子育てママにおすすめ! 挫折知らずの「カンタン節約術」3選

こんにちは、ママライターのみいゆです。

家庭をお持ちの方は一度は節約を考えたことがあるかと思います。なかには節約というと貧乏性っぽい、つらいだけなどのマイナスイメージを持つ方もいらっしゃるでしょう。

しかし、節約は質素だからこそ、子どもが物を大切にする気持ちを養うことができるなど、メリットがたくさんあるのです。

今回は節約初心者の方がなるべく負担にならないような節約の始め方をご紹介します。

160401miiyu

節約はここからはじめてみましょう!

(1)外食するならランチで決定

『うちはとにかく食費が高い。なるべく安い食材を買っているけど、たくさん食べるし、休日はついつい外食に行ってしまう。これではダメだと思って、外食はランチだけにするようにした』(30代専業主婦)

毎日頑張ってご飯作りをしていると、どうしても休日くらいは楽したいですよね。もし外食するのであればランチがオススメです。

ランチタイムだと、普段はなかなか行けないようなちょっと高級なお店でも、内容は豪華なのにお値段はお得な場合が多いです。

どうしてもディナータイムは高くなりがちなので、外食はいつも夜行きますという方はここから始めてみてはいかがでしょうか。

(2)子どもが小さいうちはリサイクルショップやオークションが大活躍

『子どもが小さいときはあっという間にサイズアウトしてしまい、せっかくブランドもののかわいい洋服を買ってもすぐ着られなくなってしまいました。もったいなさ過ぎて、今ではリサイクルショップを利用してます』(20代会社員女性)

子ども服も結構いい値段しますよね。

私も1人目の子は何も分からずにガンガン子ども服を買ってましたが、数か月で入らなくなったため一度しか着られなかったものがいくつもあります。

子どもが小さいうちは、リサイクルショップやオークションを利用することが節約につながります。

意外とかわいい一点ものもありますし、生地がしっかりしたものが安価で売られているので穴場です。

(3)公共料金はクレジットカード払いに変更

『公共料金はそれぞれ口座引き落としにしていましたが、面倒になってカードからまとめて引き落としするように変更しました。結果的にポイントもたまるし一石二鳥です』(30代専業主婦)

こちらもぜひオススメします。ポイント還元率が良いとポイントも貯まりやすいですし、まとめてクレジットカード会社から請求がくるので管理もしやすいでしょう。

公共料金だけではなく、ガソリン代や食費なども上手にカードを使って支払うと、払っているのにお金がたまっていくという好循環が生まれます。


今回は、これだけはやっておきたいという節約法をご紹介しました。いきなり食費を3万円から2万円へ減らそう! と意気込むとゆくゆくは挫折してしまいます。

自分なりに工夫をして、少しずつやっていくことが大切です。節約をして豊かな家計を目指しましょう。

●ライター/みいゆ(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする