何を聞いても「別に……」 思春期の娘と仲良くなれるパパテク

【パパからのご相談】
小学4年生の娘がいます。この頃、娘がちょっとずつオトナになっていっているのか、接するのが難しいです。以前は、どんな話をしても素直に受け答えしていましたが、最近は、「べつに……」というかんじで、会話にすらなりません

どうすればいいのでしょうか。

a 奥さんを口説き落としたのと同じように接する。

ある女子校の男の先生によると、男子と女子はまったく別物だから、女子向きの接し方を心がけましょうとのことです。

男子校と、女子校の両方に勤務していると、男女がいかに異質な生き物かについて、愕然とするそうです。

女の子って、頭ごなしに叱ると、「そんなこと、誰もやってないじゃん(私だってやってないし、先生の見間違いじゃないの?)」とか、「みんなやってるじゃん」というふうに、責任をじぶん以外の誰かに転嫁しますよね。

問題はその、「誰か」がある特定の人ではなく、「みんな」とか、「誰かわからない」ことで、女の子は、こういう話のすり替えみたいなことが上手いですよね。

オトナになってもおなじことで、「みんなが○○(ブランド名)のバッグを持っているから、私も買いたい」とか、「ほかの家庭は、毎年海外旅行しているから」というかんじで、男からすればあまり興味のない、「ほかの家庭」のような、「外堀」から攻めてきますよね。

これは男性脳と、女性脳の構造や作用の違いからくることであって、女性がずるいということではないようです。

131129mikuno

物腰をやわらかくしてみる

したがって、女の子が難しくなってきたら、男親としてちょっと物腰をやわらかくしてみることが大事だと、教育学者は言っています。

「それじゃダメだろ!」ではなく、「そのやりかたじゃ、うまくいかないんじゃない?」と言ってみたり。

いわれてみれば、女の子のお父さんで激高型の人って、あまり見ないですよね。女の子のお父さんは、どことなく物腰がやわらかで、「うちは女ばかりの家庭で」と言われたら、「ああ、なるほど。やっぱりな」と思いますよね。


いかがでしたか?

娘さんも奥さんも、男からすれば、「ちょっと難しい生きもの」です。

娘さんの攻略に困ったら、奥さんをいかに攻略して(口説き落として)結婚したかを思い出してみるといいかもしれませんね。

男はたいてい、物腰やわらかそうに接しつつ、女を攻略した(結婚した)のではないでしょうか。

●ライター/ミクノトモ(作家・コラムニスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする