高収入だけじゃない! 仕事選びで“看護師”が人気のワケ3つ

女性の社会進出が進み、共働きの家庭も少なくない現代。

結婚したら家庭に入るのが普通だった昔とは違い、生涯働き続けることのできる職業を希望する女性も増えています。

そんな中、いま人気の職業として注目を集めているのが“看護師”

国家資格として難関試験を突破した人だけが就くことのできる職業で、大きな責任を伴う仕事でもあります。

今回は、看護師の人気の秘密についてスポットを当ててみたいと思います。

160520toyoda02

看護師が人気のワケ

(1)就職に困らない

『何といっても国家資格ですからね。夫の転勤で職場を変わる必要があったときも全く心配することはありませんでした。今後、子どもを産んで産休・育休を取るときも、復職できる安心感はありますよ』(30代女性)

大学を卒業しても就職が難しいという現代、よほど細かく条件にこだわらなければ就職先が見つからないということはないでしょう。

そのため、家族の事情で住む場所を変わるような場合でも、全国どこでも安心して職場を探すことができます

特に復職のしやすさは大きなメリットで、医療の現場で働くということからも産休・育休は取得しやすいと言えます。

(2)高収入

『責任ある仕事だし、夜勤もあって体力的にも大変ですが、その分お給料はしっかりもらえます。普通のサラリーマンをしている同い年の中では一番もらっていると思いますよ』(20代女性)

看護師となるためには国家試験に合格しなければならず、高いハードルを乗り越えなければならないだけあって給与は高い水準にあります。

また夜勤があるため、手当てがもらえることで一層高い給与をもらうことができるようです。

(3)現場に出るのが早い

『医療系の仕事には、医師はもちろん薬剤師なんかもありますよね。ただ、この2つは学校に6年間も通わなければいけないんです。看護師は、大学なら4年、看護学校なら3年で卒業して試験が受けられるんです。この数年の違いは大きいと思います』(30代女性)

看護師と並んで人気の職業である薬剤師。薬剤師は国家試験を受験するために6年間の課程を修了しなければならず、現場に出るまでの時間が長くなります。

また、試験の合格率も看護師の方が高いため、「いち早く現場に出て人の役に立ちたい」と考える人にとっても人気となっているようです。


看護師は魅力的な職業ではありますが、3交代での勤務形態が体力的にきつかったり、女性ばかりの職場で人間関係に悩んだりすることもあるなど、決して楽な仕事ではありません。

しかし、感謝の言葉をかけてくれる患者さんに携わることのできる仕事は、やりがいも大きいもの。

表面的なメリットだけにとらわれず、本当に自分のやりたいことは何なのか考えて、選択してほしいと思います。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする