延命に意味はある? 日本人の「ターミナルケア」観は妥当なのか

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。

今回は、『日本人の国民性と消極的延命の意義について』というテーマでお話しをしたいと思います。

20世紀の最後の時期にあたる1990年代の終わり頃、筆者は北関東にある医療福祉系大学に事務系幹部職員として勤務しておりました。

その当時、仕事で関わった数多くの人たちのうち数人の方から、「日本には寝たきりの老人がたくさんいるのに、欧米にはいないと聞いたけれど、それは本当なのですか?」というような主旨の質問を受けたことがあります。

その当時は、「北欧などでは口から食べられなくなった高齢者を経管栄養で延命させることは少ないようです」と、その分野の権威である医師のお話の受け売りでお答えしていた記憶があります。

しかし、その当時でも90万人いたとされる寝たきり老人の数は、その後2010年には170万人前後に達し、2025年には230万人に達すると予想されています。

そんな現代においても「消極的な延命であれば、それを希望する」という家族が多いわが国においては、その独特な国民性というか、“ターミナルケアに関する感性”という視点を抜きにして、寝たきり老人の問題を語ることはできないのではないかと思います。

160426katsuyoshi

「人工呼吸器=希望しない、経管栄養での延命=○」という私たちの感性

2015年に出版された、内科医の宮本顕二・礼子夫妻が書かれた『欧米に寝たきり老人はいない~自分で決める人生最後の医療』という本があります。

これは、長年にわたって医師として日本のターミナルケアのあり方に疑問を感じてきた著者夫妻が、タブーを破って「点滴で生きていて何の意味があるのか」といった欧米的感性の視点から日本の終末期医療の現実を批判し、話題になりました。

しかしながら、この本が多くの日本人から共感を得たかというと、宮本医師ご夫妻には失礼かもしれませんが、答えは「ノー」だと言えるでしょう。

共著者の一人である宮本礼子さんは、『今や療養病床の半分以上、多分7~8割は、経管栄養や中心静脈栄養で延命されている人たちです。そのため、点滴や経管栄養を行わなかったり中止したりすると患者さんは2週間ほどで亡くなるので、病床が空き、病院経営が苦しくなります』と、医療経営学的な視点から日本の終末期医療の現実を批判しています。

この論点に対しても、「“点滴くらいはやってでも、生きていてほしい”と家族が願うのは当然のことではないか」といった感想が、少なくとも筆者のもとに集まった読後感想としては多勢であったように思います。

一方でわが国の場合は、「人工呼吸器を装着してまでの延命治療は希望しません」という声が家族の中に多くあることもまた事実です。

これは、兵庫県の加古川市で在宅医療に尽力し多くの患者さんを看取ってこられた西村医院の西村正二院長の言葉を借りるなら、現時点で終末期医療を必要とする高齢者の家族による治療法選択においては、『一定のレベルを超えた治療は望まない、ある限られた範囲内の治療で治癒を試みてほしいという“限定医療”を臨む声が一般的であることの表れといえます。

つまり、わが国の高齢者医療の現場では、「1分でも1秒でも長く生かしてほしい」というよりは、「点滴程度の対応で生きていられるのなら、生きていさせてほしい」という“消極的延命”ともいえる行為こそが、私たちの国民性に合っているということを物語っているのかもしれません。

160426katsuyoshi2

高齢者の8割が病院でなくなる日本だが、けっして恥ずべきことではない

前出の西村医師が在宅医療のクリニックを開業している兵庫県の加古川市では、平成21年度の統計で死亡者数は約2,000人。

そのうち在宅看取り率は15.9%で、74.8%の人が病院で死亡しているということです。

この割合は現在の日本の全国的な傾向とほぼ合致していて、「高齢者の約8割が病院で亡くなる国」という表現が当たっていることを表しています。

西村先生はクリニックのホームページの中で、『最近、政府や政治家が盛んに高齢者の医療費抑制を訴えている。高齢者医療には“無駄”や“無意味な延命”があると考える政治家や医療関係者が出てきている』と述べています。

また、そういった考え方は『自ら食べようとしない者に補液などを行うのは非人間的な行為だ、といった欧米社会独特の価値観には近いかもしれないが、現在のわが国の国民感情からは、一般的にはなかなか容認されにくい』と、はっきりとおっしゃっているのです。

つまり、“高齢者の8割が病院でなくなるわが国の特性は、けっして恥ずべきことではない”ということなのです。

おわりに

現代の日本において、日常的に医療・看護が必要な状態となった高齢の家族の介護は、国民的な大問題と言えます。

お金と権力をお持ちの先生方の中には、その力でもって自分自身はあまり大変な思いをせずに、恵まれた施設で家族を過ごさせてあげている方も少なくありません。

そのような方がやたらと“高齢者医療費の抑制”を叫ぶことに違和感を抱いてしまうのは、西村医師や筆者だけなのでしょうか。

西村医師の言葉をまたお借りして表現するなら、『治療しなければ死に至ることも少なくない状態を、みすみす放置することが人間らしい行為だと言えるのか?』ということだと思います。

少なくとも筆者は、消極的延命であればそれを支持する日本人の国民性に、誇りを持っております。

●ライター/鈴木かつよし(エッセイスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする