乾かすだけじゃダメ!? 寝癖をつきにくくする上手な眠り方3選

出勤前の朝の時間、あわてることなく落ち着いて過ごしたいものですよね。

しかし、朝食の準備をしたりお化粧をしたりと、やらなければならないことも多くなかなかゆっくりすることはできません。

ただでさえやることが多くばたばたしがちな朝の時間帯、寝癖を直すのに時間を取られてしまうという人も多いのではないでしょうか。

寝癖を“直す方法”はいろいろあるかと思いますが、そもそも寝癖がつかないようにすることができれば、髪に時間を取られることもなくなるはず。

ここでは、寝癖がつかないようにする眠り方について紹介したいと思います。

160523toyoda01

寝癖がついてしまう原因

髪の毛は、水分がある状態から乾いていくときに固まって形が決まるという性質を持っています。

お風呂上がりに濡れた髪のまま寝てしまうと、そのあいだに乾いて寝癖になってしまうのです。

また、枕や布団で髪が押しつぶされ、根元の毛の流れが変わってしまうことで寝癖となって現れることもあります。これは髪質が硬くて太い人によく見られます。

寝癖を抑える上手な眠り方3選

(1)髪の毛を完全に乾かす

『お風呂上がりにドライヤーを使って乾かす人は多いと思いますが、根元までしっかりと乾かさないと寝癖はついてしまいます。水分が少しでも残っていると寝癖は避けられません』(20代男性/美容師)

髪は乾いていく過程で形が決まります。つまり、しっかりと乾かして形を整えた状態で寝れば変なクセがつきにくくなるということです。

ただし、ドライヤーをあてすぎると髪が傷んでしまうこともあるため、弱い風量で時間をかけて乾かすようにしましょう。

温風だけだと頭皮に汗をかいてしまうこともあり、この水分も寝癖の原因となるため、乾かしたあとは冷風で冷やすようにすると汗も予防できます。

(2)帽子やニット帽をかぶって寝る

『私はとにかく寝相が悪いので、帽子をかぶって強引に髪の毛を固定しています。柔らかい素材のものを選べばあまり気にならないと思いますよ』(20代女性/大学生)

いくらしっかりと乾かしていても、寝ているあいだに乱れてしまうとどうしても寝癖はついてしまいます。

そこでおすすめなのが、髪をしっかりと固定してしまうこと

帽子やニット帽をかぶったり、フード付きのパーカーを着てフードをかぶって寝たりすることで髪の毛が乱れにくくなります。

寝るとき専用のナイトキャップもあり、これは寝癖防止のほか、髪の毛同士がこすれて傷つくのを防ぐ効果もあります。

(3)低反発枕を使う

『頭にフィットしてくれるのか、低反発の枕を使うようになって寝癖がマシになりました。寝るときの頭の状態をきれいに保ってくれますよ』(30代女性/主婦)

乾かして寝たとしても、寝返りをうつことで髪はぐしゃぐしゃになってしまいます。

低反発枕を使うと、頭の形に枕がぴったりとフィットして髪の毛を包んでくれるため、寝癖がつきにくくなるのです。

寝相が悪いという人やよく寝返りをうつという人は試してみてください。


朝の時間を有効に使うためにも、できるだけ寝癖のつかない眠り方をしたいものですよね。

気にしすぎて眠りの質を下げてしまうような方法は考えものですが、まずはしっかりと乾かして寝ることを基本に、自分に合った方法を探すのが良いのではないでしょうか。

思い通りの髪型を手に入れて、晴れやかな気持ちで一日をスタートさせましょう!

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする