親はイライラ厳禁! 子どもに「算数の基礎」を身につけさせる方法5つ

こんにちは。保育士ライターのyossyです。

小学生以降、場合によっては幼稚園の後半以降になってくると、子どもの勉強に関してヤキモキすることも増えてくるのではないでしょうか。

幼い子どもがいる場合、特に算数に関して、親が教え方に悩んだり、なかなか理解してもらえずイライラしてしまったりするケースは多いように感じます。

「どうしてわからないの!」「何回も言っているでしょ!」なんて言ってしまった経験がある人もいるかもしれませんね。

でも、できることなら楽しく優しく勉強のサポートをしてあげたいものです。

では、幼い子に算数の基礎を身に付けさせるにはどうすればいいのでしょうか。5つ方法をご紹介します。

160415yossy

子どもに「算数の基礎」を身につけさせる方法5つ

(1)言葉だけでなく“モノ”を使って説明する

数字を“足す”“引く”という概念ひとつ取ってみても、幼い子が相手ではなかなか言葉で説明しづらいものです。

そんなときは、身近にある物を使って説明するのがいいでしょう。

たとえば、「10-2=8」という計算であれば、実際におはじき・お菓子・鉛筆など、なんでもいいので10個(本)用意してください。そして、2個よけて数えてみるのです。

数が大きくなって同じものを用意するのが大変になってきたら、そろばんの知育玩具を購入するのもいいですね。実際に、わが家でも大活躍しています。

視覚的に数の概念がわかるツールを使うことで、一気に理解が進むケースも多いですよ。

(2)“毎日の積み重ね”はやっぱり大事!

緑進学院の代表取締役、石田勝紀氏は『東洋経済オンライン(2015年7月16日)』のなかで以下のように述べています。

『小学生の間は、毎日1枚程度の計算プリントを行うことがとても重要です』
『毎日歯を磨くことと同じように、日課にする必要があるでしょう』

子どもが幼いうちに勉強を習慣化するためには、親の声かけも重要です。当然、忍耐力も必要になるでしょう。

でも、毎日少しずつやっていくことで、確実に算数の基礎力が身についていくはずです。市販のドリルでも構いませんので、ぜひやってみてくださいね。

(3)生活のなかで数字を取り入れる

普段の生活のなかで数字や計算を使うことも重要です。

たとえば、

・家族全員分のお皿を並べてもらうときに多めに渡し、何枚余ったか聞く
・小さなお菓子を、家族全員同じ数になるように振り分けてもらう
・少額の買い物をさせてみる(年齢に応じてサポートしながら)

といった具合です。

もし時計がなかなか読めずに苦労しているのであれば、時計盤の表示がわかりやすくなっている子ども向けの時計を用意するのもいいでしょう。

また、幼稚園の早いうちから時計が読める子のママに秘訣を聞いてみたところ、「普段から“60”を意識して数を数えさせている」という答えがかえってきました。

たとえばお風呂で湯船に浸かる際、60数えさせるのです。そうすることで、時計に使われている60進法の基礎が知らず知らずのうちに身に付いているというわけですね。

(4)国語力を鍛える

単純な計算式だけでなく、問題文が出てくるようになると、「問題文そのものが読めていない/わかっていない」というケースも多いものです。

これに関しては、文章読解力を別途身につけなければなりません。やはり、訓練を積み重ねること、日ごろから文章に触れる機会を増やすことが大切でしょう。

特に、読み聞かせや子ども自身による音読などが有効です。

(5)「うちの子はできない」と思い込まない

最後に、パパ・ママが「うちの子は算数ができない……」と思い込んだり、できないからと言って頭ごなしに叱ったりするのはやめたほうがいいでしょう。

子どもが計算ミスをすることや、計算の概念を理解できないのは当たり前と思ってください。

「なぜできないの?」ではなく「どうしたら伝わるだろうか?」というふうに、手段に思考を巡らせたほうがイライラせずに済むはず。

また、仮に親が算数を苦手としていても、子どもには関係ありません。きちんと理解できるように説明すればできるようになります。

「自分が苦手だから、やっぱり子どもも……」なんて諦めると、希望の芽を摘むことになりかねません。

忍耐力も必要なので大変ですが、ぜひできることからはじめてみてくださいね。

●ライター/yossy(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする