ガラケーより成績悪化? ママが知るべき「中高生のスマホ利用」の実態

【ママからのご相談】
中学生の息子が、部活の連絡用にスマホが欲しいと言い出しました。今はフィルタリングを掛けたガラケーを持たせています。

息子は「ガラケーを持たせるならスマホでもいいじゃないか」と言うのですが、ガラケーとスマホでは子どもの生活への影響力が違うと思うのですが、どうでしょうか?

a 中高生のアンケート調査から、ガラケーとスマホの与える影響の違いを確認してみましょう!

ご相談ありがとうございます、ママライターのパピルスです。

お子さんにスマートフォン(以下スマホ)を持たせるかどうかというのは、どの家庭でもいつかは直面する問題です。

今回は“スマホとガラケーが子どもに与える影響の違い”についてのご相談ですね。ガラケーというのは、従来型携帯電話を指します。

調べてみると、さまざまな調査結果がありましたが、今回は中高生自身がアンケート項目を考え、大阪府内の約2万人の小中高校生を対象に行った『スマートフォン利用実態アンケート』を参考に考えてみたいと思います。

160510papirus

中学生の6割超がスマホユーザー

まず小中高生の携帯電話の利用実態を確認してみましょう。

このアンケート調査の結果によると、平成27年7月の調査時点での携帯電話所持率は以下の通りでした。

【携帯電話(ガラケー、スマホ合計)所持率%】
小学校男子(4~6年)48.0%→中学男子70.8%→高校男子97.0%
小学校女子(4~6年)59.9%→中学女子80.8%→高校女子99.1%

【スマホ所持率%】
小学校男子(4~6年)23.9%→中学男子61.2%→高校男子94.7%
小学校女子(4~6年)26.2%→中学女子67.5%→高校女子96.7%

小学生時代は少数派だったスマホユーザーが、中学生では一気に6割超にまで増加していることに驚かされます。

アンケート調査の中で、ガラケーユーザーと比べスマホユーザーで回答内容に大きな差がついた項目が複数ありました。中でも特徴的だった項目を次にまとめてみます。

アンケート調査で見えたガラケーとスマホの影響力の違いとは?

アンケート調査の結果、「あてはまる」と回答した割合がガラケーユーザーとスマホユーザーで2倍程度の差がついた項目は以下の通りです。

【生活面での影響】
・「12時より遅く寝る」
・「勉強に自信がない」
・「1日3時間以上使用」
・「健康異変(視力低下など)」

【インターネットに関する影響】
・「課金したことがある」
・「ネットトラブル(ケンカなど)」
・「面識がない人とLINEやメール」
・「ネットで知り合った人と実際に会ったことがある」
・「有害サイト」
・「ネットで知り合った人と交際したことがある」


例えば「12時より遅く寝る」という項目については、携帯電話をもっていない子16.8%、ガラケーユーザー19.8%に対し、スマホユーザー52.7%が当てはまると回答しています。

スマホを持っているから夜更かしになるのか、もともと夜更かしをする子の多くがスマホを持っているのかははっきりしませんが、気になる結果です。

また、「1日3時間以上使用」という項目に当てはまると回答したガラケーユーザーが10.6%だったのに対し、スマホユーザーは44.8%と約4倍もの差がついています。上記の「12時より遅く寝る」という項目との相関関係がありそうですね。

「ネットトラブル(ケンカなど)」についても、ガラケーユーザーの9.7%に対してスマホユーザーは28.2%と3倍もの差があります。

上記の結果を見ると、同じ“携帯電話”のくくりにあってもガラケーとスマホでは子どもに与える影響力は大きく違うと言わざるを得ないのではないでしょうか。

「勉強に自信がない」という項目がありますが、前年度の同じアンケートで「勉強に自信がある」という調査項目がありましたので、合わせてご紹介します。

【勉強に自信がない(平成27年度調査)】
・携帯電話不所持……12.3%
・ガラケー……11.5%
・スマホ……25.5%

【勉強に自信がある(平成26年度調査)】
・携帯電話不所持・・・45.7%
・ガラケー・・・39.7%
・スマホ・・・19.1%

中高生が保護者にスマホを購入してもらう際の説得話法に、「テスト勉強にスマホが便利だ」ということを言う場合があるそうですが、この結果を見る限り、スマホの所持がテスト勉強に有利に働いているかと言うと疑問です。

スマホは便利ですが、危機管理能力や自己コントロール能力が未熟な中高生が適切に使いこなすには、難しいツールであることも確かなようです。

機能の上では使いこなせていても、自分をコントロールしたり、危険を回避することが難しいのです。

スマホ利用のコントロールがカギ

このアンケート調査は中高生自身でアンケート項目を考えたというところが興味深いですね。自身や友人の様子などから、ガラケーとスマホが与える影響について、身近に感じるところがあるのでしょう。

一概にガラケーに比べてスマホに悪影響がある、とは言い切れませんが、このアンケート調査が示した結果は、中高生の現状を示すものとして、保護者はよく認識しておく必要があると思います。

スマホを避け続けていれば良いというわけではありません。いつかはスマホデビューするのですから、そのときに自分で適切に利用できるような教育をしていく必要があるのです。

今回ご紹介したアンケート調査の結果からは、スマホを持った場合に陥りやすい傾向が見えてきました。

これを回避できるようなルール作りを親子で話し合い、実行していくことが現代の親子には必要なのではないでしょうか。

【参考リンク】
OSAKAスマホサミット2015を開催しました! | 大阪の子どもを守るネット対策事業(文部科学省委託事業)

●ライター/パピルス(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする