幸せなステップファミリーを築く心得3つ

【ママからのご相談】
30代のシングルマザーです。子供が現在小学生。お付き合いしている人と結婚を考えているのですが、お相手にも中学生になるお子様が。お互い子どもたちに無理をさせるようなことなく自分たちの幸せも考えたいのですが、どう進んでいけばいいのか迷っています

a 幸せなステップファミリーになるために。

「結婚作家」の池です。ご質問ありがとうございます。

子どものいる結婚を経ての家族形態を、ステップファミリーと呼びます。この結婚は、しあわせのステージを上げるためのご縁だと想います。

今回は、子どもたち・結婚する男性・女性にとってもしあわせだと想えるヒントをご紹介したいと思います。

131209ike

(1)急いで親になろうとしない

実子と同じように継子を愛したいと想う気持ちこそ、少しずつ二人の関係をギクシャクさせるように思います。継子の親になろうとするほど、自身を受け入れてくれるのだろうか、前妻(前夫)と継子との関係が気になるなどの感情が生れます。完璧な親であるという自信があればいいのですが、なかなか難しいこともあります。

実子と継子への考え方はとても大切です。無理に親になるから苦しくなるのだとすれば、継子は継子としてしっかり愛してあげれば良いのです。急に親にはなれないけれど、姉(兄)となり、友となり継子を精一杯愛していくことができれば、時間はかかるかもしれませんが、ちゃんと気持ちが伝わり、強い絆を作ることもできます。親になろうとするのではなく、まずは一人の人間として関係を築いていくことが大切なのです。

(2)細い階段を上っている

ステップファミリーのステップは、「継関係」のことです。大人、子ども共に、血の繋がりを超えて出来上がる家族の形です。

横幅のある階段であれば、互いに手を繋ぎ一緒に上っていけますが、再婚、養子縁組など様々な事情を抱えながら家族になっていくには、横一列で「よいしょ」というわけにもいきません。細い階段を父が先に行く場合も母が行く場合も、継子や実子が行く場合もあります。両親が後ろで支えるときもあれば、上から手を差し伸べることもあります。自分自身と家族それぞれの心地よさ、速度を大切にして上っていく必要があるのです。

(3)一人で悩みを抱え込まない

一番大切なことは、親としてではなく、夫と妻としての会話です。家族の中心は夫妻です。そこに実子・継子が加わる。親の立場からではなく、妻は夫の子育てを妻として聴き、夫は妻の家事を夫として共に考える。親としての会話ばかりでは、喧嘩が増えてしまうかもしれません。パートナーは子の親ではなく、夫(妻)として迎え入れてください。

私自身もシングルマザーです。親として女性として、少しでもしあわせのお手伝いが出来たら嬉しく思います。ご相談ありがとうございました。

●ライター/池倫子(結婚作家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (12)
  • うーん (5)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする