季節の変わり目がコワい? 掛け物嫌いの子ども向け「冷え対策」グッズ

【ママからのご相談】
就寝時に布団やタオルケットを掛けられるのをとても嫌がる2歳の息子。深く眠ったと思って掛けてやっても、目覚めて嫌がることがあります。

夜はできるだけ冷やさないように気を使っていますが、ちょくちょく風邪を引かせてしまうので、同じようなお子さんを持つ先輩ママさんのアイデアを知りたいです。

a さまざまな便利アイテムを紹介します。

こんにちは。ライターのNANARUKAです。

わが家にも掛け物嫌いの2歳男児がいますので、お気持ちよく分かります。

性別に根拠があるかどうかは確かではありませんが、男の子ってどうして掛けたがらないんでしょうね。

それどころか、お腹や脚などやたらと肌を露出したがる始末。男児育児の不思議ですね。

さて、そんな掛け物嫌いの子どもは、真冬なら分厚いスリーパーを着込ませていればひとまず安心ですが、暑かったり寒かったりする季節の変わり目にこそ冷えには注意したいものです。

先輩ママさんたちはどんなアイデアで乗り切っているのか、さっそく聞いてみました。

160519nanaruka

(1)着せて安心のスリーパー。素材違いで揃えているママさんも多数

『肩と胸元を温めていれば全体の冷えは防げる気がするので、首元の詰まった半袖スリーパーは1年中活用しています。夏でもエアコンを入れる際はスリーパーは必須。薄手の物を揃えています』(3歳男の子のママ)

『寝ているあいだにズボンからシャツを引き出してお腹を出す息子。気付けばいつもヘソが丸出し状態なので、ロング丈のスリーパーは必需品です』(4歳男の子のママ)

(2)肌の露出に役立つレッグウォーマー&アームウォーマー

『暑がりの息子なので夏は薄着で寝かせますが、掛け物は寝返りすれば必ずはだけてしまうので、年間通してレッグウォーマーを活用します。ちょっと涼しい日、エアコンをつけて寝る日には寝入ったころに肌が出ている部分にかぶせます』(3歳男の子のママ)

『うちの子はきょうだい揃ってとにかく汗っかき。夏場はいつも肌の表面がしっとり冷たくなってしまいます。厚着をさせれば汗だくで目覚めてしまうので、紫外線対策用のアームウォーマーを使うことにしました。薄着でも冷えを防げるし、暑すぎることもなく快適な様子。よく眠ってくれるようになりました』(1歳女の子、5歳男の子のママ)

(3)部分的に覆えるサイズ感がちょうどいいハンドタオル&フェイスタオル

『腕や脚に物が掛かると嫌がる息子には、ハンドタオルがちょうどいいサイズ。1~3歳児くらいなら胸とお腹を覆い隠すのにピッタリの大きさなので、胴体だけにそっと掛ければ子どもにも気付かれませんよ』(2歳男の子のママ)

『大きなタオルケットが体に絡まるのがイヤみたいで、寝返りを打つたびに怒っていたわが子。それならパーツ分けしたらどうだろうと、ハンドタオルやフェイスタオルを数枚用意し、気付いたときに腕や脚に掛けています。体に絡まらないので掛けていることにも気付きません』(3歳女の子のママ)

(4)いろんなシーンで使える薄手のスカーフ

シルクや綿の薄手のスカーフが子どもの掛け物にピッタリ。柔らかくて触り心地はいいし、薄いのにほどよい保温性。重みもないので掛けても気にならないみたい』(2歳男の子、5歳女の子のママ)

『大判の薄手スカーフはお出かけ先の冷房対策、雨天時の雨よけなど、外出時の冷えも防げる便利アイテム。ちょっと寒いときにベビーカーや抱っこ紐にキュッと結べるので、子どもとお出かけするときには小さくたたんで数枚持って出かけています』(1歳女の子のママ)


いかがでしたか? やはり男の子のお子さんを持つママさんが多くのアイデアをお持ちでしたが、女の子も、冷えには小さいうちから気をつけた方がいいようです。

これから夏場にかけてはエアコンでの冷えも気になる時期ですので、冷房対策とともに参考にしてみてくださいね。

●ライター/NANARUKA(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする