脳障害&流産に!? 「サイトメガロウイルス」が胎児に与える影響とは

こんにちは、ママライターのacoです。

近頃、赤ちゃんに小頭症を引き起こすジカ熱の母子感染が問題となっています。ニュースなどで取り上げられる機会も増えたため、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は私たちの身近にも、妊婦さんが感染すると赤ちゃんに脳障害や聴力障害、流産・死産を引き起こすウイルスがあります。

それは『サイトメガロウイルス』と呼ばれるものです。

サイトメガロウイルスはまだ認知度が低いこともあり、知らなかったがために予防できず、結果的に赤ちゃんに症状が出てしまったケースがたくさんあります。

そのため、少しでも多くの方に知っていただきたいという思いから、今回はサイトメガロウイルスの危険性や予防策についてお伝えします。

お腹の赤ちゃんに感染すると、障がいを引き起こすリスクも

サイトメガロウイルスは、唾液や尿、母乳に含まれていることが多く、ほとんどの人が幼少期に親や他の子どもとの接触により自然に感染し、免疫を持っています。

しかし最近では清潔志向の高まりも影響し、免疫のない成人女性が増えています

こういった女性が妊娠して初めてサイトメガロウイルスに感染した場合や、妊娠中に免疫力がひどく低下した場合は、お腹の赤ちゃんに感染するリスクがあります。

赤ちゃんに感染すると脳障害や聴力障害、流産・死産などを引き起こすことがありますが、症状や障がいの程度はさまざまです。

また、症状が見られるのは感染した赤ちゃん全てではなく、約10~30%と言われています。

一般的に2人目のお子さんを妊娠中に、食事やオムツ替えなど上のお子さんのお世話を通して感染するケースが多いようです。

160329aco

自分に免疫があるかどうかは、血液検査でわかります

自分がサイトメガロウイルスに対して免疫を持っているかどうかは、血液検査をして抗体の有無を調べることでわかります。

しかしこの抗体検査は、妊婦健診の中に含まれていません。

日本産科婦人科学会において特に推奨されていないことが理由ですが、これにならって厚生労働省も現段階では「やらなくてもいい検査」と位置づけています。

それゆえに、積極的に検査をすすめている産科施設は全体の1割程度にとどまっています。

そのため、妊娠されている方でもし自分にサイトメガロウイルスの抗体があるかどうかを知りたい場合は、妊婦健診の際、かかりつけの産院に抗体検査を希望する旨を伝えましょう。

またこれから妊娠を考えている方も、事前に抗体検査をして、自分に免疫があるかを調べておくと安心できると思います。

具体的な予防策

血液検査をして、もし抗体がないことがわかった場合は、予防が重要です。

とはいえ、サイトメガロウイルスを予防できるワクチンは現状まだないため、一番の予防策は妊娠中に感染しないよう注意することです。

【具体的な予防策】
(1)おむつ交換や子どもの食事、鼻水やよだれを拭いた後などは、石鹸と流水で20秒間手を洗いましょう。

(2)子どもと食器を共用することは避け、子どもが残した食べ物なども食べないようにしましょう。

(3)子どものよだれやおしっこがついてしまったおもちゃや家具などは、きれいに拭き取りましょう。サイトメガロウイルスは、石鹸やアルコール、次亜塩素酸などに弱いので、単に水拭きではなくこういったものが入った清掃用品を使うといいでしょう。また、乾燥にも弱いので、布団類は天日で十分に乾燥させると安心です。

(4)妊娠中の夫婦生活の際には、必ずコンドームを使用しましょう。パートナーから感染する可能性もあるためです。


いかがでしたか?

サイトメガロウイルスについて、私自身は偶然耳にする機会があったため抗体検査や予防の重要性を知ることができましたが、身近にあるウイルスだからこそ、知らなければ防げないものですよね。

今回お伝えしたことで、少しでも多くの方に知っていただけるきっかけとなれば幸いです。

●ライター/aco(フリーライター)

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする