えっ……デジカメやゲームも? 小型家電リサイクル法による回収方法の知識

【ママからのご相談】
そろそろ転勤かな~と思っている今日この頃です。年末だし、家に眠っている粗大ゴミを一掃しようと思っているのですが、最近不燃ごみの回収が変わったとか聞きました。家電リサイクルは知っているのですが、カメラやゲームもリサイクルするようになったとか? 詳しく教えてください

a 「小型家電リサイクル法」が制定され、デジタルカメラや、ゲーム機などの回収方法が変わりました!

ご相談ありがとうございます、パピルスです。

転勤の時期が近づいてくると、なんとなくソワソワしてきますよね。

辞令が出ても良いように、家の中の整理を始めたり、ゴミの処分を始めたり。出来るときにやっておくと、後が楽なんですよね。

最近の、「不燃ごみの回収方法」についての動きとしては、平成25年4月1日から、「小型家電リサイクル法」がスタートしたことが該当するのではないかと思います。

131205ehara

「小型家電リサイクル法」とは?

デジタルカメラやビデオカメラ、ゲーム機などの、「小型家電」には鉄や銅または、「レアメタル」と呼ばれる希少な金属などが使われています。

「小型家電リサイクル法」とは、買い替えで不用になったり、壊れた、「小型家電」を今までは不燃ごみとして廃棄していたのですが、これらに使用されている貴重な金属類を回収して、再資源化しようという国の取り組みによって制定されました。

「小型家電リサイクル法」は、「家電リサイクル法」と名前は似ているものの、中身は大きく異なります。

(1)「小型家電リサイクル法」対象品目は、「家電リサイクル法」に該当する4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機)以外の家電で、お住まいの市町村ごとに定められた家電。

(2)回収方法は市町村ごとに決定する。

ちょっとわかりづらいですね。例を挙げてみた方がわかりやすいかもしれません。

例えば練馬区の場合の回収対象品は、「携帯電話、携帯音楽プレーヤー、携帯ゲーム機器、デジタルカメラ、ポータブルビデオカメラ、ポータブルカーナビ、電子辞書、卓上計算機」の9品目が指定されています。

また、横浜市の回収対象品は、「小型家電リサイクル法施行令に規定されている品目のうち、回収ボックスの投入口(30cm×15cm)に入る長さ30cm未満の使用済、小型家電」と規定されていて、一例として「携帯電話、USBメモリー、電話機、電気カミソリ、デジタルカメラ、ゲーム機、他」が挙げられており、練馬区のように「9品目に限る」というわけではありません。

要するに、お住まいの市町村によって、「小型家電リサイクル」に該当する品目は異なるということになるわけです。

回収方法は?

先ほどの練馬区の場合は、区役所や区のリサイクルセンター、図書館や体育館など11か所に回収ボックスが設置されています。

横浜市の方はというと、18の区役所と18の収集事務所に専用の回収ボックスが設置されている他、『区民まつり』や、『つるみ臨海フェスティバル』等のイベント会場でも回収が予定されています。

このように、回収品目や回収場所の指定は、各市町村単位で決定されているのです。


いかがでしょうか? 

ご相談者様のお住まいの市町村によって、定められている対象品目や回収方法が違います。季節的にもこれから大掃除の時期。ぜひこの機会に確認して、適切に処分をしてくださいね。

【参考リンク】
小型家電(携帯電話など回収対象9品目)| 練馬区公式ホームページ
小型家電の回収・リサイクルについて | 横浜市 資源循環局

●ライター/パピルス(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする