子供にスマホを持たせる前に親がすべきこと4つ

【ママからのご相談】
受験生の母です。高校に行ったら、スマートフォンを持たせてほしいとせがまれました。

「みんな持っているから」とのこと。実際に持たせるとき、どのようなことに注意したら良いでしょうか


今年の6月から7月にかけて、総務省が全国の高校1年生約3,500人を対象に、インターネット上の危険・脅威へのリスク対応能力のテストと実態調査を行いました。

その結果、「スマートフォンの保有率」(保有するインターネット接続機器)が84%にも及びました。

娘さんが言うように、ほぼすべての子が持っていると言っても過言ではないようです。

また、ジャストシステムの調査によると、10代の男女、20代の女性が、『LINE』『Facebook』『Twitter』といったSNSアプリを使用。

その利用時間は、1日80分間以上という結果に。

中でも10代女性は、利用時間は『LINE(38分)』『Facebook(14分)』『Twitter(37分)』となっています。

SNSの世界ではネット環境を通じて、日本中、世界中の人とも交流できる利点があります。

ただその一方で、悪意を持つ人物が言葉巧みに近寄り、個人情報やID、パスワードなどを聞き出し悪用することも。

最近では、携帯やスマートフォン、PC以外にも、携帯ゲーム機やタブレット、音楽プレーヤー等でも簡単にネット環境につながることができます。

また、上記にあげたSNSサービスにも接続する事が可能です。

お子さんをトラブルにあわせないために、親の方でも出来る限り注意していたいものです。

131209sarasa

ユーザーとなるお子さんに教えたい、ネット・SNSの危険性と発言のルール

(1)SNSを始めネットの情報は、不確かなものが多いということ。情報をそのまま鵜のみにしないことです。

(2)自分や友だち、個人を特定する情報や画像は載せないこと。画像に写った風景からも住所や、個人を特定することができてしまいます。

携帯やスマートフォンのGPS機能がオンになった状態で撮影された画像ファイルには、位置情報が一緒に記録されてしまうのです。

(3)匿名で発言しても、責任はあるということ。他人を誹謗中傷することは、人権侵害。立派な犯罪です。ネット上でも、社会と同じ責任を問われます。

(4)知らない相手のメールや、リクエストは無視すること。

(5)SNSでのやり取りは秘密ではない。たとえグループ内のチャットでも、その画面を第三者に見せることはいくらでもできるのです。見られて困るようなことは、やりとりしないこと。

お子さんに渡す前に、親がしておきたいこと

(1)フィルタリングはダブルでかけよう

各携帯電話会社は、18歳未満の青少年が利用する場合、保護者が不要の申し出をしない限り、フィルタリングの利用が条件になっています(無償)。

ところがこのフィルタリングは、携帯回線のみでの保護機能となっています。

Wi-Fi(無線LAN)を使用するとき、このフィルタリングサービスが有効とならない場合があります。

無線LAN(Wi-Fi)空間でも安全に使わせたいのであれば、新たにそれ専用のフィルタリングソフトを利用する必要があります。

機能としては、子どもの学齢に応じたレベル設定(「小学生以下」「中学生」「高校生」など)、子どもの設定をリモート管理する、利用時間の制限、アクセス履歴の閲覧などの機能があります。

またその際、パスワードは保護者が管理することが好ましいでしょう。

携帯各社でも機能制限アプリを用意しています(一部有料)。スマートフォン購入時に、販売店に相談することをおすすめします。

(2)アプリ(アプリケーション)使用時の注意点

アプリをダウンロードする際、フィルタリングが使えないことがあります。

アップル「iOS」のペアレンタルコントロール機能、グーグル「Google Play」のコンテンツフィルタリング機能などを使用し、不適切なアプリの使用を制限する方法があります。

(3)ウイルス対策

スマートフォン向けのウイルス対策ソフトを使用しましょう。

また、「アプリの安全性」が確認されているアプリケーションマーケットを利用することを徹底させます。

(4)家族のルールを決める

時間制限を設ける、どんなアプリをなにに使うのか、使用料金は誰が払うのかなど、家族の取り決めを作ります。


スマートフォンやネット機器は包丁のようなものです。

包丁は、美味しいお料理で人を幸せにもしますが、一歩間違えれば危険を伴う道具です。

スマートフォンも正しく使えば素敵な可能性を広げ、使い方を間違えれば悲しい出来事を生んでしまいます。

この道具の一番良い使い方は何なのか? お子さんと話し合うことが大切ですね。

●ライター/*SARASA*(ママライター)

編集部追記

今回のコラムでは、子どもにスマホを持たせる際に親が注意すべきことについて、「危険なことから子どもを守るためにも、親子でしっかり話し合いましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「子どものスマホ(スマートフォン)」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

年代別で見るスマホの所有率について

people-hand-iphone-smartphone-large

13歳〜69歳までを対象に男女1500人にアンケート調査を行なった結果、スマートフォンの所有率は全年代合わせて62.3%。年代別でみてみると、

【10代】……68.6%
【20代】……94.1%
【30代】……82.2%
【40代】……72.9%
【50代】……48.6%
【60代】……18.3%

若年層では圧倒的多数を占める結果となりました。なお、50代は半数をやや下回る結果が出ているようです。

子どものスマホ利用目的

子どもの間でもスマホ普及は広がっています。

防犯のためや家族と連絡をとる方法としての携帯電話やスマホ利用であれば便利かもしれません。

しかし、実際のところどうなのでしょうか。

小学校、中学校、高校と年代が上がるにつれて、LINEやTwitterなど連絡ツールの利用が増えるようです。

また、小学生においてはゲーム目的の利用が突出して高いようです。

世代によって利用目的の違いが明らかですね。

海外におけるスマホ利用率

160204

2012年度、日本、インド、インドネシア、エジプト、チリの5カ国において、合計約4,500組の親子を対象に行なわれた調査では以下の結果が出たようです。

【世界の子どもの携帯保有率】
世界の子どもの65%が携帯を保有し、そのうちの約21%がスマートフォンを使用。

また、ほとんどの子どもが12歳で持ち始めているようです。

とくにインド、インドネシアにおける子どものスマートフォン保有率は親の約2倍にもなるとのこと。

【日本の子どもの携帯保有率】
日本でみると、子どもの57%が携帯を保有し、持ち始めるのは15歳がピークのようです。

また、保有する子どもの27%がスマートフォンを使用しているとのこと。

スマホの普及が進につれ、子どもによる携帯からのインターネット利用も年々増加傾向にあるようです。

そんな中、日本においては『出会い系やアダルトサイトなど不適切なサイトの閲覧』を懸念する親が多いからか、他国に比べて比較的低い傾向にあるようです。

子どものスマホ利用のメリット&デメリット

p160205_スマホ

メリット3つ

ー(1)子どもとの連絡手段が確保できる!

子どもにスマホを持たせることで、災害時の安否確認が可能になりました。

2013年の震災時には携帯回線に負荷がかかり、つながらない事態がおきました。

このときの連絡手段として力を発揮したのがTwitterやFacebookなどのSNS

スマホは緊急時の連絡手段としても有効な便利ツールと言えるようです。

ー(2)子どもの居場所が特定できる!

アプリや携帯機能を利用することで位置情報を確認することができます。

そのため、部活や塾で帰りが遅くなりがちな子どもに持たせる親御さんも多いようです。

ー(3)子ども同士の仲が深まる!

「スマホがないから仲間に入れない……」そんな風に言ってくるお子さんも多いのではないでしょうか。

しかし、これは決して大げさな話でもないんです。最近は中学生同士での連絡ツールはLINEなどのチャットアプリがメインと言われています。

グループトークを楽しむティーンにとっては、スマホがなければ一人取り残された孤独感を抱いてしまうのもムリがないかもしれませんね。

今となっては必要不可欠なコミュニケーションツールになっているのです。

デメリット

ー(1)ブルーライトの刺激

ブルーライトは液晶画面から発せられる光のことを言い、暗い場所で見たり、長時間見続けることで視力低下を引き起こすと言われています。

大人になってからのスマホ利用により、著しく視力が低下したという方も少なくないようです。

また、成長期の子どもは視力が落ちやすいので、長時間の使用や部屋の明るさなどには十分な配慮が必要です。

さらに、ブルーライトは脳を興奮させる働きを持っているので、不眠の原因になる可能性もあります。

子どもの成長の妨げになる可能性もあるので親の管理が必要かもしれませんね。

ー(2)スマホ依存性の高さ

いつまででも遊んでいられるのがスマホの特徴。その分依存性も高くなってしまいます。

ちょっと暇な時間ができると、「ママ、スマホ貸して!」となってしまう子どもも多いようです。

その際、貸しっ放しにするのではなく、「○時までね」と約束をしっかり作っておきましょう

ー(3)コミュニケーション力の低下

スマホを与えると大人しくなるからついつい渡して遊ばせているママやパパも多いのではありませんか?

これが習慣化してしまうことで、コミュニケーション能力が欠けてしまう可能性もあるようです。

スマホに熱中している子どもは、注意力が散漫になったり、自閉症の傾向が強くなるといった報告もあるようです。

いずれも、画面との時間ではなく、親子での会話・触れ合いの時間を十分に設けてあることが大切ですね。

乳児のスマホ利用のメリット&デメリット

rewrite45

乳児におけるスマホ利用のメリット&デメリットについても簡単にご紹介していきます。

メリット

・大人しく静かにしてくれる
→電車やバスなどの乗り物に乗っているときや、病院での診察時はアプリでご機嫌になってくれるため、ママを助けてくれるグッズでもあるようです。

・しつけや歯磨きなどのアプリも充実
→スマホの映像や歌、アプリを使うことで今まで言うことを聞いてくれなかった歯磨きもスムーズにいくことが多いようです。

デメリット

・赤ちゃんも中毒になる可能性がある
→少し手先が動かせるようになってきた赤ちゃんであれば、画面操作が可能になります。

スマホの画面が変化することで、赤ちゃんも楽しくてハマってしまうことがあるようです。

そのため、常習癖がついてしまい、スマホがないと駄々をこねたり、泣き止まなかったりすることも。

・電磁波による悪影響
→電磁波が強いと言われるスマホ。大人の脳よりも電磁波の熱を吸収しやすい赤ちゃんの頭蓋骨、皮膚には危険な代物だと言っても過言ではないようです。

子どものスマホ利用による事件

rewrite37

ネットの世界には、あらゆる情報がたくさんあります。

最近では、非常に身近なツールとなったメールやインターネット掲示板、SNSなどのコミュニティサイト。

しかし、利用方法を誤るとさまざまなトラブルに巻き込まれる危険があります。たとえば……

誹謗中傷やいじめによる自殺

SNSなどで人の悪口を書き込むなど、インターネット上での人権侵害やいじめが横行

実際に被害に遭った子どもが自殺するなどの事件も発生しています。

SNSを通じて知り合った人からの誘い出しによる性的被害

出会い系以外の交流サイトを利用し、そこで知り合った人からの誘い出しを受けて、子どもが性的被害を受けるケースが増えているようです。

平成24年度に出会い系サイト利用によって犯罪被害にあった子どもの数は218人。

コミュニティサイトを利用して犯罪被害にあった子どもの数はその約5倍にあたる1,076人という結果もあるようです。

意図しない有料サービスのワナ

『無料』とうたっているオンラインゲームで遊んでいる間に、有料であることに気づかずにアイテムを購入……。

その後高額の料金が請求されてしまうというトラブルが、子どもの間で多く発生しているようです。

児童ポルノ被害多発

2015年、児童ポルノの被害が確認された子どもが過去最多の383人だったことが警察庁より発表がありました。

自らを撮影する『自撮り』の写真を加害者にメールで送り、脅されるなどの被害に遭った子どもが156人で約4割を占めたようです。

自撮りによる被害は中高生がほとんどで、交流サイトを通じて加害者と知り合うケースが多いようです。

子どもの携帯・スマホ使用金額は○円!

pexels-photo-large

小中学生の携帯電話・スマホの平均月額使用料は4,190円

スマートフォン1台あたりの月額使用料(端末+通信費)の全体の平均額は6,785円となり、年代別でみてみると

・20代以下は7,115円
・30代は6,979円
・40代は6,464円
・50代以上は6,389円

年代が上がるにつれて使用量がやや減少して傾向にあるようです。

1万円弱が毎月家族分だけ消えて行く……と考えると、家計へのダメージも大きいですよね。

子供のスマホ料金を安くする!? 格安スマホと格安SIMのポイント3つ

OOK863_kekkonshiki_TP_V1

毎月、毎月携帯電話に高い料金を払うの……もったいないですよね!? そんな方は、ぜひ格安スマホと格安SIMを使ってみてはいかがですか?

・格安スマホとは?
→スペックがやや低いスマホの為、格安で購入が可能。

・格安SIMとは?
→ドコモやauの回線を借りた各事業者がユーザーに格安でサービスを提供。

「いきなり家族全員格安SIM・スマホを使うのはちょっと不安……」という方!

まずは子どもの携帯電話の料金だけでも節約してみるのもいいかもしれません。

そこで『格安スマホ』や『格安SIM』を利用して子どもに安くスマホを持たせる方法をご紹介します!

(1)格安スマホと格安SIMのセット購入

格安スマホは大手キャリアよりはややスペックは落ちますが、それでも特に問題なく使用できます!

スマホのスペックを気にしないのであれば格安SIMとセットで購入するだけなので簡単に携帯料金を節約する事ができます。

(2)中古スマホと格安SIM

格安SIMだけを契約した場合、スマホ端末を持っていればそのスマホにSIMカードを差して使用するだけ

スマホ端末が無い場合は自分でスマホ端末を用意する必要があります。

親や友達が昔使用していた端末をもらったり、買取ったりできればそれを使用することも可能です。

中古で販売しているお店もありますので、探してみても良いかもしれませんね。

(3)機種変更して子どもにあげる

大手キャリアでは、機種変更が激安でできるキャンペーンを実施しています。

もし、親がドコモやauのスマホを使用しているのであればこのキャンペーンを利用してスマホ端末を新品でGET!

この新品のスマホと格安SIMの組み合わせで子どもに持たせることが可能です。

フィルタリングについて

Green27_40420141123162504_TP_V1

フィルタリングとは、インターネットのページを一定の基準により「表示してもいいもの」「表示禁止のもの」に分け、子どもに見せたくないページにはアクセスできないようにすることができる機能のことを言います。

フィルタリングには以下、3つの方式があります。

フィルタリングの方式3つ

ー(1)ホワイトリスト方式

子どもにとって安全と思われるサイトのみアクセス可能とし、他のサイトへのアクセスを制限する方式。

ー(2)ブラックリスト方式

出会い系やアダルト系サイトなど、子どもにとって有害と思われる特定のカテゴリに属するサイトへのアクセスを制限する方式。

ー(3)利用時間制限

子どもが一人で夜中にインターネットにアクセスすることができないようにするため、夜間から早朝までの時間帯すべてのサイトへのアクセスを停止する方式。


コラムでもご紹介の通り、無線LAN(Wi-Fi)接続を利用してインターネットを使ってしまうと、フィルタリングが有効とならないことがあります。

新たにそれ専用のフィルタリングソフトを利用する必要がありますので、予めの注意が必要です。

携帯・スマホでも使えるの?

携帯電話やスマホにおいてもフィルタリングは利用できます。

現在、携帯電話各社は無料でフィルタリングサービス(有害サイトアクセス制限サービス)を提供しています。

フィルタリングサービスの申込みは、各社のショップ店頭のほか、電話やインターネットを通じても申込みが可能なようです。

子どもの安全を守るためにも、一度ショップの店頭にて相談してみるのも良いかもしれません。


「スマホの年代別所有率」や「子どものスマホ事件」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

小学生にまで普及が広がっているスマホ。

確かに親との連絡ツールとしての使い方であれば安心ですが、一歩間違えたら犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

使用時間や使用する範囲などは、しっかりとルールを設ける必要がありそうですね!

(パピマミ編集部/笠原)

【関連コラム】
・(後編)「スマホ18の約束」に学ぶ、子どもにスマホを持たせる親の心得

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (66)
  • うーん (43)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする