ブルーライトに注意! 「PCレンズ眼鏡」と「コンタクト」は併用可能か

【ママからのご相談】
1歳の子どものママです。最近よくインターネットで気になる育児情報を検索しているのですが、パソコンはブルーライトが出ているから、あまり長時間使わない方が良いと聞きました。

そこで、PCレンズ眼鏡を使ってみようと思っています。でも、私は目が悪いのでコンタクトレンズをしています。コンタクトレンズとPCレンズ眼鏡は併用しても良いのでしょうか。

a コンタクトレンズとPCレンズ眼鏡の併用は可能です。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

数年前からテレビなどで取り上げられるようになった、電磁波の一種であるブルーライト。

ブルーライトはパソコンやスマートフォンなどから発せられるため、これらを使いすぎで目を酷使してしまうと、眼精疲労や頭痛などの体の不調をもたらすことがわかっています。

このブルーライトによる目の負担を軽減させることができると話題になったのが、“PCレンズ眼鏡”です。

ご質問のコンタクトレンズとの併用については、眼科医師によると、PCレンズ眼鏡はコンタクトレンズの上から使用することが可能とされています。

今回は、ブルーライトについてもう少し詳しくご紹介し、コンタクトレンズとPCレンズ眼鏡の併用可能な条件についてまとめてみましたので、参考になさってください。

160315maki

ブルーライトとは?

ブルーライト研究会によると、ブルーライトとは、波長が380〜500nmの青色光のことで、可視光線の中で最も波長が短く強いエネルギーを持っている光なのだそうです。

ブルーライトは、主にLEDを使用した液晶モニタ(パソコンやスマートフォンなど)から多く発せられています。

ブルーライトが昨今注目されている理由は、健康に影響を及ぼすことが明らかとなったためです。

ブルーライトは、

・網膜、角膜への影響
・目の疲れ
・睡眠の質の低下
・肥満
癌の発生

などに影響を及ぼすことがわかっています。そのため、厚生労働省では1時間のデジタルディスプレイ作業を行ったら15分程度の休憩を取ることを推奨しています。

PCレンズ眼鏡はブルーライト対策になる?

厚生労働省のガイドラインでは前述の通り、適度な休憩を推奨されているものの、現代人はパソコンを使った仕事をする人も多いですし、家庭でもインターネットで情報を検索したり、ネットショップでお買い物をしたりという方も多いです。

基本的には目を疲れさせないように休憩を入れるべきですが、それでも長時間ディスプレイを見るという方には、眼科でもレンズ眼鏡を活用することが推奨されています

PCレンズ眼鏡は、メーカーや種類によって多少性能や機能の違いがありますが、ある程度のブルーライトのカットに有用であることがわかっています。

パソコンやスマートフォンなどの使用頻度に応じて、自分にあったPCレンズ眼鏡を選ぶのがおすすめです。

コンタクトレンズとPCレンズ眼鏡の併用の条件3つ

ブルーライト対策にPCレンズ眼鏡を使用する場合、視力の良し悪しで、選び方が変わってきます。

(1)視力が悪く、普段はコンタクトレンズを使っている

度なしのPCレンズ眼鏡をコンタクトレンズと併用して使用しましょう。また、コンタクトレンズの連続装着時間にも注意して、目を酷使しすぎないようにしましょう。

(2)視力が悪く、普段は眼鏡を使っている

度付きのPCレンズ眼鏡にするか、度なしのブルーライトカットレンズをお手持ちの眼鏡にクリップで装着するタイプのものを選びましょう。

(3)視力は悪くないので、コンタクトレンズも眼鏡も使っていない

度なしのPCレンズ眼鏡を選びましょう。


いかがでしたか。今回は数年前からブームのPCレンズ眼鏡とコンタクトレンズの併用についてご紹介しました。

これまでご紹介してきた通り、確かにコンタクトレンズとPCレンズ眼鏡は併用が可能です。

PCレンズ眼鏡を併用することで目の疲れや頭痛などのツラい症状の改善にも期待できます。

しかし、できるだけパソコンやスマートフォンの長時間使用を避け、少しでも目を休める時間を意識して作ることが最も大切です。

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする