ナゼ泣き止まないの? 赤ちゃんが夜泣きする原因と効果的な対策

夜中に突然泣き出す赤ちゃん。

抱っこしてあやしても、ミルクをあげても一向に泣き止まないとき、近所迷惑になるんじゃないかという焦りや、赤ちゃんが泣き止まないことへの不安などから、自分も泣きたくなってしまうというパパとママも少なくないでしょう。

また、赤ちゃんの夜泣きが続けばパパやママも寝不足になり、精神的にも肉体的にも疲れがたまってしまいます。

今回は、そんな“赤ちゃんの夜泣き”について、原因や対策をご紹介していきたいと思います。

夜泣きとは?

160517akatyanyonaki

赤ちゃんの“夜泣き”とは、昼間は元気に遊んでいたのに、夜になると理由もなく急に泣き出し、なかなか泣き止まない状態のことを言います。

お世話をしても泣き止まない、病気でもない、それなのになぜ泣くのか、なぜ泣き止まないのかわからない……そんな状況が夜泣きと呼ばれており、多くのパパ・ママが悩まされているようです。

調査によれば、7割のママが赤ちゃんの夜泣きに悩んだ経験があるとのこと。

では、赤ちゃんの夜泣きの原因は一体何なのでしょうか?

赤ちゃんの夜泣きの原因

160517akatyanyonaki1

おしめが汚れている、お腹が空いている、布団の温度が合わない(暑い、寒い)、寂しい、甘えたいなど、赤ちゃんが夜中に泣く理由がハッキリしている場合もありますが、それらに対処しても泣き止まない夜泣きの場合、その原因は何なのでしょうか。

赤ちゃんの夜泣きの原因には諸説ありますが、実はまだはっきりとはわかっていません。

ただ、赤ちゃんの睡眠リズムや発達の過程に原因があるのではないかと考えられているようです。その点をもう少し詳しく見ていきましょう。

睡眠のリズムが発達過程にある

人の体には、朝起きて夜寝るという昼夜を区別する体内時計が備わっていますが、赤ちゃんの体内時計の機能はまだまだ不十分で、昼夜の区別がありません。

寝たり泣いたりするサイクルが短く、睡眠リズムが整っていないため、夜泣きが起こると言われています。

日中に経験した刺激的な出来事が影響している

生後5〜6か月ごろ、赤ちゃんの脳はめまぐるしく発達していく過程にあり、起きているあいだに受けたさまざまな刺激(見たもの、聞いたもの、さわったものなど)を、寝ているあいだに脳内で処理しています。

そのため、日中に強い刺激やストレスを受けると、その情報を脳内で処理するときに夢を見たり、昼間の興奮で眠りが浅くなったりして夜泣きしてしまうということもあるそうです。

さまざまな刺激や情報を処理する能力がまだ落ち着いていないことから、脳や気持ちに戸惑いが生じ、夜泣きをしてしまうというわけですね。

赤ちゃんの夜泣きは何歳から何歳まで?

160517akatyanyonaki2

赤ちゃんの夜泣きがスタートする時期は個人差があるため、一概にはいつからいつまでと断定はできません。

新生児から始まる赤ちゃんや、生後6か月ごろから始まる赤ちゃん、ほとんど夜泣きをしない赤ちゃんもいます。

ただ、一般的には生後6か月ごろ〜1歳半に夜泣きをする赤ちゃんが多いようです。また、夜泣きのピークは9か月頃と言われています。

とはいえ、やはり個人差があるものなので、遅い子であれば2歳から夜泣きが始まる場合もあります。

赤ちゃんの夜泣きに効果的な対策

160517akatyanyonaki3

夜泣きをなおす確実な方法は残念ながらありませんが、必ずいつかはなおるものですし、赤ちゃんが夜泣きをすることは当たり前です。そのため、焦らず対応することが大切になります。

また、パパとママで協力し合うこと、夜泣きが始まったらご近所へ「ご迷惑をおかけしてすみません」と挨拶をしておくことで、気持ちにもゆとりが生まれるでしょう。

その上で、ご紹介する夜泣き対策を試してみましょう。

生活のリズムを整える

赤ちゃんの生活リズム、睡眠リズムを整えるために、毎朝決まった時間に起こすようにしてみましょう。

午前6時〜7時半ごろに起こすのが良いそう。朝起きたら、カーテンを開けて太陽の光を取り入れることも大切です。

昼間はお散歩をさせるなどして光を浴びさせ、赤ちゃんの体に「昼」であることを意識させましょう。

お昼寝は1時間半以内で、午後1時〜3時くらいまでのあいだにさせると良いとのこと。寝かせすぎは禁物です。

また、このときママも一緒にお昼寝をすることで、夜泣きによる睡眠不足やストレスを緩和させることができます。

夜は午後8時〜9時半ごろまでのあいだに寝かせるようにしましょう。

そして、寝る2時間前くらいにはテレビを消すようにし、部屋の電気は寝る30分前には落とすようにしてください。

スキンシップをする

赤ちゃんはお母さんに触れていると安心するもの。添い寝をしたり、自分の体の上に乗せて寝かせてあげたり、母乳を飲ませたりすることで泣き止むこともあります。

赤ちゃんを安心させる音を立てる

赤ちゃんを泣き止ませる音を『ホワイトノイズ』と言います。これは、赤ちゃんがお母さんの胎内にいるときに聞き慣れていた音のことで、この音を聞くと赤ちゃんはリラックスし、泣きやみます。

この音は、ビニール袋を振ったりにぎったりしたときに出るガサガサという音で表現することができます。

ペットボトルの水をズズズッと音を立てて口に含ませるのも、血流音に近いため効果的だそうです。

夜泣きが始まったら、この音を立ててあげると泣き止むことがあります。

子守唄や音楽を聞かせる

毎日同じ子守唄を優しく歌ってあげたり、オルゴールなどの静かな音楽を聞かせてあげたりすると、気持ちが落ち着き、赤ちゃんは眠りにつきやすくなります。

体を温める

体が冷えると夜泣きをしやすくなるため、特に足を冷やさないように長いズボンをはかせたり、足の裏やふくらはぎを手でさすって温めてあげたりしましょう。

ただし、足の裏の体温調節機能が鈍ってしまうため、靴下はなるべく履かせないようにしたほうがいいそうです。

昼間に冷たい水分を摂り過ぎても体を冷やしますので、水分を与える際には常温であげるようにしてください。

環境を変えてみる

ベランダに出る、外へ出て夜風にあたる、違う部屋へ移動するなどして環境を変えてあげることで気分がリセットされ、夜泣きが止まることもあります。

ハーブティー『すやねむカモミール』を与えてみる

海外では、夜泣きする子どもにカモミールを飲ませているそうです。

『すやねむカモミール』は、深い休息へ誘う効果のあるカモミールをはじめ、こだわりのオーガニックハーブ3種類をブレンドした自然派ハーブティー。

カフェインゼロで、子どもも飲みやすいすっきりとした味のため、敏感な味覚をもつ子どもでもゴクゴク飲むことができます。

気持ちを鎮めて安らぎを与えるハーブとして知られる「カモミール」と、休息の質を高めるハーブ「ハニーブッシュ」、イライラを鎮めて気持ちをリラックスさせる万能ハーブ「ルイボス」をブレンドしているため、自然の力で赤ちゃんの心地よい眠りをサポートしてくれます。

合成化合物は一切不使用。厳選したオーガニックハーブのみを使用しており、医薬品レベルの品質・安全管理の元、商品を作っているので、安心して赤ちゃんに飲ませることができますよ。

パパやママも子どもと一緒に飲むことができるので、家族みんなでリラックスして心地よい眠りにつくことが可能。

赤ちゃんの夜泣きが止まらない、夜泣きで毎朝ぐったり、イライラが続く……そんな方はぜひ試してみてくださいね。

¥980(送料・代引手数料無料)
オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー『すやねむカモミール』。ママも子供も安心して飲めるように、オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発したオーガニックハーブティーです。

まとめ

「赤ちゃんの夜泣きの原因」や「赤ちゃんの夜泣きに効果的な対策」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

夜泣きとママの接し方は無関係。夜泣きは赤ちゃんの成長過程で起こる自然なものなので、焦りや不安を感じる必要はありません。

とはいえ、毎晩夜泣きで寝不足が続いたら体も持ちません。結果を急がず、ご紹介した夜泣き対策をコツコツと試してみてくださいね。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする