急に相手を罵倒する!? 小学生に多く見られる「トゥレット症候群」の知識

電車や町中などで急に奇声を発する大人や子どもをみかけたことがありませんか? 実はあれ、『チック症』という精神神経疾患が原因であることが多いんです。

あまり聞き慣れない人もいるかと思いますが、『チック症』は子どもの10人に1〜2人が経験すると言われるメジャーな症状です。

『チック症』には、咳払いや発声などを繰り返す“音声チック”と、まばたきや首振りなどを繰り返す“運動性チック”の二つに分けられます。

『チック症』には軽度なものから重度なものまでさまざまな症状がありますが、とくに重症の場合は『トゥレット症候群』として分類されることがあります。

『トゥレット症候群』の人は症状が重度であるがゆえに周りに誤解されることが多い病気です。

冒頭で触れたように電車や町中で奇声を発している人を見て「変な人」と決めつける人も多いでしょう。

しかし、そんな周囲の好奇な目にさらされて引きこもりになるほど悩んでいるケースもあるようです。

今回は、そんな『トゥレット症候群』についてお話ししていきたいと思います。

child-children-girl-happy-large

トゥレット症候群は1,000〜2,000人に1人の割合

トゥレット症候群は脳機能の障害が原因であり、発達障害の一つに分類されます。つまり、大きく見れば自閉症やアスペルガー症候群、学習障害などと同じくくりの障害です。

定義としては、多様な運動性チックと1つ以上の音声チックが1年以上にわたって持続するチック障害とされています。

トゥレット症候群は1,000〜2,000人に1人の割合で発症すると言われ、女性よりも男性の方が発症率が高い傾向にあります。

また、『NPO法人日本トゥレット協会』によると、発症年齢は平均4〜11歳が多く、特に7歳前後に最もよく見られるとのことです。

トゥレット症候群になる原因

トゥレット症候群は、脳内神経伝達物質であるドーパミンが過剰に活動することが原因だと言われていますが、具体的な根拠はまだないようです。

また、チック症は以前ストレスや不安などの心理的要因で発症すると思われていたため、「チック症は親の責任」という誤解が蔓延していた時期がありましたが、今では否定されています。

ちなみに、トゥレット症候群は遺伝的要素が強いと言われており、トゥレット症候群の患者の約半数以上には同じ家計内にトゥレット症候群の患者がいるというデータもあるようです。

トゥレット症候群の主な症状

上述している通り、トゥレット症候群には音声チックと運動性チックによる症状が見られます。

音声チック

音声チックには単純な音声(「アッ」「ウッ」など)」、奇声、汚言(「死ね!」「クソ」など)、咳払いなどの症状が見られ、とくに咳払いの症状が出る人が多いと言われています。

音声チックは運動性チックと違ってあまり世間に認識されていないことも多く、とくに汚い言葉を発してしまう『汚言症(コプロラリア)』は誤解されてしまうケースが多いです。

葬式などの社会的に許されない場であっても大声で汚い言葉を発してしまうため、周囲から不快な感情を抱かれることが多いのです。

この『汚言症』はトゥレット症候群と診断された人の3分の1以下の割合で発症するとされています。

運動性チック

運動性チックの特徴としては、

・まばたきを頻繁にする
・顔をしかめる
・肩をすくめる
・頭や手足を小刻みに振る
・口をゆがめる

などがあります。動作の大きいチックを持っている人は他人の目を気にするようになりますが、やめようと思ってもやめられないので悩む人が多いようです。

また、手の筋肉を動くといったチックを持つ人は文字が書けないなど日常生活へ支障をきたす場合もあります

トゥレット症候群の治療法はあるの?

トゥレット症候群の治療には、いくつかのアプローチがとられます。

まずは患者本人や家族、学校側などの周囲の人間にチック症の正しい知識を学んでもらい、チック症を持ちながら社会生活を送れるように環境の調整が行われます。

それでもチック症の問題が解決されないようであれば、抗ドーパミン作用のある薬などを使用しながらチック症状を抑えていきます。

薬による治療で10代後半には改善するケースが多いとされていますが、それでも軽快しないような重度のチック症の場合は外科治療が行われることもあります。

チック症状は多くの場合成人までには改善される傾向にありますが、完全には完治しないことが多いようです。


いかがでしたか?

トゥレット症候群になる原因はまだ完全には解明されていませんが、多くの場合は成人期までには改善するケースが多いようです。

いきなり発症することもある障害なので、気になる症状が子どもに見つかった場合は、専門家へ相談することをオススメします。

また、周囲にチック症状を持つ人がいても、正しい知識を持って、邪険に扱ったり批判したりせずに誠実に向き合うようにしたいですね。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする