって、あまりにくだけた服装で出勤してしまうと常識のない人だと思われかねません。

もし不安であれば、初めての休日出勤のときだけビジネススーツで出勤し、周りの人がどんな服装をしているか確認してもいいでしょう。

業務時間外で不当な評価を得ることのないよう、マナーを守った服装を心がけてください。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする