男女で意欲の差アリ? 夫婦で一緒に「お風呂」に入るメリットとは

こんにちは。在宅ワーカーの川中利恵です。

最近、さまざまなメーカーや協会がいろいろな記念日を制定していますね。

ほぼ毎日、何らかの記念日になっていて、国内においては『日本記念日協会』という団体で記念日の検索ができるようになっています。

個人的には、日本ふんどし協会が2月14日を“ふんどしの日”と定めたことを知ったときが一番テンションが上がりました。

4月にあった記念日でパパとママに関係がありそうなのは、4月22日の“よい夫婦の日”4月26日の“よい風呂の日”でしょうか。

よい夫婦、憧れますね。私個人は結婚生活がうまくいかなかったクチなので、なおさらなのでしょう。

そこで今回は、ゲンナイ製薬が調査した「夫婦仲と夫婦風呂に関する調査」の結果から、よい夫婦の秘訣について探ってみました。

160505kawanakarie

一緒にお風呂に入っている夫婦はなんと4割!

本調査では、配偶者のいる20歳以上の男女1,000名に対し、どのぐらいの頻度で夫婦一緒に入浴しているかを聞いています。

さほど長くなかった結婚生活を思い返してみても、夫婦一緒にお風呂に入る機会なんてほんとに少なかったなと思いつつ、調査結果を見てみます。

すると、「一緒に入ることはない」と答えた方は58.8%という少し寂しい結果になっていました。

わが家もそうでしたが、小さな子どもがいる場合は一緒に入る機会はかなり減ってしまうのかもしれませんね。

しかし一方で、ほぼ毎日一緒に入る夫婦が6.8%もいて、さらに月に1日以上は一緒に入浴する夫婦まで合計するとおよそ28.3%の夫婦が日常的に一緒にお風呂に入っていることがわかったのです。

円満な夫婦ほど一緒にお風呂に入る?

さらに同調査では、夫婦が一緒にお風呂に入る“夫婦風呂”は夫婦の円満度に影響するのかどうかを調べています。

質問は、「夫婦の円満度に点数をつけるとしたら何点になるか」です。

すると、夫婦風呂アリ層では、100点から70点に回答が集まり、平均点は77.4点という結果となった一方、夫婦風呂ナシ層の平均点は59.2点という結果に……。

一緒にお風呂に入っている夫婦ほど円満だと感じていることがわかりました。

しかし、この結果だけでは、実際のところ「仲がいいから一緒にお風呂に入る」のか、それとも「お風呂に一緒に入っているから仲がいい」のかがちょっとわかりませんよね。

甘いばかりじゃない!? 夫婦風呂のメリットとは

そこで、さらに夫婦風呂をすることがない方を対象にして「夫婦風呂をしたいと思うか」と聞いた結果を見てみましょう。

男女合計では1割強の方が夫婦風呂をしてみたいと思っていることがわかりました。ここまではなんとなく想像できたのではないでしょうか。

次に、同じ質問で男女別に集計した結果を見ると、男性はなんと23.8%と、4人に1人が本当は妻と一緒にお風呂に入りたいと思っていることが判明しています。

一方、女性で「夫婦風呂をしてみたい」と考えている方はなんとたったの5%! 消費税より少ない結果なのです。

一応、妻の立場だった私はなんとなく納得できる結果なのですが、なぜこんなに男女差があるのでしょうか。

同調査では、夫婦風呂をしたいと思わない方を対象にその理由を聞いています。

結果としては、男女ともに「1人でゆっくり入りたいから」がダントツの1位でした。

しかもこの回答をしたのは、男性が57.6%だったのに対して女性は70.6%と、「恥ずかしい」などおそらく男性側が期待して組み込んだであろう選択肢を抑えて圧倒的に多いことが判明しています。

多くの女性は仕事や子育てや近所づきあいなど、自分だけの時間をとることが意外と難しい状況にあります。

そのため、風呂に入るときぐらいは1人になりたいと思う方が多いのだろうなあと想像します。

なお、夫婦で一緒にお風呂に入るメリットとして、夫から見たメリットは「スキンシップ」「会話」がツートップになりますが、妻から見たメリットは「会話」の次に「光熱費の節約」とのこと。

すでに独り身のほうが長い私でさえ、「ですよねー」と思う結果が出ていました。

パパの夢を壊さず、それでいて現実的な路線を維持できるのが、現代の“すてきな奥さん”になるための秘訣なのかもしれませんね。

どうやらかなり男女間にギャップがあり、女性はかなり現実的で男性はまだまだ奥様に夢を持っている様子が伺える結果となりましたが、いかがでしたでしょうか。

理由はどうあれ、たまには夫婦で一緒にお風呂に入るとコミュニケーションもとれますし、新鮮な気持ちになれて意外と楽しいかもしれませんよ。

【参考リンク】
「夫婦仲と夫婦風呂に関する調査」 | ゲンナイ製薬株式会社(PDF)

●ライター/川中利恵(在宅ワーカー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする