滝のおトイレって!? 子どもの「勘違い」面白エピソード6選

こんにちは。ママライターのamuです。

娘がクーラーのリモコンや換気扇のボタンの「強・弱」を、「つよ・よわ」というのが気になるこのごろ……。友達を連れてきたときに聞き耳をたてていると、おもしろい会話が聞こえてくることがあります。

ママ友たちに話してみたところ、おもしろい勘違いエピソードがいろいろ聞けたので、合わせて書いてみたいと思います。

160520amu

(1)ももこ→銚子

『桃太郎電鉄』をみんなでしていたときのこと。

駆け引きをしたりお金を稼いだりしながら、指定された駅を目指すテレビゲームですが、駅名が画面に現れたときに、みんなが声をそろえて言いました。

「ももこ!」

思わず画面を見ると「銚子」。たしかにわかる、と爆笑しながら「桃は木へんだよ」と教えました。

きっと、みんな、銚子という駅名は大人になっても忘れないと思います。

(2)まえちゃ→煎茶(せんちゃ)

『歯医者に、梅昆布茶や紅茶などお茶を置いているんだけど、「私、まえちゃがいい」と言う声がして、ん? と思ったら「煎茶(せんちゃ)」だった。かわいい勘違いだと思った』(30代・歯科衛生士)

これも、わかるわかる! な勘違いですね。食前に飲みそう……。

(3)滝のおトイレ→多機能トイレ

『下の子連れで娘と一緒に優先トイレに入ったとき、「どこに滝があるの?」と一言。「こちらは多機能トイレです」というアナウンスがそう聞こえたみたい』(30代ママ)

私は、これを聞いてから、もう「滝のおトイレ」としか聞こえなくなりました。

(4)1時→一時(少しの時間)

『「ママ1時になっちゃう! 帰って洗濯物入れなきゃ」と言われた。「曇り一時雨」を勘違いしたみたい』(30代ママ)

これは、笑いながらも偉いなぁと感心してしまいました。

(5)たすけて→助手

娘のテストを見ていたら、読み取り問題に「たすけて」の文字が……。

「助手」でした。「じょしゅ」と直されつつ、三角がつけられていました。

ママ友達の子は、「根気」を「ねぎ」と解答していたそうです。

(6)ビッグ→エッグ

ファミリーレストランにて。デザートを選んでいるとき、「これ、どれくらい大きいんだろう」と娘。訳がわからずメニューを見ると「エッグタルト」でした。

娘よ……。それは「ビッグ」ではない……。


たまにこんなふうにおもしろい勘違いに出会えるので、日本語はステキだと思います。みなさんのお子さんはいかがでしょうか。

●ライター/amu(ママライター)
●モデル/KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする