赤ちゃんにも安心! 妊娠初期のツラい便秘を解消する方法まとめ

妊娠による体の変化で、つわりなどさまざまな症状が出始める妊娠初期。この時期は便秘にもなりやすいものです。

それまで便秘を経験したことがない方でも、妊娠してから便秘が慢性化してしまった……という妊婦さんも多くいます。

しかし、便秘がつらくても、赤ちゃんへの影響から、下剤を飲んだりマッサージをしたりいきんだりということもできませんよね。

そんなつらい便秘に悩む妊娠初期の妊婦さんのために、妊娠初期の便秘の原因から解消法までを編集部でまとめてみました。

妊娠初期の妊婦が便秘になりやすい原因5つ

160422aco

(1)ホルモンバランスの変化

妊娠によって女性の体内環境は大きく変わります。ホルモンバランスも変化。

妊娠すると、女性ホルモンである『プロゲステロン(黄体ホルモン)』の分泌量が増加します。

このホルモンは妊娠状態を維持する働きをしますが、栄養を蓄えようとして、結果的に体全体の代謝機能を下げてしまうという作用もあるのです。

妊婦さんが摂取した栄養を逃さないよう、黄体ホルモンは胃腸などの筋肉をゆるめ、腸のぜん動運動を抑制します。そうして腸の動きが低下することによって、便秘を招くのです。

また、黄体ホルモンは水分も体内に蓄えようとし、大腸から多くの水分を体内に吸収します。結果、腸内にあった水分が便まで行き渡らず、便が硬くなって便秘を引き起こします。

(2)子宮の変化

外見からは妊娠していることがわからなくても、妊娠すると日を追うごとに子宮が大きくなっていきます。

日に日に大きくなる子宮は、やがて腸を圧迫。便が通る道を狭めてしまうため、腸のぜん動運動が妨げられたり、便が詰まったりして、便秘になるのです。

(3)疲労やストレスによる自律神経の乱れ

体調の変化や生活の変化により、妊娠初期は疲れやすいもの。つわりや眠気などからストレスを感じることも多くなります。

心身ともにストレスが過度にかかると、全身の各器官の働きをコントロールしている『自律神経』が乱れます。

こうして自律神経が乱れることによって腸の働きにも悪影響が出て、便秘を引き起こすのです。

(4)食生活の変化

妊娠初期はつわりの症状が出やすく、つわりによって妊婦さんは食欲がなくなり、食べられるものだけを食べることが多くなります。

また、逆に常に何かを食べていないと気持ち悪いという状態になることもあります。

妊娠前と摂取する食事の内容が変化したり、体調によって食べるタイミングがバラバラになってしまったりした結果、不規則な食生活と栄養の偏りにより、便秘が慢性化してしまうのです。

(5)運動不足

妊婦さんはつわりや眠気、疲れやすさから体を動かすことがだるくなり、どうしても運動量が減ってしまいがちです。

腸のぜん動運動を活発に行うためには、腹筋は必要不可欠。運動量が減り、運動不足になることで腹筋が衰え、便秘になりやすくなってしまいます。

妊娠初期の便秘解消法5つ

160421ninsinsyokinobenpi1

(1)水分補給を積極的に行う

排便をスムーズに行うためには、水分を十分に摂ることが必須です。

朝起きたら、コップ1杯の水を飲みましょう。内蔵を温める効果のある白湯だとなお良いでしょう。

起きてからすぐに水分を摂取することで、胃腸が刺激されて動きが活発になる効果があります。胃腸の働きが活発になることで排便が促され、便秘が解消されます。

お茶やスポーツ飲料でも良いので、喉が渇いていなくても定期的に水分を摂取するようにしましょう。

(2)『食物繊維』を摂取する

排便を促す効果のある食物繊維を積極的に摂ることもおすすめです。

なお、食物繊維には『不溶性食物繊維』『水溶性食物繊維』の2種類があります。

『不溶性食物繊維』は、豆や大麦、とうもろこしなどに多く含まれる“水に溶けない”食物繊維。腸内で水分を取り込んで大きく膨らみ、腸の壁を刺激することによって腸の動きを活発にします。

『水溶性食物繊維』は、ご飯や野菜、果物、海草類などに多く含まれる“水に溶ける”食物繊維。胃や腸で吸収されることなく、便をやわらかくしたり、腸内環境を整えたりする作用があります。

どちらかの食物繊維だけを偏って摂取すると、下痢や腹痛を起こす場合もあるので、バランス良く摂取するようにしましょう。

(3)『オリゴ糖』を摂取する

便秘の解消には、腸内環境を整える作用のある『乳酸菌』や『ビフィズス菌』といった善玉菌を摂ることが有効です。

これらはヨーグルトや納豆などに多く含まれているので、積極的に食べるように心がけましょう。

そして、その善玉菌のエサになるのが『オリゴ糖』。オリゴ糖は体内の善玉菌を強くし、活性化させる作用があります。

ただし、体内に住む善玉菌の種類は300種類以上と言われており、人によって体内に多く存在する善玉菌の種類は異なります。

そして厄介なのが、1種類のオリゴ糖では特定の善玉菌しか活性化できないということ。そのため、1種類のオリゴ糖を摂取してもあまり効果が得られないことも……。

そこでおすすめなのが、『はぐくみオリゴ』です。

160421hagukumiorigo

『はぐくみオリゴ』は、自然由来の高純度で濃密なオリゴ糖を5種類も特殊製法によりブレンド!

多くの善玉菌を強く育てて活性化させるので、便秘をスッキリ解消してくれます。奥まで届くため、効果をしっかり実感できるのが特徴です。

また、無香料・無着色で、自然由来のオリゴ糖を100%使用しているため、妊婦さんはもちろん、赤ちゃんにも安心して飲むことができます。

低カロリーで低甘味のため、健康維持やダイエットのサポートとして愛飲している方も多いんです。

ヨーグルトや納豆、飲み物などに入れて飲めば、翌朝はドッサリ。劇的な“スッキリ”を実感できます

妊娠初期のつらい便秘を解消したい方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

¥1,840
濃密な5種のオリゴ糖を独自ブレンドした自然由来100%のはぐくみオリゴ。口コミで瞬く間に広がった話題の商品です。妊娠中や赤ちゃんのスッキリ出来ない悩みにもおすすめです♪

(4)適度な運動をする

妊娠初期は体調が悪いことも多く、安静にしている必要がありますが、体調の良いときには少しでも体を動かしましょう。

散歩(ウォーキング)は運動不足を解消し、腸の働きを活発にしてくれますし、気分転換にもなります。

外へ出たくない場合は、丁寧に掃除機がけをしたり、洗濯物を干したりといった家事をするだけでも大丈夫です。

散歩をしたり家事を頑張った日の夜は、旦那さんに足を軽くマッサージしてもらうのも効果的。

足の裏を刺激することで、便通が促されますし、足を優しくマッサージしてもらうことで疲れがとれて自律神経の乱れも整います。

スキンシップを取りながら夫婦のコミュニケーションも取れるので、夫婦関係にも良い影響があるでしょう。

(5)生活のリズムを整える

早寝早起きを心がけ、睡眠を十分にとる、栄養バランスの整った食事を規則正しく1日3回食べる、トイレへ行く習慣をつけるなど、生活習慣を見直すことも便秘解消には有効です。

妊娠中に便秘薬を飲んでも大丈夫? 市販薬は危険なの?

160421ninsinsyokinobenpi2

便秘解消法をいろいろ試してみたけど、便秘が改善されない……そんなとき、注意したいのが市販の便秘薬服用。

妊娠中に個人の判断で市販されている下剤などの便秘薬を飲むのは絶対にやめましょう

下剤効果の高い便秘薬の場合、流産を誘発してしまう危険性もあるとのこと。

また、便秘薬に限らず、便秘に効く漢方薬やお茶なども妊娠中は避けた方がよいそうです。

便秘の改善がなかなか見られず苦しい場合は、必ず医師に相談してください。

医師に相談すれば、妊婦さんでも安心して飲める安全な便秘薬を処方してくれます。

まとめ

「妊娠初期の妊婦が便秘になりやすい原因」や「妊娠初期の便秘解消法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

妊娠初期には多くの妊婦さんが便秘で苦しむものなので、不安になる必要はありません。

無理のない範囲でご紹介した便秘解消法を試してみて、それでもダメなら恥ずかしがらず医師に相談してくださいね。

つらい便秘から解放されたい方にオススメ

妊娠初期の便秘をスッキリ解消させたい方は、オリゴ糖をぜひお試しください。

¥1,840
濃密な5種のオリゴ糖を独自ブレンドした自然由来100%のはぐくみオリゴ。口コミで瞬く間に広がった話題の商品です。妊娠中や赤ちゃんのスッキリ出来ない悩みにもおすすめです♪

●文章/パピマミ編集部・渡邉

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする