コスパも効果もバッチリ! 大人ニキビを消す「倹約スキンケア術」6選

【ママからのご相談】
大人ニキビに悩んでいます。小2、年長児を育児中の33歳主婦です。これまでニキビなんて滅多にできないタイプだったのに、主人の転勤で他県へ引っ越して以来、ガラリと肌質が変わってしまい焦っています。

情けないことに金銭的な余裕があるとは言えません。できるだけ低コストに、ニキビをなくす方法はありませんか?

a かなり鋭角なお肌の曲がり角! 大人ニキビと戦った私の軌跡を紹介します。

ご相談ありがとうございます。ママライターの木村華子です。

私が大人になってわかったこと……。その一つに“お肌の曲がり角”はマジで実在する、というものがあります。

相談者さま同様、私も元来ニキビとは無縁な肌質でした。

テカリや毛穴など、ニキビ以外の各種肌トラブルとも縁遠いキャラであった私は、20代後半頃から「最近、小さいシワがある、ような気がする……これが曲がり角かな〜♪」なんてナメたことを感じながら、年齢を重ねてきたのです。

ところが、本物の曲がり角は、「〜な気がする」といった生易しいものではありませんでした。

ある朝のこと。鏡を眺める私は、片頬にできた一つのニキビを見つけます。今思えば、この瞬間が私の曲がり角だったと言えるでしょう。

しかも、それは想像よりも遥かに鋭角な……むしろお肌のヘアピンカーブだったのです。

ニキビに悩んだことがなかった私ですので、そもそもニキビの消し方がわかりません。

しかも、大人ニキビは同じような場所に繰り返しでき続けるという、大変腹立たしい特徴を兼ね備えています。

繰り返しできる大人ニキビスパイラルを食い止めるには、ライフスタイルそのものを振り返り、改善させることが必要です。

でも、そんなことは分かっていても、「今あるニキビをどーにかしたい」という願いは、全人類の総意でしょう。

今回は、30代でニキビデビューを果たした貧乏性の私が渡り歩いた、“ニキビを消すプチプラアイテム”やケア方法についてお話しします。

スクリーンショット 2016-04-14 16.24.24

今あるニキビを、最低限度の出費で消す方法6選

私が「ニキビを治したい……でも、お金はかけたくない……」と感じていたころ。

ちょうどその時期は、低コストでそろうアイテムのスペックが見直された“プチプラブーム”の真っ只中でもありました。

なんて好都合な流行! と、さっそくドラッグストアに走る私。ネットで評判を聞きつけては、とにかくトライし続けて今日に至ります。

それでは、現在私が落ち着いたケアに至るまで、ハマったアイテムや対処法を順を追って紹介します。

(1)ハトムギ化粧水×ニベア青缶

プチプラブームの火付け役ともいえる黄金ペア“ハトムギ化粧水×ニベア青缶”。どちらもコスパは最強と言ってもいいでしょう。

とくにニベア青缶は、一つ数万円もする高級クリーム『ドゥ・ラ・メール(De La Mer)』とほとんど同じ成分であると評判になりました。

ところが……残念なことに合わない人もいる様子です。なにしろ私がそうでした。

使い続けるうちに肌は赤く、かゆみがでてきてしまい、現在は使用を中止しています。

口コミや評判を見る限り、驚くほどうれしい効果を得た方々も少なくはない様子なので、倹約スキンケアのスタートにトライしてみても良いのではないでしょうか。

ハトムギ化粧水に関しては、現在も使い続けています。バッシャバッシャ使用できる安さは貧乏性な私のニーズにジャストフィットしています。

(2)オロナインH軟膏

ニベアがダメなら! と、懲りもせず再びプチプラに手を出した私の、次なるターゲットは『オロナインH軟膏』。

意外にも芸能人の愛用者が多く、見慣れたパッケージに新たな存在価値を感じながら使用をスタートさせました。

その結果……ニキビは小さくなります!

今まで、まじまじと読んだことがありませんでしたが、改めてオロナインのパッケージに記載された効能・効果をみてみると、「にきび・吹き出物」と書いてあるではありませんか。

おうちに眠っているオロナイン、実はニキビに効果大です。

(3)無印良品の化粧水

主人の実家に出かけた際、化粧水を忘れてしまいました……。

そこで急遽購入した、無印の化粧水。「買ったのなら、使い切ろう……」と、いつもの貧乏性で帰宅後も使用を続けていると、お肌のコンディションはかなり改善されました

(4)皮膚科へGO!

ラスボスクラスの大ニキビが登場したとき、私は完全に戦意喪失してしまいました。

「ダメだ、これはプロに任せよう」ということで、次に私がとった行動は「皮膚科へGO!」です。

病院はプチプラではありませんが、さすがお肌の専門家!

処方されたお薬の効果は抜群で、チマチマといろんなプチプラアイテムに手を出す位なら、こっちの方がよっぽど節約できたかもしれません(笑)。

(5)絆創膏

もともとニキビのできにくいタイプだった私は、できてしまったニキビが気になって仕方ありませんでした。

ニキビを触ってはいけないと分かっていても、無意識に手がニキビを触ってしまうこともしばしば……。

それなら! と、家にいる間はニキビに絆創膏を貼って過ごしています。

寝ている間の寝具との擦れや、無意識に触れてしまうこともないため、ニキビの悪化予防になりますし、オロナインを塗ってから絆創膏を貼っておけば、ちょっとした赤ニキビなら1日でなくなります。

(6)寝る!

低コストどころか、タダでできるニキビ対策です。多くの方がご存じの通り、睡眠はお肌の代謝活動であるターンオーバーを促す美容の要(かなめ)。

早くなくなって欲しいニキビができたなら、いつもよりもタップリと睡眠をとってください。


以上のステップを踏んで、私が落ち着いたニキビ対策は「オロナインを塗った上に絆創膏を貼って、いつもより早めに寝る」です。

まだまだある! プチプラニキビケアアイテム

私がトライしたもの以外にも、ニキビケア効果が話題となったプチプラアイテムは多数存在します。

・ちふれの化粧水(しっとりタイプ)
・ザーネクリーム
・ユースキンA

などなど……。

肌質は千差万別ですので、私の方法が相談者さまにマッチする対処法であるとは断言できません。

「合わなかったら、次に行ける!」という、プチプラのお手ごろ価格を活かして、自身の肌にマッチしたケア方法を探してみてはいかがでしょうか?

リアルタイムで大人ニキビに苦しめられている女性は約60%も存在する!

化粧品や健康食品でおなじみのオルビス株式会社は2016年、ユーザー(2,800人以上)に対して行った、大人ニキビの実態調査『ニキビ白書2016』を公開しました。

このアンケートによると、「大人ニキビに悩んでいる」という方が27.7%、「大人ニキビがなんとなく気になっている」という方が31.2%と、リアルタイムで大人ニキビのコンプレックスを抱えている女性が全体の約6割にも上ることがわかりました。

さらに、「過去に大人ニキビに悩んだ経験がある」と答えた方は21.5%も存在しているのだとか。

大人ニキビとは無縁なまま過ごせている女性はかなりの少数派であることが伺えます。

大人ニキビへの対処法と聞いて、他人事に感じられない方も少なくはないはず!

家事に育児にお仕事に……大忙しのママであればなおさら、お金も手間も掛からないケアを見つけ出したいものですね。

●ライター/木村華子(ママライター)

イラストで解説♪

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする