そんなにラクじゃない!? 「テレビ・スマホ育児」の正しいスタンスとは

【ママからのご相談】
もうすぐ出産予定のプレママです。よく「スマホ育児はダメ」とか、「子どもにはテレビを見せない方がいい」と聞きますが、本当にそんな風にできるのか不安です。

旦那が、よくスマホもいじるし、テレビも大好きな人なんです……。

a スマホとテレビは“意識的に”使えるようにしましょう。

こんにちは、ライターの佐原チハルです。

テレビを見せることの是非については、昔からよく話題になっていたようです。

この数年はスマホが身近なものになり、最近では“スマホ育児”についての話も聞かれるようになってきましたね。

テレビやスマホとは、どのような距離でいるのがよいのでしょうか。ポイントをまとめてみました。

160304saharachiharu

「“スマホ育児”ができるなら苦労はしない」というたくさんの声

「スマホ育児はよくない」と言われることが多い一方で、「そもそも“スマホ育児”なんて、できるなら苦労しないよ!」という声も多く聞かれます。

『スマホを渡したぐらいで親が楽になるなんて言ってる人、本当に育児したことあるのかな。スマホを触らせたら、気をつけなきゃいけないことも増えるんだよ』(30代・ワーキングマザー)

『気づいたら子どもが何度も職場に電話かけちゃってたことがあった。子どもがスマホ持ってる間は、怖くて目を離すなんて無理』(30代・ワーキングマザー)

『うちの子は、おままごとの電話としてスマホを使うので、相手をしないわけにはいかない』(20代・専業ママ)

スマホ育児で楽をするのは、現実にはなかなか難しいことも多いようです。

テレビは子どもには悪影響なの?

子どもにテレビを見せることについては、日本小児科学会などでも調査が行われ、注意喚起されています。

「特に2歳以下の子どもには、長時間テレビを見せない方がよい」ということをはじめ、どんなとき・どんな風にテレビを見せるのがよくないのか、いくつかポイントがあげられています。

ただし、同じ年、日本小児神経学会から、この喚起に対する緊急声明も出されています。テレビが言語の遅れや発達障害の原因になる、というような“根拠のない不安”が広がることを懸念したためです。

『児童精神科医ママの子どもの心を育てるコツBOOK』によると、テレビの利用で気をつけるべきは「受動的に長時間テレビを見続けてしまう」「テレビを見る以外の経験が阻害されてしまう」というような点だそうです。

スマホもテレビも、“コミュニケーションツール”として使うのが大切

スマホもテレビも、必ずしも育児を楽にしてくれるわけではありません。しかし、一緒に遊ぶツールになったり、コミュニケーションのきっかけになったりするのであれば、育児を助けてくれる強い味方です。

子どもへの教育を目的として作られたテレビ番組の場合、子どもの年齢や発達段階に応じた内容を放送していることもあります。

テレビをきっかけに、さまざまなものへの興味関心や、想像力を高めてくれるようなものもあるでしょう。

スマホで家族と通話したり、録画した子どもの動画を子ども自身が見られたりするのは、家族にとっても子どもにとっても有意義なことも多いです。

「長時間テレビを見せっぱなしにする」のはよくありません。しかし、たとえば夕食の準備中に少し注意を向けていてもらうだけで、随分と楽になることも多いはず。

そんな短時間のものまでは、注意喚起されてもいません。


大切なのは、スマホもテレビも、“ツールとして意識的に使える”ことです。それぞれの使い方について、旦那さんとも一度お話ししておくことができるといいかもしれませんね。

【参考文献】
・『児童精神科医ママの子どもの心を育てるコツBOOK』白尾直子・著

●ライター/佐原チハル(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする